2019年08月02日 更新

不用品買取サービスを利用して賢く処分! 業者選びのポイントも解説

簡単に捨てることのできない、家具や家電の不用品。引越しなどのタイミングで処分を考える人も多いのではないでしょうか。そんなときに利用したいのが、不用品買取サービスです。この記事では、不用品買取サービスごとの特徴やメリット、注意したいポイントについてご紹介します。

家具や家電などの不用品はどのように処分する?

gettyimages (22877)

必要のなくなったものを処分する手段は、いくつかあります。ここでは、4つの手段に分けて解説します。

自治体の粗大ごみ回収サービスで処分する

不用品買取サービスを利用せずに捨てられる不用品であれば、燃えるゴミや燃えないゴミ、資源ごみなどに分けて、自治体のゴミ回収に出すのが1番簡単です。しかも、費用がかかる処分のなかで1番安くすませることができます。

ただし、粗大ゴミの場合は回収を依頼するために処理券を購入し、回収の依頼を申請し、自力で家の外へごみを運搬する必要があるため、手間がかかります。また、家電リサイクル法対象の電化製品「冷蔵庫」「テレビ」「エアコン」「洗濯機」などは、粗大ごみとして出せないので注意しましょう。処分の仕方は自治体によって異なるので、利用する際には自分が住んでいる自治体に確認する必要があります。

知人や友人などにゆずる

粗大ごみを捨てるにはお金がかかりますし、家電リサイクル法対象物は捨てることができません。そこで、知人や友人にゆずるのもひとつの手です。必要としている人にゆずることで感謝されますし、無料で不要品を処分ができるのがありがたいところ。ただし、欲しい人が見つからない場合は、なかなか処分ができないというデメリットもあります。そんなときは、フリマアプリなどの譲渡サービスを利用する方法もあります。

ネットオークションやフリマアプリで売る

最近ではネットオークションやフリマアプリを利用して、不用品を処分する人が増えています。不用品をお金に変えられるので、引越し資金の足しにすることもできます。ものによっては、使用できないジャンク品でも売れることもあり、幅広いものが処分できるうえ、金額を自分で設定するできることがメリットです。ただし、写真撮影や商品説明の文章を作成する手間、売れるまでに時間がかかるというデメリットもありますので、すぐに現金化したい場合には向きません。

不用品買取サービスや回収業者に依頼する

不用品を家の外に出したり、写真を撮ったりする手間がなく、電話やネットでの申し込みで引き取りに来てくれるという手軽さがあります。とても便利なサービスですが、買取判定が厳しいというデメリットもあります。製造年の新しいもの以外は、使える・使えないに関わらず有料での引き取りになる場合が多いので注意が必要です。

不用品買取サービスごとの特徴と選び方

gettyimages (22880)

不用品買取サービスの業者もさまざま。不用品の内容や量によって、利用するお店を使い分けるとよいでしょう。

例えば、

  • 高値で売れそうな商品は買取専門店
  • 大量にあってすぐに処分したい場合はリサイクルショップ
  • 持ち運びができない場合やお店で買取してくれないものは不用品回収

といった考え方です。

不用品買取サービスを利用する前に、不用品を確認して、自分に合った業者を見つけましょう。

買取専門店

買取を専門とする業者なので、適正価格で買取ってくれます。特に高級品やブランド品、コレクション品を専門とする買取店が多く、高値での買取が期待できます。基本的な利用方法はネットや電話での申し込みとなります。最近では、一括査定で買取価格などを比較できるサイトもありますので、買取額の料金相場を調べたいときに使用するとよいでしょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップは幅広い商品を取り揃えています。そのため、買取ってもらえるかどうか心配な不用品も買取OKな場合があります。しかし、家具家電など頑張って持ち込んでも買取してもらえずに、持ち帰らなければいけない場合もあるので注意が必要です。品目や品数によって、自宅まで引き取りに来てくれるリサイクルショップもありますので、電話で事前に買取可能な品目か、自宅に引き取りに来てくれるかなどを確認しましょう。

不用品回収業者

不用品回収業者は、急いでいるときや時間がないときに搬出・梱包を行ってくれるので大変便利です。その分、料金が高くなってしまうことがありますので、しっかりとしたホームページのある業者や明確な料金表のある業者など、信頼できるところに依頼することをおすすめします。

引越し業者

引越しのタイミングで処分を考えているなら、引越し業者に処分を依頼するのもよいでしょう。引越し当日まで不用品を使用できますし、まとめて処分をしてくれるいったメリットがあります。しかし、引越し当日に不用品の処分を依頼しても、受けられない可能性が高いので事前に依頼しておくことが大切です。引き取り料金が無料の業者や買取を行う業者もありますので、依頼するときに確認しましょう。

不用品回収サービスの業者選びはここに注意!

gettyimages (22881)

不用品をまとめて処分するのに重宝する不用品回収サービスの業者ですが、中には悪徳業者もいます。トラブルに合っている人も多くいますので、下記のチェックポイントをしっかりと確認して、不用品回収サービスの業者選びを行いましょう。

行政認定の許可を持っているかチェック

古物商または一般廃棄物処理業の許可を持っていない業者は、悪徳業者の可能性があります。ホームページや口コミなど実績がある業者を選ぶようにしましょう。

「無料」の回収業者は違法の場合も

街中をトラックで走りながら、無料の廃品回収を謳う業者がいます。無料だと思って不用品の回収を依頼すると、回収が終わったあとに料金を請求してくる悪質な業者もいます。近年、無料だと思って大きな家電を外に持っていったら、有料と言われて泣く泣く料金を払ってしまったという問題が相次いでいます。無料を謳っているとはいえ、このような業者を選ばないほうがよいでしょう。また回収されたものが不当投棄された場合、最終的には元の持ち主に責任が及ぶ可能性もありますので、注意しましょう。

まとめ

不用品買取サービスの業者はさまざまですが、学生にとって不用品をお金に変えてくれるサービスはありがたいですよね。また、引越しのときはものがたくさんあると荷造りも大変です。そんなときは、上手に不用品買取サービスの業者を活用して不用品を処分し、荷物を減らしてから荷造りをするとよいでしょう。
監修:高橋洋介
株式会社alife 代表取締役 
主に遺品整理や不用品回収などを行う「総合便利サービスにじいろ」を運営 作業実績年間600件以上

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

一人暮らしに欠かせない必需品とは? 家具・家電・日用品リストと費用

一人暮らしに欠かせない必需品とは? 家具・家電・日用品リストと費用

一人暮らしの新生活でそろえたい家具家電製品から日用品までをまとめてご紹介!「引越しまでに準備しておくもの」「あれば便利なもの」「引越し当日から使うもの」の3つのシーンに分けて...
とりぐら編集部
2021.10.08
1LDK北欧系インテリア。賃貸物件を選ぶときに気を付けるポイントとは?

1LDK北欧系インテリア。賃貸物件を選ぶときに気を付けるポイントとは?

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1LDKに暮らすriom_roomさん。インテリアのテーマはナチュラルで大人っぽい部屋。ウッド系や茶色、ベージュ系で色味をそろえ...
とりぐら編集部
2021.09.07
一人暮らしに必要なアンペア数は? 電気代節約のために仕組みを知ろう!

一人暮らしに必要なアンペア数は? 電気代節約のために仕組みを知ろう!

一人暮らしの生活に必要なアンペア数はどのくらい? 一人暮らしに最適なアンペア数や料金プラン、電力会社の決め方など、電気代節約に繋げるポイントを解説します!
とりぐら編集部
2021.07.12
ソファーベッドの寝心地や使い勝手はいい? 一人暮らしにおすすめの商品3選

ソファーベッドの寝心地や使い勝手はいい? 一人暮らしにおすすめの商品3選

1台で何役もこなしてくれるソファーベッドは、スペースが限られた一人暮らしの部屋の心強い味方です。そんなソファーベッドのメリット・デメリットや選び方、おすすめの商品などをご紹介...
とりぐら編集部
2021.07.11
初めての一人暮らしは不安? よくある不安の解消方法を悩み別にまとめました!

初めての一人暮らしは不安? よくある不安の解消方法を悩み別にまとめました!

初めての一人暮らしは、さまざま不安がつきもの。この記事では、一人暮らしにまつわる不安を、ジャンル別にまとめました。家探しから経済的な問題、家事、近隣トラブル、寂しさまで。不安...
とりぐら編集部
2021.07.10

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ