2018年08月07日 更新

ベランダの目隠しでプライバシー対策。かんたん設置で快適な一人暮らし

日の光が入って見晴らしのいいベランダですが、目隠しをしないと外から部屋が丸見えなんてことも。この記事では、プライバシー対策の一環としてベランダの目隠しについて、手軽にできるアイディアを紹介してきます。

Architecture Building · Free photo on Pixabay (831)

日差しを浴びられて、洗濯物も干せて、あると便利なベランダですが、気になるのは外からの視線。大きな窓からは部屋を覗かれてしまうこともありますし、特に女性は洗濯物を干すのが気になるという方も多いでしょう。

プライバシーを守り、快適な一人暮らしをするために、今回はベランダの「目隠し」アイディアを紹介します。少しの工夫で、外からの目を気にせず暮らせるようになりますよ。上手に空間づくりをして、ベランダでくつろぎのひとときを過ごすのも良いですね。具体的な目隠し術をお伝えしますので、できることから実践してみてください。

ちなみに、ベランダとバルコニーの違いは“屋根”が付いているかどうか。付いているのがベランダです。もしバルコニー物件に住んでいるのであれば、目隠しシートよりは雨の日でも安心なサンシェードを取り入れるのが良いでしょう。

ベランダの目隠しで快適な一人暮らしライフを

ベランダは日当たりを重視した見通しの良い場所。そのため、外からも見えやすい場所になります。
上手に目隠しできれば、外からベランダの中が見えにくくなり、洗濯物を干したり気分転換したりと、今までよりもベランダに出やすくなるはずですよね。

ただ、ベランダの目隠しで、おしゃれを意識しすぎて過剰に飾りつけするのはNG。あまりがっちり目隠ししてあるベランダだと、室内で火事や事件があったときに周囲が気づきにくくなります。また、ベランダは緊急時の避難経路になることもあるので、モノを置きすぎずいざというとき出られるようにしておくことが大切です。

ベランダの目隠しアイディア

ベランダに十分な空きスペースを確保しつつ、プライバシーも守れる目隠し。理想のベランダが作れるように、ここからは目隠しアイディアとおすすめアイテムを紹介します。

誰でも手軽に付けられる目隠しシート

紐を結ぶだけで簡単に取り付けられる目隠しシート。目線と日差しを遮るうえに、風通しが良く落下物防止にもなります。丸見えだった洗濯物も、目隠しシートを取り付ければ見られる心配はありません。
目隠しシートを選ぶ際は、遮光率(どれだけ日光を遮ることができるか)と素材に注意しましょう。例えばメッシュ生地なら風を優しく取り込むことができ、お手入れも簡単です。
色で雰囲気が変わるため、好みのものを選んでください。

夏の暑さも和らげてくれるすだれ

gettyimages (1411)

100均でも買える手軽な目隠しと言えば、すだれが便利です。すだれには適度に柔らかい光を取り込み、涼しげな印象を与える効果があります。ベランダの手すりに麻ひもで縛るだけなので、とても使いやすいのが魅力です。
特に夏場は季節感に合っており、インテリアとしてもベランダをおしゃれに目隠しできます。

緑が映える植物で目隠し

 (301)

ベランダの柵に、つる性の植物を取り入れる方法もあります。おしゃれな見た目を演出しやすく、なおかつ上手に目隠しができるでしょう。柵にそのまま取り付けるのが難しければ、ガーデニング用品の「ラティス」がおすすめ。
これは木でできた格子状の柵(フェンス)で、「ラティスフェンス」「トレリス」とも呼ばれます。ホームセンターに行けば購入できるほか、100均でも手に入る、針金でできた「ワイヤーラティス」も代用品としておすすめです。
 (299)

ただし本物の植物は、手入れや虫よけ対策などが必要です。水やりが不要で手間がかからない人工植物の「フェイクグリーン」であれば、そういった煩わしさがなく手軽におしゃれな目隠しになります。
100均のガーデニングコーナーなどに置かれていますので、気になる方は試しにセッティングしてみてください。足元に人工芝生も敷けば、ベランダがさらにおしゃれに見えるでしょう。

室外機もおしゃれに隠そう!

ベランダをおしゃれに目隠ししたいのに、室外機が目立つ……という方は、室外機にもカバーを付けてみましょう。室外機カバーもさまざまなデザインのものが販売されています。100均で買えるものもあるので、まずは試してみてください。

まとめ

ベランダの目隠しについてさまざまな方法を紹介しました。100均グッズなどを活用すれば、低コストでも安心感ある環境を手に入れられますよ。
ただし、目隠しのやり過ぎは禁物です。あまり物々しく隠してしまうと、近隣の人たちに不信感など悪い印象を与える恐れがあるので、節度のあるプライバシー対策を心がけましょう

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

オートロックなら安心? オートロック賃貸の注意点

オートロックなら安心? オートロック賃貸の注意点

部屋を探すとき、防犯面は気になる要素の1つです。この記事では、オートロック物件のメリット・デメリット、注意すべきことなどをご紹介します。特に初めての一人暮らしで防犯面を意識し...
とりぐら編集部・とり
2019.03.12
一人暮らしのはじめに合鍵準備をしておこう。いくらで作れる? 紛失対策は?

一人暮らしのはじめに合鍵準備をしておこう。いくらで作れる? 紛失対策は?

ここでは一人暮らしにおける合鍵の必要性や、作るときの注意点、また鍵を失くさないための対策などについて解説します。新しい鍵を受け取ったら、ようやく気ままな一人暮らしをスタートす...
とりぐら編集部・とり
2018.10.18
空きスペースを有効活用!壁を飾ったワンランク上のインテリア

空きスペースを有効活用!壁を飾ったワンランク上のインテリア

壁も立派なインテリア空間です。ウォールデコレーションやウォールシェルフなど、壁面をおしゃれに飾るアイテムやスペースの活用方法をご紹介します。
sarami
2019.12.01
一人暮らしの不安を解消するには? お金のやりくりや日常生活で心掛けたいこと

一人暮らしの不安を解消するには? お金のやりくりや日常生活で心掛けたいこと

これから一人暮らしを始める方のために、お金のやりくりや日常生活で心がけたいことをお伝えします。一人暮らしを始めると、日常生活のすべてを自分で管理し、責任をもって暮らしていくこ...
とりぐら編集部・とり
2019.10.13
マンション1階のメリットとデメリットとは? チェックしたい設備や防犯対策も

マンション1階のメリットとデメリットとは? チェックしたい設備や防犯対策も

今回はマンションの一階に住むメリットとデメリットを紹介したいと思います。マンションのお部屋探しにおいて、どの階層に住むのかは本当に大切な選択です。1階は防犯や見晴らしなど様々...
とりぐら編集部・とり
2019.10.11

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ