2019年10月14日 更新

一人暮らしの質を高めるためのアイデア5選

この記事では暮らしをより楽しくするためのアイデアについてご紹介します。一人暮らしの時間をより充実させたいと考えている人も、これから一人暮らしをはじめようと思っている人も、今よりさらに楽しい暮らしができるようなヒントをお届けできればなと思います。

憧れの一人暮らし。一人暮らしをはじめる前は部屋でゆっくりする時間を作ろうと想像していたけれど、実際に始めてみると平日は毎日家と学校や職場の往復、お休みの日はダラダラとしているうちに1日が終わってしまうなど理想と程遠い生活をしている方も多いのでは? 毎日同じような日々でつまらない・・・そんな日々を過ごしている方でも部屋での過ごし方が変われば家に帰るのが楽しみになるかも。
今回は一人暮らし歴4年で現在は毎日暮らしについて発信してるnkenが暮らしを楽しむために活用してるアイテムについてご紹介致します。

ルームスプレーで寝るときのひとときの癒しを

部屋のにおいが気になるとどんなにおしゃれな部屋で生活をしていても台無しになってしまうことも。おしゃれでワンランク上の暮らしを目指すなら部屋の香りにも気を使うことをおすすめします。

そんなときに便利なのがルームスプレー。ルームスプレーには消臭効果、リラックス効果、抗菌・除菌効果が備わったものもあり、万能。一人暮らしに取り入れたいアイテムのひとつです。

我が家は機能性より香りを重視して一番気に入ったAesopのルームスプレーに決めました。

寝る前にベッドにワンプッシュして心地のいい空気に囲まれた状態で朝を迎えるようにしています。
部屋の香りを演出するものとしては芳香剤やお香などがあげられますが、長時間同じ香りを嗅ぐのは苦手な方にルームスプレーはおすすめです。
ルームスプレーなら30分~1時間ほどで香りが飛ぶので一時的に香りを楽しみたい方にピッタリだと思います。

お香を焚いて今夜はちょっと贅沢な気分に

家に帰ったらゆっくりとくつろぎたい人にはお香がおすすめ。
お香は仕事や家事など少しずつたまっていく疲れを癒してくれます。敷居が高いように感じますが1本100円から売っていて、今やルームフレグランス代わりにお香を炊く人も少なくありません。価格も安く種類も多いのでその時の気分で取り入れることができます。

反対にお香のデメリットは、ものによって身体に有害なものもあることや、賃貸だと壁が変色する可能性があるところです。
購入時に店員さんに確認をとった上で買うことをおすすめします。

我が家は金曜の夜に映画を見る習慣があるので、見る前にお香を焚いています。お香で、リラックスでき、鑑賞時間の充実感がぐっと高まります。

リラックスしたいとき、お香を暮らしに取り入れてみませんか?

食器にこだわって毎日の食事を豊かに

食器にこだわると自炊するようになり、料理上手になれたり、節約にもつながります。
以前まで我が家では食器には無頓着で統一感はありませんでした。
しかし食器にこだわるようになってから料理が楽しくなったのです。
食器にこだわると毎日の食事の時間が楽しくなり、日々の暮らしが豊かになります。
食器ひとつで料理の味が変わるといっても過言ではないくらい食器は私にとっては大事なアイテムです。

私の食器選びの基準は電子レンジ対応可能かどうかと色で選んでいます。
購入先はイケアが多いです。イケアは1枚1,000円以下とリーズナブルでかわいらしい食器が多いので一人暮らしで、食器にそこまでお金をかけられない方におすすめです。

プロジェクターで大迫力の映画鑑賞

部屋で映画館で見るような迫力のある映像を見ることが出来れば1人暮らしの質はぐっと高まります。プロジェクターはピンキリなのでお金をかければ映像、音質は高くなり、映画鑑賞の時間が楽しくなります。

我が家はAmazonで売っている1万円のものを購入しました。
安いプロジェクターでも1K6畳だと十分すぎるクオリティに満足して、週末の映画鑑賞の時間を楽しく過ごしています。
壁から一直線に投影して約70インチです。
部屋がもともと白壁だったのでスクリーンは不要で、画質に問題はありません。

明かりを真っ暗にしないときれいに映らないので見られるのは夜限定になりますが、1人ではもちろん友人や恋人と部屋で大画面の映画が見れると、普段以上に特別な時間になります。

間接照明でカフェのようなくつろぎを。

間接照明は光を壁や天井などにあてて、その反射した光を活用するものでお部屋を大人っぽく、ムードある空間にしてくれます。
そんな間接照明にはたくさん種類があって選ぶのが難しいですが、どのようなシーンでどんな雰囲気で見せたいかを明確にすることで間接照明選びは簡単にできます。
我が家では寝る前のまったりタイムにYoutubeを見たり、友人と電話をしています。

真っ暗だと目に良くないことも間接照明の明かりがあることで落ち着いた気分でリラックスできるのが寝床に間接照明を置くいい点だと思います。

部屋全体がほのかに映し出せる光が欲しい方は床置きのスタンドライトをおすすめします。

おしゃれな部屋にはかならずある間接照明を取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

マンネリしてきた一人暮らしも工夫ひとつでさらに楽しくなるものです。おしゃれに暮らしを楽しんで、周りから羨ましがられるようなライフスタイルを送りましょう!
一人暮らしの質を高めたい方、是非参考にしてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

クールでモダン! コンクリート打ちっぱなしのよさを活かした1K

クールでモダン! コンクリート打ちっぱなしのよさを活かした1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、8畳の1Kに暮らす___.lacq.___さん。モダンなコンクリート打ちっぱなしの部屋を、センスよくおしゃれなインテリアで...
とりぐら編集部
2021.08.30
どんな道具があればいい? ひとり暮らし自炊 、これだけあればOK!【一人暮らしのゆるっとレシピ 番外編全5回 Vol.3】

どんな道具があればいい? ひとり暮らし自炊 、これだけあればOK!【一人暮らしのゆるっとレシピ 番外編全5回 Vol.3】

Instagramやとりぐらでのレシピ連載も大人気! “おえかきレシピ”で話題のもちさん。 今回は番外編として2021年8月26日発売のもちさんの書籍『ゆとりOLの毎日はなま...
もち
2021.08.26
まるでアンティークショップのよう! 癒し系韓国インテリアのお部屋づくり

まるでアンティークショップのよう! 癒し系韓国インテリアのお部屋づくり

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、7畳1Kに暮らすroom.k.6さん。テーマは「ナチュラル×アンティーク×韓国インテリア」。写真も参考に、お気に入りのアイ...
とりぐら編集部
2021.08.10
海外アパートメントがコンセプトの、個性が光るワンルーム

海外アパートメントがコンセプトの、個性が光るワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、関西地方のワンルームに暮らすcha_so_さん。海外アパートメントの雰囲気を目指したインテリアは、どこを切り取っても映画の...
とりぐら編集部
2021.08.02
照明やハンドメイド作品を楽しむ、温かみある1DK

照明やハンドメイド作品を楽しむ、温かみある1DK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、築34年の1DKに暮らすmumu_room_さん。黄×白×茶色の構成のインテリアが素敵な部屋です。写真も参考に、お気に入り...
とりぐら編集部
2021.07.08

この記事のキーワード

この記事のライター

エヌケン エヌケン

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ