2019年09月10日 更新

エアコンの除湿と冷房はどう使い分ける? 一人暮らしの快適な夏のために

今回は、エアコンの各機能をどう使い分けるのかを解説します。一人暮らし、蒸し暑い部屋。不快指数を少しでも下げたい……。そんな時、一番に活躍する冷房器具はエアコンです。 エアコンには、ほぼ全ての機種に「冷房」「除湿」「送風」というモードがあります。「部屋の温度を下げるなら冷房しかないよね? 他のこれって何?」と思う方も多いのではないでしょうか。

gettyimages (25508)

エアコンの除湿と冷房の違い

エアコンの冷房運転と除湿運転の違いは至って簡単で、温度を基準に下げるか湿度を基準に下げるかという役割の相違です。

冷房運転
真夏で気温が高く、室温も高い場合に有効なのが冷房運転です。
冷房運転ではコンプレッサーで圧縮された冷媒によってエアコン内部の熱交換器が冷やされ、そこに空気を送って冷風を出しています。とにかく部屋を冷やすための運転を主眼においているため、しっかりと部屋が冷えていきます。

除湿運転
除湿運転の場合は少し異なり、ジメジメした季節などに空気中の水分を減らすための運転を行います。
理科の話になりますが、空気中の水分は温度が下がると溶け込める水分量が減っていきます。つまり部屋を冷やすと溶け込めなくなった水分が水滴となって現れてくるのです。暑い日に自販機で冷えたジュースを買うと水滴が付いていますよね?それは、外気の水分が冷えた缶ジュースによって、周りの空気が冷やされ溶け込めなくなった水分が付着しているからです。

つまり除湿運転は部屋の空気を吸い込んで冷やし、その時発生した水分を外に繋がったホースで放出し、サラサラになった空気を室内に戻すという仕組みなのです。冷やされた空気を室内に戻すため、徐々に部屋の温度は下がっていきます。

除湿方式には2タイプ
最近の上位機種のエアコンには、この戻す空気を温め直して部屋の気温を変えずに、湿度だけを下げてくれるという方式を選べる製品もあります。
それぞれを弱冷房除湿、再熱除湿と呼び、弱冷房除湿は電気代がかかりづらいですが肌寒く、再熱除湿は部屋の気温を変えづらいですが電気代が少しかかります。
gettyimages (25509)

エアコンの除湿と冷房、送風を上手に使い分けよう

さて、上記で述べた冷房と除湿の違いですが、この他に送風運転というモードもあります。
どういう風に使い分けたら良いのかをそれぞれ見ていきましょう。

除湿が最適なとき

除湿を使用するタイミングは、部屋の気温がそこまで暑くなく、湿気が高い場合です。雨の日が多い梅雨の時期などが該当します。
快適な湿度の目安は人によって多少違いはあれど、空調メーカーダイキンの発表によると、およそ40-60%です。(参照:https://www.daikin.co.jp/naze/setsuden/action_02.html

それを下回ってしまうと、ウィルスが活性化して、発病リスクが増加したりします。

また、湿度がそれより高いと部屋が結露し、カビが繁殖しやすい状態になってしまいます。布製品や布団などを触るとしっとりしているように感じたり、床がペタペタ微妙に濡れているように感じたりするなど、不快度が非常に高まります。そうならないために、除湿運転を活用すると良いでしょう。

冷房が最適なとき

冷房運転を行うべきなのは、とにかく室温が高い場合です。
大手空調メーカーのダイキンが公表している適温は、夏場は26-28℃、冬場は20-22℃です。(参照:https://www.daikin.co.jp/setsuden/home/winter/4.html

部屋が暑すぎると熱中症のリスクが高まりますし、常温保存ができる食材も傷みが早くなるなど、良いことはあまりありません。

冷房運転の際に電気代を抑えるコツとしては、エアコンの設定温度を下げて急速に冷やして電源をこまめに消すのではなく、26-28℃の範囲に温度を設定して長時間運転をすることです。設定温度を低く設定して急激に部屋を冷やすと、寒暖差から体調を崩す原因になってしまいます。

冷房が効きすぎていると感じる場合は設定温度を見直しましょう。
gettyimages (25510)

送風が最適なとき

送風は室外機を使用せず、室内機のフィンのみを運転させるモードです。高いところに付いているスリムファンのような状態になります。
送風の使い所は、部屋の換気を行ったり、少し暑いと感じたりする場合です。

人間は身体に風が当たると体感温度が下がり、涼しいと感じるようになっています。これを利用して送風運転で風を当てることにより、電気代を抑えて涼を取ることができるのです。
エアコンは扇風機に比べて広範囲に風を行き渡らせることが可能な出力のものが多く、効率よく風を循環させられます。

また、送風モードは窓を開け放して部屋の空気を入れ替えたりする場合にも有効です。こまめな換気を行うことにより部屋の生活臭を追い出し、臭いのこもりづらい環境にすることが可能です。
一人暮らしの場合はとくに締め切ってしまいがちですが、換気を意識するだけで清潔感が変わってきますよ。

まとめ

エアコンは冷房運転だけではなく除湿や送風と組み合わることで、より効果を発揮してくれる空調機器です。
冷房運転と除湿運転の両方を上手に使用することにより、より効率的に素早く部屋を快適にできます。ぜひお試しください。
プロ家電販売員 たろっさ

プロの家電販売員 兼 家電ライター。 札幌市在住。33歳。趣味はゲームと電器屋巡り。 20歳から家電量販店で働き、年間2億円、11年で25億円を売り上げた。 家電でわからないものはない家電スペシャリスト。

https://taromomo.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

冷風機で一人暮らしの夏を快適に! おすすめのメーカー・機種をご紹介

冷風機で一人暮らしの夏を快適に! おすすめのメーカー・機種をご紹介

暑い夏を乗り切るためには、エアコンなどの冷房器具がほぼ必須です。しかしエアコンを長時間使用すると、やはり電気代が気になるもの。一人暮らしだと余計もったいない感じがします。 ...
プロ家電販売員 たろっさ
2019.09.19
エアコンはつけっぱなしが効果的? 夏の電気代節約で知りたいほんとのところ

エアコンはつけっぱなしが効果的? 夏の電気代節約で知りたいほんとのところ

暑い夏を乗り切るためにエアコンを使用する……その際やはり一番気になるのは電気代です。特に議論されるのが「エアコンはこまめに消したほうが良いのか、つけっぱなしが良いのか」という...
プロ家電販売員 たろっさ
2019.09.09
エアコンの電気代を抑えるには? コスパのいい空調を整えよう

エアコンの電気代を抑えるには? コスパのいい空調を整えよう

梅雨の湿気から夏~初秋までの暑さについて、皆さんはエアコンを用いて対策をとっていると思います。 もちろん部屋の温度や湿度のコントロールは可能ですが、エアコンのみで涼を取ると...
プロ家電販売員 たろっさ
2019.09.09
エアコンに代わる冷房って? 冷風扇や扇風機などの代用品をプロが比較解説

エアコンに代わる冷房って? 冷風扇や扇風機などの代用品をプロが比較解説

今回は、エアコンに代わって涼を取れる家電を、プロ家電販売員の視点でご紹介します。近年、夏の暑さは非常に厳しく、もはや冷房器具は夏の必需品です。暑い日はエアコンを全開にして過ご...
プロ家電販売員 たろっさ
2020.07.20
扇風機で一人暮らしの夏を快適に! おすすめのメーカー・機種をご紹介

扇風機で一人暮らしの夏を快適に! おすすめのメーカー・機種をご紹介

今回はおすすめの扇風機をご紹介します。夏は多くの方がエアコンを使用して涼を取っていると思いますが、長時間つけっぱなしとなると電気代が気になったり、冷房の風が苦手な方は体調を崩...
プロ家電販売員 たろっさ
2020.07.24

この記事のキーワード

この記事のライター

プロ家電販売員 たろっさ プロ家電販売員 たろっさ

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ