2019年08月08日 更新

汚部屋経験者が教える、部屋がきれいになる収納術。 ものの「住所」を決めて、快適な生活を

部屋が散らかるのはなぜだろう? それはひとつひとつのものに「住所」がないからです。今、なんとなく置いている雑貨や日用品には、もっと適した場所があるかもしれません。それぞれのものを適した場所に収納することで、掃除の時短、自分の時間の確保につながり、より快適な生活を送ることができます。今回は、元汚部屋出身nkenの経験談をもとに、アイデアをご紹介します。部屋が片付かない...そんなみなさんもモノの「住所」を決めてスッキリした生活を手に入れましょう。

断捨離をしたい人は、断捨離をする前に部屋のルールを設定してあげることが大切です。ルールを設定すると、ものを捨てるときのボーダーラインがハッキリ分かったり、ものをなくしにくい環境が作れたりとメリットはたくさん。また、断捨離をしようと思った時にスムーズに進めることができます。まずは、部屋のルールについてご紹介します!

ものの定位置=「住所」を決める

ものの定位置と言われても、どこからはじめていいかわからないという方もいるでしょう。そんなときは、まずよく使うものを目につく場所に置きましょう! 日常的に使うものからだと整頓しやすいですし、掃除したその日からルールが決まるので、ルールを習慣化し、継続していくことができます。

ものの「住所」を決める3つのメリット

①ムダな出費が減る

自分でものの「住所」を明確に設定すれば、自分のもののマネジメントができるようになり、ものをなくさなくなります。

ものの「住所」をなあなあにしていると、ものの管理ができなくなり、非効率ですよね。
「今日はすぐ手に取れる机の上でいいか」などと、収納場所を決めていないものが少しでもあると、どんどん決まっていないもので机の上や床が散らかり、片付かなくなってしまいます。その結果、最悪な場合ものをなくしてしまいます。

ものを無くせば無駄な出費がかさむので、ものをなくしにくい環境を整えることが大切です。

②ものを探す時間の時短により自分の時間が確保できる

服を探すときに、クローゼット以外を探したりしませんよね。服の「住所」はクローゼットと決まっているからこそ、別の場所で服を探す時間を費やす必要がないのです。

このように、日々探しものをしている時間を減らすことができれば、自分自身に時間が費やせ、より豊かな生活を過ごすことができます。

③必要なものの取捨選択ができる

必要なものを取捨選択する上で大事なことは【毎日自分はなにを使っているのか】を見直すことです。

自分が日々何を使って、なにを使っていないかを理解することで、自分にとって必要なものが明確になります。そして不必要なものの断捨離をすることで、部屋が広く感じられ、自分にとって本当に必要なものに囲まれた生活を送ることができます。

また、よく使うものを目に触れる場所に設定すると日々の掃除がスムーズに片づけやすくなり、散らかりにくい環境を作ることができます。

自分の生活導線からものの「住所」を決める方法

メリットがわかったところで、効率よく綺麗な空間が維持できる、ものの定位置の決め方をみていきましょう。

ベッド下

ベッド下は肌着や靴下を収納している場所なので、毎朝必ず引き出しを開きます。ここに掃除道具を入れておけば、靴下を取るついでにコロコロ(粘着式カーペットクリーナー)でソファーやカーペット、ベッドなどを掃除することができます。

掃除道具をすべて玄関にまとめていると【掃除をする】というスイッチが入らない限り、玄関に掃除道具を取りに行きませんよね。
そのため、毎朝目に触れる場所に、掃除道具の一部を収納しています。

まずは自分の生活導線を把握して、掃除を仕組み化しましょう。

洗面台下

洗面台の下には、洗面台まわりで使うものたちを収納しています。

例えば、洗面台の前でドライヤーする人がクローゼットの中にドライヤーを収納しませんよね。このように、なにか行動を起こすとき、なるべく【行動範囲が狭く】なるようまとめて収納しておくとよいでしょう。ムダな行動がなく、スムーズに動作を進めることができます。

玄関

玄関には、靴やアクセサリーなど身につけるものの定位置にしています。

部屋の隅や机の上にアクセサリーを置いていてなくしてしまった...なんてことはよくあると思います。
家を出る前に玄関前でつけて、帰ってきたら真っ先にアクセサリーをはずして定位置に戻すといった行動が習慣化されていれば、なくす心配もありません。

印鑑も荷物が届いたときにサッとサインができるように、玄関に置いています。印鑑を探して慌てることもないので、効率的です。

クローゼット上

我が家では、ファイルボックスを使って各カテゴリ別に収納しています。
ここで重要なのが、よく使うものはクローゼットを開けたとき取り出しやすい位置にあること。例えばセロハンテープやドライバーのような工具類から、来客者用のパジャマや、各書類の収納などは私の場合よく使うので、取り出しやすいように手前に置いています。
逆にシーズン外れのインナーなどはクローゼットの奥に収納することで、自分の目に触れないようにしています。

まとめ

よくものをなくす人はものの「住所」の設定を疎かにしている可能性があります。はじめから徹底するのはハードル高いという人はまず、【事務用具】や【仕事道具】のような大きなカテゴリで分けることから始めてみましょう。
※掲載の価格、商品スペック等は掲載時の情報です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

モノは揃えつつおしゃれに収納! 一人暮らしの使い勝手のいいキッチンレイアウト術

モノは揃えつつおしゃれに収納! 一人暮らしの使い勝手のいいキッチンレイアウト術

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、都内の9.6畳1Kで生活するrom__roomさん。「ナチュラル」をテーマに、お花やグリーンのある生活を楽しんでいます。お花やグ...
とりぐら編集部
2022.04.08
冷蔵庫が使いやすくなる! すっきり整理3ステップ

冷蔵庫が使いやすくなる! すっきり整理3ステップ

冷蔵庫の中に食材をとりあえずいっぱい詰め込んで、ごちゃごちゃになっていませんか? 取り出すたびに探し物をしたり、ダブリ買いをしてしまったり……。冷蔵庫の中をすっきりさせる整理...
sakko
2021.10.06
今の暮らしに”自由時間”をプラス!今日からできる整理収納の第一歩

今の暮らしに”自由時間”をプラス!今日からできる整理収納の第一歩

整理収納は、部屋がきれいになるだけではなく「自分のために使える時間」を確保できるようにもなります。時間ができる理由や整理収納の基本を知って、今よりももっと自分を豊かにする暮ら...
sakko
2021.09.07
行動を考えた配置で快適空間を! 30代オトナ女子の1LDK

行動を考えた配置で快適空間を! 30代オトナ女子の1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、『オトナ女子の暮らしレシピ』(インプレス)の著者でもあるnamytoneさん。1LDKの部屋で、空間づくりを工夫しながらシ...
とりぐら編集部
2021.09.03
シンプルだけど無機質じゃない! “好き”を取り入れた心地よいワンルーム

シンプルだけど無機質じゃない! “好き”を取り入れた心地よいワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、猫グッズとゲームが好きなot.jakさん。1Kの部屋にワークスペースを設け、在宅でデザイナーのお仕事もしています。写真も参...
とりぐら編集部
2021.09.01

この記事のキーワード

この記事のライター

エヌケン エヌケン

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ