2019年10月15日 更新

ニットの洗濯方法を知ろう! 正しい洗い方と保管のポイントをご紹介

ニットを洗濯するときに「どうやって洗えばいいの?」「そもそも洗って大丈夫?」と悩んだ経験はありませんか?ニットは通常通り洗濯をすると縮んだり毛玉ができてしまったりすることがあるため、洗い方には注意が必要です。 そこで今回は、ニットの正しい洗い方と保管のポイントをご紹介します。

gettyimages (25581)

自宅で洗う?クリーニングに出す?事前に確認・用意すべきこと

ニットの種類によっては、家で洗わずにクリーニングへ出した方がいい場合があります。お気に入りの服を傷ませないためにも、まずは家で洗えるのか確認をすることが大切です。また、家で洗濯をする場合は、洗剤の種類も考慮しましょう。

自宅での洗濯が可能か「洗濯表示」を確認する

まずチェックしたいことが、洗濯の方法についてです。素材によっては水洗いができない場合もあるため、必ず「洗濯表示」を確認しましょう。服によって洗濯機で丸洗いできるものもあれば、手洗いのみOKというものもあります。
たらいのマークに×印がついている場合は、家では洗濯ができないという意味なので、クリーニングへ出すようにしましょう。また、たらいに手が描かれている場合は手洗い、それ以外は洗濯機洗い可能という意味です。

洗濯機に手洗いやドライコースがあるか確認する

洗濯機に手洗い・ドライコース・デリケートコース・弱洗いなどの洗濯コースがあるかを確認しましょう。標準コースで洗濯をすると型崩れしてしまうこともあるので、水流の軽いコースを選ぶことが大切です。
ドライコースは、クリーニング店で利用できるドライクリーニングではなく、通常より水圧が弱いという意味なので注意しましょう。

洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤を用意する

ニット衣類を自宅で洗うときは、必ずおしゃれ着用の中性洗剤を使用しましょう。衣類の型崩れや縮み、シワなどを防ぐ効果があるため、ニット製品などデリケートな衣類を洗う際に適しています。
gettyimages (25582)

ニットやセーターを手洗いする際のポイント

ここからは、手洗いする際のポイントや手順を解説していきます。

裏返したニットを畳んで洗剤水に浸す

まず、洗濯桶に常温の水と中性洗剤を入れ、洗剤水を作ります。その後、裏返したニットを畳んで浸していきましょう。裏返すことで表面の傷みが少なくなるので、忘れずに行ってください。
畳んだニットを洗濯ネットに入れて補強するとより型崩れ予防にもなるので、ネットに入れるのもおすすめです。

優しく押し洗いをしてからすすぐ

摩擦がおきないように優しく押して洗っていきます。ニットの間を水が通るように少し押して水を吸わせたり出したりするようにするのがコツ。それらを何度か繰り返したら、水を変えてニットを泳がせるようにしてすすいでいきます。ここでもなるべく摩擦が起きないように優しく揺らす程度に泳がせてください。柔軟剤はすすぎの最後に加えましょう。

手洗いをする際は、強く揉んだりゴシゴシと擦ったりすると縮みや風合いの劣化の原因になるのでしないように注意してください。汚れが気になる場合は、5〜10分ほどつけおきをすると効果的です。
gettyimages (25583)

ニットやセーターを洗濯機で洗う際のポイント

続いて、洗濯機で洗う際の方法やポイントを解説します。生地を傷めないように気をつけながら洗っていきましょう。

ニットは裏返して畳み洗濯ネットに入れる

ニットを裏返しにして畳み、洗濯用ネットに入れてから洗っていきます。ボタンつきのニットはボタンを留めておきます。
汚れがついている場合は、汚れている面が表側に出るようにして畳みましょう。特に袖口や首回りは汚れやすいので、表側に出るようにしておきます。
ネットは網目が細かいタイプで、ニットのサイズに合うものを選びます。大きすぎると中で摩擦が起こってしまう可能性があるので、ぴったり入るサイズを選びましょう。

手洗いやドライコースで洗濯する

手洗い・ドライコースは、標準コースと比べて水流や脱水力が弱めに設定されているため、ニットの洗濯に適しています。
設定を細かく変更できる場合は、洗浄時間や脱水の時間をなるべく短めにしましょう。また、柔軟剤を加えることで、洗剤で落とした油分の代わりを果たす成分などを補い、肌触りのよい仕上がりにできます。

ニットやセーターの干し方

干す際にもいくつか注意すべき点があります。最後まで丁寧に扱っていきましょう。

ハンガーに吊るさず日陰で「平干し」をする

ニットをハンガーにかけて干すと、水分を吸って衣類そのものが重いため伸びや型崩れを起こしてしまいます。大切な服を傷めないためにも、平干しで乾かすことがポイントです。
また、日光に長時間当てると変色することがあるので、日陰で風通しの良い場所に干すようにしましょう。

干す際は、平干し用のネットがあれば便利ですが、バスタオルの上にニットを広げて干す方法でも代用できます。窓を開ける、扇風機の風を当てるなどして、風通しをよくして乾かしましょう。

ニットやセーターの保管・お手入れ方法

ニットやセーターを長く着用するには、保管・お手入れを正しく行うことが重要です。
gettyimages (26341)

ハンガーに吊るさず畳んで収納する

ニットをハンガーに吊るして保管すると、型崩れを起こす可能性があります。伸びやヨレを極力防ぎたい場合は、ハンガーには吊るさずに畳んで収納するようにしましょう。
シワが気になる場合は、立てるようにして収納するか、ニットの間にタオルを挟んで畳むとシワが目立ちにくくなります。

保管にあたっては湿気・防虫対策をする

クローゼットやたんすに収納する際は、湿気対策や防虫対策が必要です。
ニットを着用したあとは吸った汗を乾燥させ、ブラシ掛けを行って汚れを落とします。食べ物がついてしまった場合は、ティッシュなどでつまんで取り除くか、蒸しタオルなどで叩いて汚れを落としてから収納するようにしましょう。
しばらく着る予定がないニットはきちんと洗濯してから保管しましょう。

アイロンはスチームを出しながら浮かせてかける

シワを取りたい場合は、スチームアイロンを使用して浮かしながらかけるようにしましょう。ニットは高温に弱いため、直にアイロンをあててしまうと繊維が傷むことがあります。スチームをあてるだけでもシワは伸びるので、優しくお手入れをしましょう。

まとめ

ニットはとてもデリケートな衣類のため、洗濯時だけではなく、保管やお手入れ方法にも気をつける必要があります。他の衣類に比べると少々手間はかかりますが、優しく扱うことで長く着用することが可能です。ニットの扱い方をマスターし、綺麗な状態を保ちましょう。
監修:神崎健輔
実家がクリーニング店でもあったので小さな頃から洗濯を手伝い、クリーニング師の資格を取得して洗濯の知識をとことん勉強。 現在は、白洋社クリーニングと宅配クリーニングネクシーという二つのクリーニングカンパニーに所属。 「洗濯ハカセ」を名乗り、日々ストイックに「もっと洗濯がキレイに楽にできる方法」を研究しなが培った知識をブログで発信中。 家庭での洗濯が上手になる方法や、クリーニングいらずの洗濯術などを公開しながら、テレビ、雑誌、ラジオとたくさんのメディア でも活躍中

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

クリーニング料金の相場とは? スーツやワイシャツなど衣類別の目安も徹底解説

クリーニング料金の相場とは? スーツやワイシャツなど衣類別の目安も徹底解説

自宅の洗濯機で洗う衣類もあれば、スーツやブランド物のスカート、ワイシャツなどクリーニングに出す衣類もあるでしょう。一般的な店舗型クリーニング店の料金体系や選ぶ際のポイント、知...
とりぐら編集部・とり
2019.10.03
服に油染みが! 応急処置とシミの度合いに応じた対処法を徹底解説

服に油染みが! 応急処置とシミの度合いに応じた対処法を徹底解説

せっかくお気に入りの服で出かけたのに、食事中に油染みが付いてしまった…なんてことありますよね。普通に洗濯してもなかなかきれいに落ちず、悩む人も多いことでしょう。そこで今回は、...
とりぐら編集部・とり
2019.09.25
 酸素系漂白剤のつけおきで頑固な汚れもすっきり! 効果的な使用方法をご紹介

酸素系漂白剤のつけおきで頑固な汚れもすっきり! 効果的な使用方法をご紹介

シャツについた皮脂汚れや衣類のシミ、お風呂場の湯アカなどは何度洗ってもなかなか落ちないことが多いです。しかし、酸素系漂白剤を使えば驚くほど簡単に汚れを落とすことができます。 ...
とりぐら編集部・とり
2019.09.19
ワイシャツの洗い方の基本を解説! クリーニングに出さずにきれいに仕上げる

ワイシャツの洗い方の基本を解説! クリーニングに出さずにきれいに仕上げる

ワイシャツはどうやって洗濯するのが良いのかよくわからないので、他の衣類と同じように洗濯している。本当は都度クリーニングに出すべきかもと想いながらも頻繁にクリーニングに出す余裕...
とりぐら編集部・とり
2019.09.17
羽毛布団も洗濯機で洗おう。洗濯・乾燥方法とポイントをチェック!

羽毛布団も洗濯機で洗おう。洗濯・乾燥方法とポイントをチェック!

就寝時に羽毛布団を使っていると「羽毛布団って洗濯できるのだろうか」と疑問をいだくのではないでしょうか。今回は羽毛布団の洗濯をご家庭でする場合とコインランドリーを利用する場合に...
とりぐら編集部・とり
2019.09.14

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり