2020年02月17日 更新

【2020年最新】電子レンジの選び方のポイントを解説。簡単調理アイテムで自炊の第一歩を進めよう

一人暮らしに必要不可欠なアイテム「電子レンジ」。初めての一人暮らしでどんな電子レンジを選んだらよいか迷ってしまいますね。今回は、単機能レンジやオーブンレンジ、スチームオーブンレンジなど、電子レンジの種類から特徴、選び方までご紹介します。また、電子レンジを使った火を使わない簡単調理法も必見です。

gettyimages (8822)

ちょっとした料理の温めから本格的な調理までできる電子レンジは、一人暮らしの人にとって持っておきたいの家電。電子レンジは「時短で楽に食事を作りたい!」というときの調理も助けてくれる、頼もしい存在です。しかし、初めての一人暮らしでどんな電子レンジを選べばよいかわからないという人も多いかもしれません。
そこで今回は、一人暮らしの人におすすめの電子レンジの選び方や便利な使い方、簡単に野菜が摂取できるレシピをご紹介します。自分に合った電子レンジを使いこなして、健康的な食生活を送りましょう!

電子レンジの基本の種類、メリットとデメリット

gettyimages (35127)

電子レンジは、大きく分けて3種類あります。温めるだけの単機能レンジ、オーブン・グリル機能のついたオーブンレンジ、水蒸気を使って蒸す機能のついたスチームオーブンレンジの3つです。まずはそれぞれの特徴についてご紹介します。
メリット デメリット
単機能レンジ ・安価で5000円以内で購入できることも ・水分を含まないものだと温まりが悪い
・卵や金属の温めには注意が必要
オーブンレンジ ・料理の幅が広がりやすい ・単機能レンジに比べると少し高価
・大きなものも均一に温められる
スチームオーブンレンジ ・油を使わないヘルシーな料理まで作れる ・価格帯がかなり高くなる
・お手入れが楽

単機能レンジ

電子レンジ機能のみの単機能レンジ。その名の通り、食材を温めたり解凍したりと、基本的に食品を温める機能のみ。
格段にお求めやすい価格で、安いものだと5,000円でお釣りが来るものもあります。
オーブンとは違い水分子が動く際に発生する熱を利用して温めるため、水分を含んだものでなければ温まりが悪くなります。ほかにも卵や金属を温めようとすると爆発する危険性もあるので、取り扱いには十分に注意しましょう。

オーブンレンジ

オーブンレンジは、食品を温めるレンジ機能のほかに、オーブンやグリルの機能が付いた電子レンジです。簡単に言えば、オーブンは空気の温度で焼き、グリルはヒーターの熱で焼く機能となっています。
トーストや焼き菓子はもちろん、グラタンなどの焦げ目がほしい料理を作る際にもおすすめで、料理の幅がぐっと広がります。特定の料理に特化したコースメニューも多く搭載されていることもあり、料理初心者の人にもおすすめできます。
また、庫内の方式が、単機能レンジはターンテーブル式のものが多いのに対して、オーブンレンジはほとんどのものが庫内フラットになっています。大きいサイズのものを温めている最中に、角が引っかかって回らなくなるといった心配が無いため、均一に温めをおこなうことが可能なのも大きなメリットです。

スチームオーブンレンジ

現在主流になっているスチームオーブンレンジ。スチームとは蒸気で食材を「蒸す」機能です。油を使わないヘルシーな料理が作れると話題になっており、健康志向の人におすすめです。
水蒸気を使用してお手入れおこなえるので、スチーム用の水をセットするだけで楽にできるのも大きなメリットです。その代わり、値段もぐっと上がり、サイズも大型のものばかりなので、初めての一人暮らしには少しハードルが高いかもしれません。
しかしながら自炊をメインに考えている人やお菓子作りもしたいと考えている人には、料理の幅が広がるためおすすめです。

選び方の注意点! 電子レンジの種類はどれがいい?

  • トーストを焼きたい程度の使用であれば、トースターを購入するのも手

    電子レンジ1台で済ませたいなら、機能性に優れたオーブンレンジを

一人暮らしにおいて気になるのは、単機能レンジでいいのか、オーブンレンジにするべきなのかということでしょう。
ほとんど自炊をしない人なら、価格もお手頃で、設置スペースもコンパクトな電子レンジ機能のみのタイプで充分です。あとで自炊をするようになって必要だと思ったら買い替えるくらいの気持ちでいて問題ないでしょう。

朝食にトーストなどオーブン機能を使いたいという人は、トースター機能も付いたオーブンレンジに惹かれるかもしれません。しかしその場合は、トースト機能にちゃんとこだわって買わないと、焼くのに長い時間がかかって不便なことが多いです。トーストやお餅を焼きたいだけなら、トースターを別に買ったほうが便利です。トースターを置く場所も削減したい、電子レンジ一台であれもこれもこなしたいという人は、少々値が張ることになりますが、機能性に優れたオーブンレンジを購入するとよいでしょう。
もちろん、パン作りやお菓子作り、そのほかオーブン機能やグリル機能を使っていろいろな料理が作りたいという人には、オーブンレンジがおすすめです。

電子レンジの選び方と注意ポイント!

gettyimages (8823)

  • 扉の開き方・・・キッチンのレイアウトに合わせる

  • ターンテーブル式orフラットテーブル式・・・なにを温めるかで決めよう

  • センサーの種類・・・温める頻度や手間との相談

  • 対応周波数・・・住む地域で使えるか要チェック

扉の開き方を確認しよう

電子レンジには、扉が縦開きのものと横開きのものがあります。一人暮らしの部屋は手狭なことが多いので、キッチンまわりの広さをまずはチェックし、どこに置く予定かを考えておきましょう。
メリット デメリット
横開き ・安価なものが多い ・狭いところに置くと開閉が難しいことも
・高いところに置いても使いやすい
・背が低い人も安心
縦開き ・幅が狭いところに置くときにおすすめ ・価格帯が高いものが多い
・高いところに置くと使いにくい
基本的に価格の安いものは横開きが多く、価格が上がるほど縦開きのものが多くなります。
レンジを高いところに置く場合には、縦開きだとドアが邪魔をして食品の出し入れが難しくなります。そのほか、背が低い人にとっても高いところに置く縦開きレンジは非常に使い勝手が悪くなりますので横開きが望ましいです。ただ、幅が狭いところに置く場合には、横開きだとドアの開閉が難しくなるかもしれません。

このようにどこに置くかでレンジの使いやすさが変わるので、買ってから考えようと思わず、キッチンまわりの家電の配置はあらかじめイメージしておくのが望ましいですね。

ターンテーブル式かフラットテーブル式か

扉をチェックしたら、内部を見てみましょう。電子レンジにはターンテーブル式とフラットテーブル式があります。
メリット デメリット
ターンテーブル式 ・安価なものが多い ・大きなものは加熱にムラが出ることも
・お手入れがめんどう
フラットテーブル式 ・むらなく温められる ・価格帯が高いものが多い
・お手入れが楽
  • ターンテーブル式

ターンテーブル式は、電子レンジ内部の皿が回転することにより、電磁波が食材に均一に当たるようにしています。比較的安価なものに搭載されていることが多く、数千円から買えるものがあります。しかし、コンビニ弁当のように大き目な四角形のものを入れる際、うまく回らないと加熱にムラがでることも。庫内のお手入れをする際もターンテーブルを外して洗う必要があり、少々めんどうな点を持ち合わせています。
  • フラットテーブル式

フラットテーブル式は、回転皿がないので庫内がすっきりとしていて、手入れは拭くだけなので簡単です。また、食材を回転させずに済むので、容器の形にかかわらず庫内に入ればムラなく温められます。ターンテーブル式よりは価格の高いものが多いです。

コンビニ弁当などの大きめのものを温めることが多い人は、ターンテーブル式だとひっかかって回転しづらいので、フラットテーブル式の電子レンジがおすすめです。

センサーの種類

最近の電子レンジは、入れたものの重量や温度をセンサーで判断して、自動的に温め時間を調節してくれるものが増えています。主なセンサーは4種類あり、それぞれ利点が違うので、購入時の参考に覚えておきましょう。
ただ、安価なものではセンサーがなく、すべて自分で時間を調整するものもあるので、とにかく値段を気にする人にはあまり関係ありません。
  • 重量センサー

重量センサーは、載せたものの重さによって温め時間を調節します。重い食器を使えば温め時間が長くなります。
  • 温度センサー

温度センサーは、庫内の温度によって適切な温度に達したかを判断しています。食品の温度と庫内の温度にずれがでやすく、ちょうどいい温度になるものと、ならないものとを判断しながら使うことをおすすめします。
  • 湿度センサー

湿度センサーは、庫内に充満する蒸気の量で判断しています。蒸気の上がりにくいものやラップをして温めると、温め時間にずれが生じます。
  • 赤外線センサー

赤外線センサーは、赤外線により食品そのものの温度を測るので、もっとも精度が高いと言われています。便利な分、値段も高くなりますが、操作が楽な電子レンジを求めている人にはぴったりです。
このようにセンサーにもいろいろな種類がありますが、赤外線センサー以外は電子レンジ任せでOKとは言い難い場合があります。よく温めるものに関しては、適切な温め時間を覚えてしまうのが楽な方法かもしれないです。

住む場所によって周波数帯も気にしておこう

とにかく安価なモデルで済ませたいという人は対応周波数も気にしましょう。
日本は東日本は50Hz、西日本では60Hzと周波数が異なり、電力が変わります。金額的に一番下の数千円程度の単機能レンジには、この周波数を自動調整することができないモデルがあります。この対応を間違うと壊れるだけでなく、最悪爆発してしまう事故も起こりますので関東から関西に引越しをする場合や、その逆の場合は充分に確認しましょう。

廉価モデル以外では、ヘルツフリーと言って周波数帯に影響されず使えるものがほとんどです。もし大学の間だけ西日本(or東日本)で暮らして、卒業後は戻る予定という人は、ヘルツフリーの商品を買っておくと安心です。

一人暮らしにおすすめの電子レンジ

温める機能で満足な人に! おすすめの単機能レンジ


パナソニックの温めに特化した単機能レンジです。
蒸気センサーが付いているため、時間を設定しなくてもご飯やコンビニ弁当を簡単に温めることができます。食べ物だけでなく飲み物もセンサー使用でちょうどよく温まるため、ホットミルクなどをよく飲む人は楽に加熱が可能。
単機能で十分だけどしっかりと温めたい人におすすめです。



電子レンジを使って簡単な料理もしたい人に! おすすめのオーブンレンジ


ジェネリック家電で有名な新潟のメーカー、ツインバードのオーブンレンジです。
コストパフォーマンスにすぐれており、この価格帯では庫内フラットのオーブン付きというのは中々ありません。場所を取らない縦開きを採用しているため、設置場所を選ぶことなく使用できるのも大きなポイント。
オーブンも使うかもしれないけど予算をそこまでかけたくない、という人必見の製品です。


機能性にこだわりたいなら! おすすめのスチームオーブンレンジ


パナソニックのスチームオーブンレンジのスタンダードモデルです。
10分で焼き、揚げを仕上げてくれる「こんがり10分モード」や、裏返さなくても両面を焼きあげることのできるグリル皿、赤外線センサーによる均一な温めなど、ワンランク上の調理ができる機能が盛りだくさん。自動お手入れコースもついているため、にんにくなどのニオイのきついものを調理したあとの脱臭や焦げ付きの洗浄も手早くできます。
一人暮らしでもこだわりを持って料理をしたい人におすすめの機種です。

世界で初めて水で焼く水蒸気調理を開発したメーカー、シャープのヘルシオの廉価モデルです。
過熱水蒸気調理とレンジ機能をこれ一台で使用することが可能で、限られた一人暮らし用のキッチンスペースを圧迫しづらいのが大きな特徴です。加熱した水蒸気で余分な水分や油分を飛ばしながら食材を焼きあげるので、温め直した揚げ物や惣菜もサクサクとした食感を楽しむことができます。レンジ機能は、絶対湿度センサーで時間設定を必要とせずにしっかりと加熱をしてくれるため、操作性が簡単なのも売りのひとつ。
温めがメインでもワンランク上の食感を楽しみたい人に、ぜひともおすすめします。


電子レンジの便利な使い方! 火を使わずにできる野菜料理

gettyimages (8824)

レンジ機能だけでも、工夫して使えば簡単に蒸したり煮たりする料理ができます。一人暮らしだと、野菜不足になりがちなので、そんなときは野菜をレンジで調理するだけのレシピが簡単でおすすめです。
  • レシピ1:おひたし

    たとえば、ほうれん草を洗ってラップに包み、500ワットで2~5分ほど過熱。それを水にさらし、切ってお醤油とショウガを加えればおひたしの完成です。

  • レシピ2:ポテトサラダ

    じゃがいもをラップに包み600ワットで3~5分ほど加熱。皮をむいてつぶし、具材を入れればポテトサラダに変身します。

  • レシピ3:かぼちゃの煮物

    かぼちゃを切って、耐熱ボールに出汁とともに入れます。クッキングシートで作った落し蓋をし、ラップをかけ500ワットで8分加熱すれば、煮物が完成。

このように、温めるだけの電子レンジといえども、火を使わずに簡単に自炊を始めることもできます。下ごしらえをしたら、タイマーをセットしてあとは待つだけなので、料理に自信がないという人はレンジ調理から始めてみるのもおすすめです。

バラエティショップには、電子レンジで使える便利な調理器具も売っています。ご飯が炊けるものや、パスタや卵をゆでられるもの、インスタントラーメンが作れるものもあるので、よく食べる食品に合ったアイテムをそろえておくと便利ですよ。

まとめ

電子レンジは、一人暮らしの食生活を便利にサポートしてくれます。
一人暮らしだと設置スペースや予算は限られ、購入できる商品も限定されるかもしれません。ですが、単機能レンジと言えどもいろいろな料理が作れます。さまざまな機能がついた電子レンジは便利ですが、とりあえずついている程度の機能だと、意外と不便なこともあるので要注意。本当にその機能が必要かよく考えてみましょう。
毎日の調理に便利な電子レンジを取り入れ、豊かな食生活を楽しみましょう。
監修:たろっさ
プロの家電販売員 兼 家電ライター
プロの家電販売員 兼 家電ライター。 札幌市在住。33歳。趣味はゲームと電器屋巡り。 20歳から家電量販店で働き、年間2億円、11年で25億円を売り上げた。 家電でわからないものはない家電スペシャリスト。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

【2020年版】一人暮らしにおすすめの家電特集

【2020年版】一人暮らしにおすすめの家電特集

2020年4月から初めての一人暮らしをスタートする人たちにむけて、「2020年に使いたいおすすめ家電」をピックアップしました。洗濯機、冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、炊飯器、テレ...
とりぐら編集部・ぐら
2020.03.11
オーブンレンジは料理の幅を広げるのに最適。彩り豊かな一人暮らしの食卓に。

オーブンレンジは料理の幅を広げるのに最適。彩り豊かな一人暮らしの食卓に。

一人暮らしで電子レンジを買うときに、オーブン機能が付いていないものを選ぶ人も多いかもしれません。ですが、パンを食べる人は結局トースターを買ってしまったり、自炊をするつもりの人...
とりぐら編集部・とり
2019.02.06
【2020年最新】一人暮らしの炊飯器選び。押さえておきたいポイント、欲しい機能を紹介

【2020年最新】一人暮らしの炊飯器選び。押さえておきたいポイント、欲しい機能を紹介

初めての一人暮らし、食生活は大きく変わりそうですよね。自炊派、外食派、コンビニ派など。食べ物の志向は人によっていろいろだと思いますが、1日の食卓でこれさえあればなんとかなるの...
とりぐら編集部・とり
2020.02.17
【2020年最新】冷蔵庫の選び方とおすすめ商品をご紹介! プロ家電販売員はこう選ぶ

【2020年最新】冷蔵庫の選び方とおすすめ商品をご紹介! プロ家電販売員はこう選ぶ

一人暮らしを始める際、ほとんどの人が用意をするであろう「冷蔵庫」。今回は、一人暮らし向けの冷蔵庫の選び方とおすすめ商品を家電ライターのたろっさがお伝えします。冷蔵庫はさまざま...
プロ家電販売員 たろっさ
2020.02.17
一人暮らしだからこそ便利! おひとり様特化のおすすめ調理家電5選

一人暮らしだからこそ便利! おひとり様特化のおすすめ調理家電5選

今回は一人暮らしで、楽して自炊できる味方となってくれるかつ、おひとりで使用するのに特化したおすすめの調理家電を厳選して紹介します。 非常に忙しい現代社会において一人暮らしを...
プロ家電販売員 たろっさ
2019.11.17

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた