2019年08月02日 更新

スーツのクリーニング頻度はどのくらいがベスト? 日頃のお手入れ方法も

スーツのクリーニングについて、正しい保管方法やお手入れの仕方もあわせてご紹介します。大学の入学式や就活で使うスーツ。就活が忙しい時期やスーツの職場で働きだすと、毎日のようにスーツを着ることになりますね。スーツは自宅ではなかなか洗いづらく、クリーニングに出すことがほとんどですが、返却までの日数や、クリーニングに出す頻度はどのくらいかなど分からない人も多いのではないでしょうか?

gettyimages (21068)

スーツはどれくらいの頻度でクリーニングに出す?

・着た回数によってクリーニングに出すルールをつけておく
ニオイが気になるときや汚れが目立ってきたとき、スーツはクリーニングに出さなければなりません。毎日のようにスーツを着用して外と中を行き来するような方などであれば、ズボンなら3回着用したらクリーニングに出す。ジャケットなら10回程度着用したらクリーニングに出す。といったような基準でもよいでしょう。
汗をよくかく人や、着回すスーツが少なくヘビーローテションして着用するような方であれば、さらにクリーニング頻度は増やす必要があります。

・できれば着用のたびに出す
一方、ほとんど着ない場合は、衣替えの前に一度出すくらいでも十分ですが、スーツを長く着用するためには、着用する都度クリーニングに出すのが無難といえます。
クリーニングのしすぎもスーツが早く劣化してしまう原因になるという話も聞きますが、汚れを落とさないと劣化してしまうので、着用する頻度やスーツの汚れ具合などによってはセルフメンテナンスも取り入れ、クリーニングに出す出さないを判断するのがもっとも大切です。

スーツのクリーニングにかかる日数と料金の相場

気になるのが、クリーニングにかかる所要日数です。就活中など、スーツを着る予定が詰まっているときは、返却の目途が立たないとなかなかクリーニングに出しづらいものです。しかし日数はクリーニング方法により異なるので、まずは代表的なクリーニング方法についてご説明します。
gettyimages (22748)

スーツのクリーニング方法

スーツのクリーニングには大きく分けて、一般的なドライクリーニングとウェットクリーニング(オプションで選択可能な場合や、ダブルウォッシュといったような異なる名称のことも)という2種類の方法があります。

・ドライクリーニングとウェットクリーニングの違い
ドライクリーニングは、石油系の有機溶剤を使用して、布地を傷めずに花粉などを代表する粒子系の汚れや、皮脂や食べこぼしによく含まれる油性の汚れを落としてくれます。一方、ウェットクリーニングは水を利用し、色落ちや型崩れを起こさないような方法で、汗などの水溶性の汚れを落としてくれます。
お店によってはドライクリーニングをした後に、ウェットクリーニングで再度洗うなどやり方は様々です。

・普段のクリーニングにはドライクリーニング
汗が気になることの多いスーツは、ドライクリーニングよりウェットクリーニングの方が効果的だといえます。しかしミートソースや口紅など油性の汚れでお困りなら、ドライクリーニングの方が優れています。どちらの方法にするかは、あなたのスーツの汚れ次第ですが、普段のクリーニングであればドライクリーニングを利用し、衣替えの時期や夏の時期であれば定期的にウェットクリーニングを依頼するのもありでしょう。

クリーニングにかかる期間は店舗と宅配で異なる

店舗へ持って行けば、ドライクリーニングの場合は通常2~3日で終わります。また忙しい大学生にぴったりな、自宅まで集荷・配達してくれる宅配クリーニングというサービスもあります。ただしこちらを利用すると少し所要日数が延び、通常5~10日ほどかかります。

どうしてもすぐにクリーニングに終わらせたいときは、午前中に持って行けば当日夕方にクリーニングを終わらせてくれる即日仕上がりなどのサービスを実施しているお店がおすすめです。

ただし、乾燥による温度によるダメージが一番スーツを傷ませてしまいます。できる限りスーツを長く愛用したい場合は、できるだけ自然乾燥を取り入れてくれるようなクリーニング店に1週間ほど時間をかけてクリーニングしてもらうのがいいでしょう。

スーツのクリーニングの料金相場

ドライクリーニングを依頼した場合、スーツは上下合わせて1,000~2,000円程度が相場です。ただしお店によってはサービスの質が高い分、料金が高いこともありますので、注意してください。
gettyimages (22747)

ウェットクリーニングやオプションをつける場合

ウェットクリーニングは高度な技術を必要とするため、2度洗うことも多く一般的なドライクリーニングの料金に比べて倍の2,000~4,000円ほどかかります。店舗に持って行った場合でも、約1週間から10日程度必要です。また、シミ抜きや撥水加工などのオプションをつけるかどうかによっても、料金や日数は変わってきます。

ウェットの他デラックスコースなど生地をトリートメントしてスーツを長持ちさせるような加工もありますので、大切にしたいスーツなどにはそういった加工ができないか相談するのも一つです。

スーツをクリーニングに出す際の注意点

クリーニングに出すときは、事前に下記の3点をチェックしておくと、スムーズに進みます。クリーニングを利用したことがないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

スーツの上下はなるべくセットで出す

上のスーツだけ汚れを取りたい、そんなときでもスーツは上下一緒に出すのが基本です。それは、上下でクリーニング回数が異なると、質感やテカリの出方などの風合いが異なることがあり、セットで着られなくなってしまうからです。

ポケットの中を確認しておく

ポケットの中身は、もちろんクリーニング店でも確認してもらえますが、見落としもありえます。後で見つかっても、保管してもらえることが多いのですが、お店の負担になるため、自分でも確認しておくようにしましょう。

汚れや傷みをお店に伝えられるようにしておく

スーツにどのような汚れがあるのかも、事前にチェックしておきましょう。シミやほつれなどをお店と確認しておけば、トラブルを避けることができます。

クリーニング後のスーツの保管とお手入れ方法

適切なお手入れが、スーツを長持ちさせるためには重要です。クリーニングしたスーツを保管する方法や、日々のお手入れ方法も確認しておきましょう。
gettyimages (21065)

クリーニング店のビニールは早めにとる

クリーニングが終わると、たいていの場合ビニールに梱包されています。しかしそのままでは通気性が悪く長期保存に向きません。ビニールはクリーニング店からの持ち帰りまでの汚れ防止用です。
ビニールを被せたまま保管すると、カビの原因や変退色の原因になるので、必ずビニールを取ってからにクローゼット等にしまいましょう。

型崩れしない厚みのあるハンガーにかける

クリーニング店のハンガーは薄く、そのままでは型崩れを起こしてしまうこともあります。型崩れを防ぐには、厚みのあるハンガー(幅4cm以上がおすすめ)にかけ直すことが大切です。

定期的にクローゼットを換気する

カビや虫食いを防ぐために、クローゼット内の換気も怠らずに。必要に応じて防虫剤や防湿剤を使用することで、より効果が見込めます。

よく着るならこまめにお手入れしよう

就活中などスーツをよく着る場合は、自宅でのケアが大切です。1日着たら1~2日は空け、3回に1回はブラッシングすることで、スーツが長持ちします。しわがついてしまった場合は、霧吹きで水を与えたり、スチームアイロンで伸ばしたりすることで自宅でもしわを取ることができます。
▼スーツのお手入れのためにアイロンも少しこだわってみては?
一人暮らしのおすすめアイロン。家電販売員が教える正解はコレ!

スーツは自宅でも洗える?

洗濯や手洗いOKの表示があるスーツは、自宅で洗濯もできます。その場合事前にチェックすべきことや、手洗いの仕方、洗濯機での洗濯の仕方について少しコツがいるので、簡単にご説明します。

事前にチェックすべきこと

洗濯表示で水洗い可能かをチェックした後、色落ちの確認を行います。スーツの裏などの目立たないところに洗剤をつけて5分置き、ティッシュで拭って色落ちしないかを確認します。あわせてほつれや穴がないかも確認しましょう。

優しく手洗いするのがおすすめ

生地が傷まないようおしゃれ着用の洗剤を使用し、優しく手洗いします。洗い終わったらタオルドライをするか、洗濯機で30秒~1分程度の脱水をかけましょう。脱水をしすぎるとしわや型崩れの原因になるので注意してください。

洗濯機の場合必ず洗濯ネットに入れる

洗濯機に手洗いコースやドライコースがあるなら、洗濯機でも洗濯ができます。終わったらすぐにハンガーにかけて陰干しし、半乾きのうちに当て布をしてアイロンをかけましょう。
ウール100%の天然繊維の場合、洗濯機を使うと型崩れするので必ず手洗いしましょう。

まとめ

スーツのクリーニングは、最短でその日、長くても1週間程度で終わらせることができます。汚れが気になってきたときは、早めにクリーニングに出してしまいましょう。
自身の着回す頻度や、スーツの汚れ具合にあったクリーニングのペースが基本です。あまりスーツを着ない場合でも、基本は1回着たらクリーニングに出すのがベストですが、衣替えの前には一度クリーニングに出して、スーツを清潔に保ちましょう。
監修:神崎健輔
実家がクリーニング店でもあったので小さな頃から洗濯を手伝い、クリーニング師の資格を取得して洗濯の知識をとことん勉強。 現在は、白洋社クリーニングと宅配クリーニングネクシーという二つのクリーニングカンパニーに所属。「洗濯ハカセ」を名乗り、日々ストイックに「もっと洗濯がキレイに楽にできる方法」を研究しながら培った知識をブログで発信中。家庭での洗濯が上手になる方法や、クリーニングいらずの洗濯術などを公開しながら、テレビ、雑誌、ラジオとたくさんのメディアでも活躍中

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

クリーニング料金の相場とは? スーツやワイシャツなど衣類別の目安も徹底解説

クリーニング料金の相場とは? スーツやワイシャツなど衣類別の目安も徹底解説

自宅の洗濯機で洗う衣類もあれば、スーツやブランド物のスカート、ワイシャツなどクリーニングに出す衣類もあるでしょう。一般的な店舗型クリーニング店の料金体系や選ぶ際のポイント、知...
とりぐら編集部・とり
2019.10.03
服に油染みが! 応急処置とシミの度合いに応じた対処法を徹底解説

服に油染みが! 応急処置とシミの度合いに応じた対処法を徹底解説

せっかくお気に入りの服で出かけたのに、食事中に油染みが付いてしまった…なんてことありますよね。普通に洗濯してもなかなかきれいに落ちず、悩む人も多いことでしょう。そこで今回は、...
とりぐら編集部・とり
2019.09.25
 酸素系漂白剤のつけおきで頑固な汚れもすっきり! 効果的な使用方法をご紹介

酸素系漂白剤のつけおきで頑固な汚れもすっきり! 効果的な使用方法をご紹介

シャツについた皮脂汚れや衣類のシミ、お風呂場の湯アカなどは何度洗ってもなかなか落ちないことが多いです。しかし、酸素系漂白剤を使えば驚くほど簡単に汚れを落とすことができます。 ...
とりぐら編集部・とり
2019.09.19
ワイシャツの洗い方の基本を解説! クリーニングに出さずにきれいに仕上げる

ワイシャツの洗い方の基本を解説! クリーニングに出さずにきれいに仕上げる

ワイシャツはどうやって洗濯するのが良いのかよくわからないので、他の衣類と同じように洗濯している。本当は都度クリーニングに出すべきかもと想いながらも頻繁にクリーニングに出す余裕...
とりぐら編集部・とり
2019.09.17
羽毛布団も洗濯機で洗おう。洗濯・乾燥方法とポイントをチェック!

羽毛布団も洗濯機で洗おう。洗濯・乾燥方法とポイントをチェック!

就寝時に羽毛布団を使っていると「羽毛布団って洗濯できるのだろうか」と疑問をいだくのではないでしょうか。今回は羽毛布団の洗濯をご家庭でする場合とコインランドリーを利用する場合に...
とりぐら編集部・とり
2019.09.14

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり