“hope to” と “hope that” の違いを分かりやすく解説【例文付き】

本ページはプロモーションが含まれています。

“hope” は「期待」や「願望」を意味する単語ですね。

この単語自体は中学で学ぶ基本的なものであるため、知っている方が多いでしょう。日常英会話でも頻繁に使う、とても便利な単語です。

でも、実際の英会話の場面で、こんな風に迷ったことはありませんか?

例:友達に電話中。「近いうちに会いたいね」と言いたいんだけど……。

“I hope to see you soon.”

“I hope that we will see you soon.”

どっちが適切な表現なんだっけ……?

このように “hope” の動詞としての用法において “hope to” と “hope that” の使い分けに悩む方は多いのではないでしょうか?

本記事を読めば、2つの違いを明確に理解でき、今後迷うことがなくなります!

(なお “hope” には「望み」「希望」という意味を持つ名詞としての用法もありますが、本記事では動詞としての用法に絞って解説しています。)

◆記事公開後は情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。
目次

“hope to” は後ろに動詞の原形が続き「〜することを望む」と訳される

“hope to” は、後ろに【動詞の原形】が続き、“hope to do”という形になります。
日本語に訳すと「〜することを望む」「〜したいと思う」という意味です。

一方、“hope that” は、後ろに【主語と述語がそろった完全文】が続くのが特徴。
~が~であればいいと思う」「~が~することを願う」と訳されます。

これから解説する内容をスムーズに理解できるよう、以下に違いをまとめたので、参照しながらポイントを確認していきましょう。

hope tohope that
後ろに続くのは動詞の原形
hope to V原形
完全文
hope that SV
日本語訳Vしたいと思う
Vすることを望む
SがVであればいいと思う
SがVすることを願う
例文I hope to see you soon.
(近いうちにお会いしたいです。)
I hope that you have a wonderful birthday.
(あなたが素晴らしい誕生日を迎えることを願っています
ニュアンス・比較的カジュアル
・日常会話でよく使われる。
・比較的フォーマル
・ビジネスシーン・祝辞・文章などで
 よく使われる。
ニュアンスのポイント自分が将来何かをすることを願う。何かが将来実現することを願う。
・thatは省略されることも多い。

まず“hope to”は、「将来のある時点で、自分(主語)が何かをすることを期待している」場合に使われるのが特徴です。

与える印象は比較的カジュアルで、くだけた日常会話・友人とのコミュニケーションなどの場面でよく使われます。

日常生活でよく使う例文で解説しましょう。

▼例文

I hope to see you soon.
(近いうちにお会いできるといいですね。)

ここでは “hope to” の後ろには、動詞の原形 “see” が続いていますね。

ポイントは、to 以下の行動「see you soon:あなたに会うこと」は、主語の「私」が「将来したいと思っている・期待していること」という点です。

他にもいくつか例文を紹介しておきましょう。

▼例文

I hope to learn a new language this year.
(今年、新しい言語を学びたいと思っています。)

She hopes to find a job after graduation.
(彼女は卒業後に仕事を見つけたいと思っています。)

They hope to finish the project by next month.
(彼らは来月までにプロジェクトを終えることを期待しています。)

いずれも “to” の後ろには 動詞の原形(learn / find / finish)が続いています。

また、文章の主語である人物(I / She / They)が、to以下の行動を「将来したいと思っている・期待している」状態を表していることがわかりますね。

このように、主語が将来期待していることや、やりたいと計画していることを表現するなら、“to do”という形式が適しているのです。

“hope that” は後ろに完全文が続き「~が~であればいいと思う」と訳される

“hope that” は、後ろに【完全文(主語・述語動詞がそろった文章)】が続きます。

“that” は、名詞節をつくり “hope” の目的語となっています。

日本語訳としては「~が~であればいいと思う」「~が~することを願う」という意味です。「文章の主語が、that節の内容の実現を願っている」場合に使います。

与える印象としては比較的フォーマルで、ビジネスでのコミュニケーション、お祝いのメッセージ、または公式な手紙などの文章でもよく使われる表現です。

例文で解説しましょう。

▼例文

I hope that you have a wonderful birthday.
あなたが素晴らしい誕生日を迎えることを願っています。)

ここでは “hope that” の後ろに、完全文 “you have a wonderful birthday” が続いていますね。

ポイントは、主語の「私」が、that 以下の状況(=you have a wonderful birthday:あなたが素晴らしい誕生日を迎えること)の実現を期待している、願っているという点です。

なお、この用法の場合の “that” は、実際の英会話では省略されることも多いです。

以下の例文を見てみましょう。

▼例文

I hope you are doing well. (あなたが元気であることを願っています。)

英語の手紙の冒頭でよく使用される定番フレーズです。

“hope” の後には完全文 “you are doing well” が続いており、“that” が省略されています。

これは“hope” に限った話ではありませんが、実際、ネイティブはわざわざ“that” を口にするのが面倒なため、省略表現を多用するんです。

筆者がかつて受けていたオンライン英会話のアメリカ人講師は、テキストに“that” が記載されている例文でも、省略した形で話す訓練をさせてくれました。

リアルな会話で“that” が登場する頻度は少ないため、実践的な表現が学べるよう、わざわざネイティブの省略表現を教えてくれたのだと思います。

ネイティブとの会話に慣れていないと、ちょっと戸惑うかもしれませんが、“that”が聞こえなくても意味は同じなので安心してくださいね。

なお、会話の文脈上、前の内容を受ける場合は、that節は以下のように so / not に置き換えられます。 

▼例文①

A:Is it going to be sunny tomorrow?(明日晴れるかな?)

B:I hope so.そう思うよ。)

▼例文②

A:Is she in a bad mood today?(彼女、今日機嫌悪いかな?)

B:I hope not.そうじゃないといいね。)

ちなみに、口語で未来への希望を表現する場合、“Here’s hoping” という言い方もできます。

▼例文
Here’s hoping it’s sunny. (晴れることを祈っているよ。)

特にネイティブが乾杯をするとき、未来への希望を込めて使うことがあるので、覚えておくと海外での生活でやり取りがスムーズになるかもしれませんよ。

参考:梅咲敦子『Here’s hoping の使用と機能 コーパスに基づく言語の定型性の研究』(商学論究, 2020)

さて、記事の冒頭の例(友達に電話で「近いうちに会いたいね」と言いたい)では、どちらが適切か分かりましたか?

実は、以下のいずれでも意味的には通じます。

“I hope to see you soon.”

“I hope that we will see you soon.”

しかし「友人とのくだけた日常会話」というシチュエーション的には、よりカジュアルで口語的な “I hope to see you soon.” の方が自然に聞こえますよ。

ニュアンスの違いまとめ:“hope to” =「自分がやりたいこと」 “hope that” =「何かの実現」

“hope to” と ”hope that” の違いをまとめると、以下の通りです。

hope tohope that
後ろに続くのは動詞の原形
hope to V原形
完全文
hope that SV
日本語訳Vすることを望む
Vしたいと思う
SがVであればいいと思う
SがVすることを願う
例文I hope to see you soon.
(近いうちにお会いしたいです。)
I hope that you have a wonderful birthday.
(あなたが素晴らしい誕生日を迎えることを願っています。)
ニュアンス・比較的カジュアル
・日常会話でよく使われる。
・比較的フォーマル
・ビジネスシーン・祝辞・文章などで
 よく使われる。
ニュアンスのポイント自分が将来何かをすることを願う。何かが将来実現することを願う。
・thatは省略されることも多い。

“hope to”は、後ろに動詞の原形を従えて「将来、何かをしたい」という意思をアピールします。

“hope that”は、後ろに完全文を従えて「こうなってほしい」という願望を意味するのが特徴です。

いかがでしょうか?
今回登場した例文を音読して感覚的に文法のルールを覚えたり、自分で例文を作って使い分けたりすると、理解が深まるのでおすすめですよ。

まぎらわしい2つの表現ですが、ポイントをおさえてマスターしましょう!

[PR]
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
目次