2019年04月05日 更新

使い始めの前にエアコンフィルターを掃除しよう。手軽にできて効果抜群

エアコンの効きを良くし、電気代も抑えられるように、エアコンを使い始める前には、フィルターを掃除しておくのがおすすめ。簡単にできる掃除方法と掃除の際の注意点についてご紹介します。実はそれほど大変なものではなく、ハウスダストを舞い上がりにくくする効果もあります。掃除する頻度の目安も紹介するので、ぜひ参考にしてエアコンをきれいな状態に保ちましょう。

gettyimages (14621)

エアコンは定期的に掃除が必要

エアコンを使用していて、部屋が暖まらないな・・・、全然冷えないな・・・と感じたことはありませんか。エアコンを快適に使用し続けるには、定期的な掃除が欠かせません。

エアコンの仕組みと掃除すべき場所

エアコンの冷房機能を使う場合で考えてみましょう。冷たい風はもとは室内の空気から来ていて、エアコンは室内の空気を内部に吸い込んで熱交換器(フィン)で冷やした後に、外に出しています。

空気を吸い込む際にエアコンフィルターを通すことで、空気中のホコリの多くを取り除き、きれいな空気が出るようになっているのです。
エアコンフィルターは部屋に舞っているホコリを常にキャッチし続けているため、どうしても汚れが溜まっていきます。

冷房時に空気を冷やす熱交換器(フィン)にも汚れがつきますし、さらに奥のファンにも汚れは溜まっていきます。エアコンの内部はクリーニング業者に依頼しないときれいにすることはできませんが、エアコンのフィルター掃除は、自分で簡単に行えてとても有効な掃除なのです。
gettyimages (14264)

エアコンフィルター掃除の頻度

定期的な掃除は大切です。環境省によると、2週間に1度掃除すると、目詰まりしたフィルターに比べて冷房では4%、暖房では6%も電気代を節約できます。

そこまでの頻度で掃除するのが難しくても、月1回程度は掃除するのがおすすめです。少なくとも、冷房や暖房を使い始めるシーズン前には掃除するようにしましょう。

エアコンフィルター掃除方法

gettyimages (14265)

フィルター掃除はどのような手順で行うといいか、具体的なやり方をご紹介しましょう。

【準備するもの】

  • 掃除機

  • ブラシか古い歯ブラシ

  • 住居用洗剤(弱アルカリ性)やフィルタークリーナーなど

【手順】

  1. エアコン前部のカバーを開き、フィルターに軽く掃除機をかけます。

  2. フィルターをゆっくりと外し、表側が上になるように新聞紙などの上に置きます。

  3. 掃除機で表側からホコリを吸い取ります。

  4. お風呂場などで、今度は裏側からシャワーをかけて汚れを取り除きます。

  5. しつこい汚れは表側から歯ブラシなどで取り除きます。
    場合によっては住居用洗剤(弱アルカリ性)、もしくは重曹水をかけてブラッシングをします。また、カビなどが気になる場合は、フィルタークリーナーを使用してもよいでしょう。フィルタークリーナーをかけて5分程おいてから洗い流します。

  6. ベランダなどで陰干しします。

  7. 水気が完全になくなったら、もとの位置に戻して完了。

フィルター掃除の注意点

エアコンフィルターの掃除は難しい作業ではありませんが、注意点もあります。せっかく掃除したのに残念な結果にならないように、以下の3つのポイントをご覧ください。

(1)表側から掃除すること

エアコンフィルターについたホコリを見ると、表側だけでなく裏側からも掃除機をかけたくなるかもしれません。しかし必ず表側からのみ掃除するようにしてください。ホコリなどは表側についていますので、裏から行うとホコリを無理に内部に引きこんでしまいます。

反対にシャワーを使って洗うときは裏から水をかけると、ホコリが押し流されやすくなります。
目詰まりを起こさないための大事なポイントですので気をつけましょう。
gettyimages (14266)

(2)フィルターの編み目は優しく掃除

フィルターの作りは繊細です。フィルターについた汚れやカビを取り除こうとして、強く擦ってはいけません。編み目が広がるばかりか、ときには破れてしまうこともあります。
エアコンを使用する際にホコリを十分取り除けなくなるので注意が必要です。

(3)フィルター掃除後の水切りをしっかりと

エアコンを早く使いたいという理由で、フィルターにまだ水気が残っているのに取り付けるのは絶対にやめましょう。
エアコンは電気製品です。内部に水が入るとエアコン自体が故障しかねません。しっかりと水分を蒸発させてから取り付けてください。

まとめ

エアコンを快適に使用するためには、シーズン前に加えて、使用中もなるべく月に1度のフィルター掃除を行いましょう。
フィルタークリーナーを使用すると簡単ですが、クリーナーが無くても、掃除機やシャワーとブラシだけでホコリを取り除けます。フィルターは優しく扱い、しっかり乾いた後で取り付けてください。
監修:高橋敬子
日本ハウスクリーニング協会 講師。
NPO法人日本ハウスクリーニング協会理事。 一般社団法人日本家事代行協会理事長。 一般社団法人日本整理収納協会理事。 株式会社ピュアレディス・ライフ代表取締役。 主婦が培ったスキルを活かしイキイキ輝く 女性の働く支援と働く場の提供のできる社会に 貢献するための活動をしている。 https://www.jhca.or.jp/school/koushi_prof_takahashi.html

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

クーラー掃除はここまでやればOK! 作業範囲と掃除方法まとめ

クーラー掃除はここまでやればOK! 作業範囲と掃除方法まとめ

この記事では、自分でできるクーラーの掃除方法に加えて、業者に頼んだほうが良い部分、業者の選び方も解説いたします。一人暮らしをしている学生の方で、自分でクーラー(エアコン)の掃...
とりぐら編集部・とり
2019.05.15
エアコンが不調ならまず室外機をチェック! 掃除だけでも改善するかも

エアコンが不調ならまず室外機をチェック! 掃除だけでも改善するかも

暑い夏や寒い冬の快適な暮らしに欠かせないエアコン。電源を入れてもなんだか効きが悪い、そう感じたらまずは室外機の状態をチェックしてみましょう。室外機が不調なときのチェックポイン...
とりぐら編集部・とり
2019.05.07
エアコンの嫌な臭いとおさらば! 自分でできるエアコン掃除方法

エアコンの嫌な臭いとおさらば! 自分でできるエアコン掃除方法

今回はエアコンから悪臭が出はじめたときの原因と対処法、普段からできることについてご紹介します。初めて一人暮らしをする際に重宝する家電のひとつがエアコンです。エアコンがあれば、...
とりぐら編集部・とり
2019.04.11
部屋干しのデメリットはエアコンで解決! 生乾きのニオイやカビを抑える活用法

部屋干しのデメリットはエアコンで解決! 生乾きのニオイやカビを抑える活用法

雨が何日も続いて洗濯物を外に干すタイミングが難しい梅雨時や花粉の時期など、洗濯物を部屋干しする機会は意外と多くあるものです。部屋干しにはいくつかデメリットがありますが、それを...
とりぐら編集部・とり
2019.09.14
エアコンの除湿と冷房はどう使い分ける? 一人暮らしの快適な夏のために

エアコンの除湿と冷房はどう使い分ける? 一人暮らしの快適な夏のために

今回は、エアコンの各機能をどう使い分けるのかを解説します。一人暮らし、蒸し暑い部屋。不快指数を少しでも下げたい……。そんな時、一番に活躍する冷房器具はエアコンです。 エアコ...
プロ家電販売員 たろっさ
2019.09.10

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり