2019年03月26日 更新

毛布を洗濯するときのキホンを確認。乾きにくい時期も衛生的に過ごそう

自宅で毛布を洗う場合の正しい洗濯の方法や、毛布を自宅で洗うことが難しい場合の洗濯方法について紹介します。毛布は寒い季節の必需品。毎日肌に直接触れるものだからこそ清潔さが気になりますね。実際、毛布には意外なほどホコリや雑菌が付着していたり、汗や皮脂で汚れていたりします。とはいえ、手軽に洗濯するには大きすぎたり、洗濯後乾きにくかったりして、なかなか頻繁には洗えないものです。毛布の洗濯方法に悩んだら、ぜひこの記事を参考にしてください。

毛布を洗うためのさまざまな方法についてご紹介してきました。洗濯表示を確認し、まずは自宅で洗えるものかどうか確認すると良いでしょう。

毛布は手軽に洗えない分、普通の洗濯物と比べて色々と手間や工夫が必要で、洗濯が大変そうに思えますが、いくつかのポイントさえ押さえておけば意外と気軽に洗えるものです。定期的にきちんと洗ってしっかり乾かせば、常に気持ちよく使い続けることができます。清潔な毛布で、寒い季節を快適に乗り切りましょう!
gettyimages (10322)

洗濯表示を確認しよう

まず、お手持ちの毛布が自宅で洗濯できるかどうかを確認します。洗濯表示タグを見て、洗濯桶のマークや手洗いのマークが書いてあれば、自宅で問題なく洗うことができます。
これらのマークがない場合、またはマークに×印が付いている場合には、クリーニング店に持ち込んで洗濯を依頼することになります。

洗濯機での毛布の洗い方

洗濯機のコースを確認

洗濯表示に洗濯桶のマークがあり、毛布がすんなり入るようであれば、毛布コースや手洗いコース、ソフトコースなどの弱水流コースで洗いましょう。
余裕があれば、洗濯する前に一回吊るし干しにして、表面のホコリや髪の毛を落としておくと良いでしょう。

洗濯槽に水が溜まったら、一旦洗濯機を止めて、毛布を上から両手で押しこみ、洗濯水にしっかり浸け込みます。その後は、引き続き通常の工程で洗濯機を回せばOKです。30℃程度のぬるま湯で洗ったり、1時間ほど浸けおきしたりすると、汚れ落ちがより良くなります。

毛布の洗濯に使う洗剤

洗濯に使う洗剤については、ほとんどの場合は通常の洗濯に使っている洗剤で大丈夫ですが、洗濯表示に「中性」と記載されている場合には中性洗剤を使います。

毛布の色合いが淡い色合いの場合、変色を防ぐために蛍光剤の入っていない洗剤を、濃い色合いの場合は色落ちを防ぐために漂白剤の入っていない洗剤をそれぞれ使うようにしましょう。
逆に白い毛布を洗うときには、漂白剤入りの洗剤を使うと、汚れやくすみが落ちて色合いが良くなります。
ちなみに、洗剤を水より先に入れことはやめましょう。衣類の上から洗剤を掛けると、上手く溶けきれない場合もあるからです。

柔軟剤を一緒に使うと肌触りが柔らかくなるだけでなく、静電気の発生も抑えられます。ただし、柔軟剤を使いすぎると、汗などを吸わなくなり寝心地が悪くなるので、適量で使うことを心掛けましょう。

なるべく毛布用洗濯ネットを使おう

gettyimages (10194)

毛布を洗濯機で洗うときは、洗濯ネットに入れることをおすすめします。
毛布をそのまま洗濯機に放り込んで洗濯を始めてしまうと、洗濯中に毛布が槽の中で偏り、毛布が傷ついたり、洗濯機が止まったりする原因になります。

ネットには毛布を屏風畳みにしてから丸めて入れ、水や洗剤がまんべんなく行き渡りやすくなるようにします。

干すときには生地の間隔が空くようにしよう

干し方ですが、そもそも毛布は乾きにくいことに加え、毛布を頻繁に使うことになる冬場は気温も低く、日照時間も短いため、さらに乾きにくくなります。

干すときには物干し竿を二本使って、毛布をM字型になるように掛けて干すと乾きやすくなります。
毛布の裾に割り箸を一本渡し、それを洗濯バサミで固定、毛布の生地同士の間隔を空けて干す方法もおすすめです。

製品によっては、直射日光に当てると色褪せしてしまうものもあるので、干し方のマークや注意書きを確認して、陰干しにするように書いてあるものは日陰や室内で干すようにしましょう。
gettyimages (10190)

自宅の洗濯機に入らないときは

毛布が大きすぎる、または厚みがあるなどで、自宅の洗濯機では洗えない場合には、お風呂場の浴槽にぬるま湯を張って手洗いしてみましょう。

お風呂場での毛布の洗い方

浴槽にぬるま湯を深さ15~20センチほど溜め、適量の洗剤を溶かして、そこにしっかり浸かるように毛布を入れて、手や足を使ってまんべんなく揉み洗いしていきます。
このとき、洗剤で浴槽の縁や底が滑りやすくなるので気を付けてください。

洗い終わったら浴槽の水を一旦抜いて溜め直すか、シャワーを掛けるなどして、きれいな水ですすぎを行いましょう。2~3回ほどすすぎを行ったら、全体的に足で踏むなどして水気を抜き、その後は浴槽の縁に毛布を掛けておいて、干す前に十分に水気を切りましょう。

干し方は洗濯機で洗った場合と同様です。

コインランドリーなら手軽に洗える

gettyimages (10192)

洗濯機でもお風呂場でも洗うのが難しい場合には、コインランドリーで洗うという方法もあります。自宅で洗うよりお金がかかり、店舗まで毛布を持っていく手間もかかりますが、その分さまざまなメリットも得られます。

コインランドリーの大型の洗濯機なら、家庭の洗濯機では手に負えない大きな毛布も洗うことができます。もちろん、どんな素材のものでも洗えるというわけではないので、事前に洗濯表示などを確認しておきましょう。

コインランドリーで毛布を洗う際の料金の相場は、店によって多少変わりますが、乾燥機の使用まで含めて1,000円前後。洗濯を始めてから乾燥が終わるまで1時間ほどですので、自宅で洗濯・乾燥するよりかなり早い時間で済ませることができます。

また、コインランドリーに設置されているような大型の乾燥機を使って乾燥させれば、雑菌やダニ対策にもなります。できれば洗う前に1度乾燥してダニを殺し、洗ってから再度乾燥させるのがおすすめです。アレルギー体質の人には特にそのようにすると良いでしょう。

まとめ

毛布は手軽に洗えない分、普通の洗濯物と比べて色々と手間や工夫が必要で、洗濯が大変そうに思えますが、いくつかのポイントさえ押さえておけば意外と気軽に洗えるものです。
定期的にきちんと洗ってしっかり乾かせば、常に気持ちよく使い続けることができます。清潔な毛布で、寒い季節を快適に乗り切りましょう!
監修:神崎健輔
白洋社クリーニングと宅配クリーニングネクシーという二つのクリーニングカンパニーに所属。 「洗濯ハカセ」を名乗り、日々ストイックに「もっと洗濯がキレイに楽にできる方法」を研究しながら培った知識をブログで発信中。 家庭での洗濯が上手になる方法や、クリーニングいらずの洗濯術などを公開しながら、テレビ、雑誌、ラジオとたくさんのメディアでも活躍中。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

一人暮らしに洗濯機はいらない? コインランドリーと洗濯機でコスパを比較してみた

一人暮らしに洗濯機はいらない? コインランドリーと洗濯機でコスパを比較してみた

これから一人暮らしを始める方のなかには「洗濯機は必要なのか?」と考える方もいるでしょう。洗濯機を購入した場合と購入しない場合を比較して、費用や手間の観点からそれぞれの違いをま...
とりぐら編集部・とり
2019.12.19
【基本編】全自動洗濯機の使い方。 一人暮らしで初めての洗濯も安心

【基本編】全自動洗濯機の使い方。 一人暮らしで初めての洗濯も安心

一人暮らしに向けて全自動洗濯機を買ったけれど、洗濯機の回し方や洗濯の手順に自信がない、という方は少なくありません。ここでは基本的な洗濯のやり方や、機能設定の方法を紹介します。...
とりぐら編集部・とり
2019.04.01
【2020年版】一人暮らしの洗濯機選びはサイズと機能をチェック。おすすめのメーカー&コスパの良い人気商品をご紹介

【2020年版】一人暮らしの洗濯機選びはサイズと機能をチェック。おすすめのメーカー&コスパの良い人気商品をご紹介

初めての一人暮らし。今回は生活タイプを元に理想的な洗濯機選びについて考えてみましょう。おすすめのメーカーや低価格商品をご紹介。また洗濯機を買わないのはアリ?という疑問まで解決...
とりぐら編集部・とり
2020.07.09
もう入らないと諦めないで! 家の隙間を使って収納力アップを叶えよう!

もう入らないと諦めないで! 家の隙間を使って収納力アップを叶えよう!

狭いし賃貸だから収納スペースが増やせないと諦めていませんか? その悩みは、突っ張り棒、フック、ハンガーといった収納グッズで解消可能。一人暮らしの強い味方になる収納アイデアを取...
sakko
2020.06.19
一人暮らしで知りたい!おすすめの洗濯洗剤と選び方

一人暮らしで知りたい!おすすめの洗濯洗剤と選び方

スーパーやドラッグストアにたくさん並んでいる洗濯洗剤。どれを選んだらいいのかわからないという人も多いのでは?ここでは、そんな洗濯洗剤を選ぶ際のポイントをご紹介します。
とりぐら編集部
2020.02.12

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた