2021年01月08日 更新

とことん話して一緒につくる「アオゾラカグシキ會社」のオーダー家具で、「あったらいいな」を形にしよう

オーダー家具や木の小物を扱う「アオゾラカグシキ會社(アオゾラカグシキガイシャ)」。色味が優しく、触り心地のよい無垢材を使用し、世界にひとつだけの家具を生み出しています。今回は無垢材やオーダー家具の魅力のほか、一人暮らしの方におすすめしたいアイテムについて聞いてきました。

「お部屋のサイズと自分の好みにぴったりな家具が欲しい」と思っても、なかなか見つからないことってありませんか? そんな方におすすめなのが、「アオゾラカグシキ會社(アオゾラカグシキガイシャ)」でつくるオーダー家具です。「オーダー」と聞くとちょっぴり緊張しちゃいますが、お店は自分の部屋に帰ってきたかのようなほっこりとした雰囲気なので、そんなに身構えなくて大丈夫! アットホームな店内のこだわりやお店を始めたきっかけについて、さっそく代表の友繁さんに教えてもらいました。
アオゾラカグシキ會社 代表 友繁 康さん

アオゾラカグシキ會社のはじまりは「オーダー家具を身近にしたい」という想い

友繁さんが家具作りをはじめたのは、家具製作の職業訓練校に通っていたとき。私たちが普段目にしている家具の多くは、木くずなどを固めた芯材のまわりに、化粧板を貼ったものであることを知ったそうです。材料費が安く、量産しやすいというよさがあるのですが、木そのもののよさを活かすという面では、切った木をそのまま使ってつくる無垢材の家具が適しています。友繁さんはその点に惹かれ、無垢材を好むようになりました。
友繁さん

無垢材の魅力は、ひとつとして同じものがないということです。木目に個性があるのはもちろんのこと、経年変化で雰囲気のある色味に変わってきます。

職業訓練校を卒業した後は、オーダー家具をつくる会社に就職した友繁さん。11年間勤めたのち、独立してアオゾラカグシキ會社を立ち上げました。独立の裏には「オーダー家具を身近にしたい」という想いがあったといいます。

実際、オーダーメイドには「敷居が高い」「値段が高い」「手間が掛かりそう」というイメージがありませんか? アオゾラカグシキ會社には、そんなハードルの高さを払拭するような工夫がたっぷり散りばめられているんですよ。

目指すは町の家具屋さん

まず友繁さんがこだわったのは、アオゾラ“カグ”シキ會社という名前と、駅から歩いて2分というアクセスのよさ。看板をパッと見ただけで家具屋さんだと伝わってほしい、駅近にすることで誰でも来やすいお店にしたいという想いがあったといいます。そして、下町特有のあたたかさが残る町にお店を構えることにも、友繁さんのオーダー家具に対する想いがありました。
友繁さん

商店街の魚屋さんや八百屋さんみたいな家具屋さんにしたかったんです。魚や野菜を買うときに「どうやって料理したら美味しいですかね?」と相談するような感覚で、オーダー家具の相談に来てほしいと考えました。

そうして清澄白河にオープンした「アオゾラカグシキ會社」。店内にはオーダー家具を中心とした、無垢材の商品がずらりと並びます。

オーダー家具が持つ一番の魅力は、それぞれのお部屋にぴったりなサイズ感の家具が必ず手に入るということ。そしてもちろん、オーダーメイドの家具はひとつとして同じものはありません。「あったらいいな」と抱いた理想がかたちになるうえ、他の誰も持っていないだなんて、なんだかワクワクしちゃいますね!

アオゾラカグシキ會社が考える「オーダー家具をつくるうえで欠かせないポイント」は?

では一体、アオゾラカグシキ會社のオーダー家具はどんな特徴があるのでしょうか。オーダーを受ける際に大切にしているポイントを、友繁さんに教えてもらいました。

なんてことない会話をヒントに理想の家具をつくりあげる

オーダー家具をつくるうえで友繁さんが最も大事にしているのが、注文を受ける際の”会話“だといいます。「あそこに置くあれが欲しい」「こういうものをつくってほしい」という具体的な希望はもちろん、ぼんやりとしたイメージを伝えるだけでも大丈夫。ときには家具とはまったく関係のない話をすることもあるんだとか! 実はこれが「ほしい」を叶える秘訣なんです。
友繁さん

会話を通じて、お客様が普段どんな暮らしをしているのかを想像するんです。そのイメージをもとに、実際にお部屋に置いたとき、よりその暮らしにフィットするような家具をご提案しています。

友繁さん

「レコードプレーヤーとスピーカーを置くスペース、それから今聞いているレコードを前に立てかけられるような棚を作ってほしい」という要望から誕生したレコード棚です。「これを入れたい」「あれも入れたい」という話を経て、より使いやすいものにするために、棚の上部に引き出しを設けたり、真鍮の取っ手を付けたりしました。実はこれを納品した後、「今までと音が全然違う!」という嬉しい感想をいただいたんです。無垢の木の棚にスピーカーを置くと、ほどよく音が反響するみたいで、思わぬ副産物にお客様と盛り上がりました。

「シンプル」×「丁寧」が、ずっと使い続けたくなる家具の秘訣

使いやすいだけではなく、飽きのこないシンプルなデザインなのもアオゾラカグシキ流! 派手な装飾が施されていないので、一時の流行に流されることがありません。模様替えをしてテイストを変えたいと思ったときにも、年齢を重ねて趣味が変わったときにも、ずっと使い続けることができます。

青空ソファ CHERRY 185,900円/WALNUT 195,800円

アオゾラカグシキ會社では、さまざまな定番家具も取り扱っています。こちらのひとり掛けソファもそのうちのひとつ。何歳になっても使えるデザインだからこそ、ちょっとだけ奮発して一生ものの椅子にするのもいいですよね! 年月が経つと1~2mm広がることのある木の特徴を考慮して、長さや厚さ、縦横の比率が微調整されていたり、さらにはひじ掛けの角が落とされていたり、長年家具製作に携わってきた友繁さんならではの工夫もたっぷり詰まっています。

「一切の無駄を感じさせないシンプルさ」と、「きちんと手間がかかっていることを感じる丁寧さ」。この2つが共存しているからこそ、360度どこから見てもうっとりする仕上がりになっているんですよ。
友繁さん

無垢材の家具って、使っているうちに入る傷がいい味を出したり、手の油が付くことでだんだんとツヤが増したりします。そして、そういった味と呼ばれるものが、経年変化によるいい色味の変化にもつながっていくんです。そのよさを味わってもらうためにも、アオゾラカグシキ會社の家具は、長く使うことを見越してつくっています。皆さんにも家具を選ぶときには、壊れない・丈夫という条件に加えて、長く使い続けたくなるかどうかを考えていただければと思っています。

木のぬくもりを生活に取り入れてみよう!

高価な家具を1からオーダーするのは、かなりの勇気がいるもの。「思い通りの家具ができあがらなかったらどうしよう」とドキドキする人も多いのではないでしょうか。しかしアオゾラカグシキ會社の定番家具なら、そんな心配はいりません。気に入ったデザインの家具を選んで、サイズを自由にオーダーする形式なので、気軽にチャレンジすることができますよ。今回はそのなかから、一人暮らしの方に特におすすめの商品を教えてもらいました。

一人暮らしのお部屋を広々使える、月のローテーブル

月の満ち欠けをモチーフにしたおひとり様用ローテーブル。一見すると月のように円盤の一部が欠けていますが、それを補うような形で下に棚が付けられているため、上から見ると満月に見えるデザインなんです。ごはんを食べたり、ちょっとした作業をしたり、小さめサイズだからこそ一人暮らしのお部屋で大活躍しそう。

月の座卓 CHERRY 68,200円/WALNUT 72,050円

友繁さん

オシャレなグラスを置いた洋風のお部屋にも、畳が敷かれた和風なお部屋にも馴染む万能アイテムです。

木目がかわいいコンソールテーブルは、ドレッサーにも変身可能!

テーブルの脚に入ったナラ材特有の木目がおしゃれなコンソールテーブルです。小物やお花を飾るのに使うのはもちろん、ちょうどいい高さの椅子と鏡を置けば、あなただけのドレッサーに早変わり! 毎日使うものだからこそ、おしゃれで便利な空間にしておきたいですよね。

楢コンソール NARA 136,400円

友繁さん

引き出しの数はもちろん、高さや仕切りも自由にオーダー可能。愛用の化粧品サイズにぴったりなドレッサーをつくることができます。

セミオーダーフレームでいつものお部屋をちょっとだけ変身

高価な家具はまだ手が出ない……でもせっかくならオーダーを体験してみたい……そんな方におすすめなのが、セミオーダーのフレームです。中に飾るものを伝えれば、ちょうどいいサイズのフレームを作ってもらうことができます。ちょっと寂しいと感じるお部屋も、これを壁にかけるだけで、なんだかセンスのあるお部屋に見えるかも!

セミオーダーフレーム 4辺の合計(cm)×132円

友繁さん

フレームだけでも木目や色味の変化は十分に味わえるので、無垢の木を生活に取り入れる第一歩としてぴったりだと思います。お気に入りの柄の布や思い出の写真を入れて、自分なりのアイデアで楽しんでみてください。

町の“おすすめ”をヒントに、私の“お気に入り”を見つけよう

お部屋を一気にアップデートするのは、なかなか大変。そんな方に友繁さんがおすすめしているのが、「一か所からはじめること」だといいます。
友繁さん

場所でもものでも、何かとびきりの“お気に入り”をつくって、それを引き立てるためにどうしたらいいかを考えるんです。オーダーメイドのチェストがあったら、それを引き立てる花を置いたり、大事にしているデスクがあったらその周りをピカピカにしたり、どこか一か所からはじめてみるのがいいと思います。

「そもそも“お気に入り”が見つからないという方は、どこか好きな町を見つけて、その町にあるお店の店員さんに話しかけてみてほしい」と友繁さんは続けます。
友繁さん

店員さんに話しかけてみると、「あのお店はいいものがそろっているよ」「あそこの紅茶はおいしいよ」「あの喫茶店、すごくおしゃれだよ」というふうに、その街のおすすめ情報が集まってくるはずです。それらをヒントに家具や紅茶などといった新たな“お気に入り”を見つけたり、おすすめされた喫茶店の内装を真似てみたりして、自分のお部屋をもっと心地いい空間にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

「こんなのがほしい」とオーダーしに行くもよし! ふらっと立ち寄って小物やお店の雰囲気を楽しむのもよし! アオゾラカグシキ會社では、誰もが楽しい時間を過ごすことができます。オーダー家具はちょっと緊張しちゃうなんて方も、友繁さんと話して、悩んで、一緒にオーダー家具をつくる経験をしてみませんか? 自分が一番使いやすい家具をお部屋に取り入れて、毎日を楽しく暮らしやすくしましょう。

取材協力

アオゾラカグシキ會社 「清澄白河」直営店

【住所】東京都江東区清澄3-10-4
【TEL】03-3642-2470
【営業時間】土日12:00〜17:00営業(平日は予約制)

ショップ情報へ

インスタグラムへ

※価格はすべて税込み
※商品は数に限りあり、完売する場合もあります
※この記事は11月時点の内容です
※営業日や営業時間は変更となる場合があるため、お出かけ前に公式サイトにてご確認ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

リーズナブルなのに心が満たされる「NOCE」の家具。自分の目で見て触れてみて。

リーズナブルなのに心が満たされる「NOCE」の家具。自分の目で見て触れてみて。

300点以上のソファを中心に、北欧、カフェ、ブルックリンなどさまざまなスタイルの家具を豊富に取り揃えているインテリアショップ「NOCE(ノーチェ)」。今回は浅草蔵前店店長の五...
とりぐら編集部
2020.12.28
今の暮らしをちょっと見直すきっかけに。自然の美しさを感じる「SERVE」の家具に触れてみて

今の暮らしをちょっと見直すきっかけに。自然の美しさを感じる「SERVE」の家具に触れてみて

オリジナル家具ブランド「SERVE(サーブ)」。店主の佐和田さんが、国産のメープル材「イタヤカエデ」に一目惚れして以来、メープル家具の専門店として歩み続けています。そんなSE...
とりぐら編集部
2021.03.22
100年前の家具を実用使いに!「GEOGRAPHICA」ではじめるイギリスアンティーク家具

100年前の家具を実用使いに!「GEOGRAPHICA」ではじめるイギリスアンティーク家具

深みのある色とツヤのあるアンティーク家具、曲線の美しい照明などが4フロアにわたり展示されている「GEOGRAPHICA(ジェオグラフィカ)」。イギリスで代々受け継がれてきた家...
とりぐら編集部
2021.03.17
木漏れ日のようなやさしい光。自然をテーマにした「DI CLASSE」の照明でリラックス空間を手に入れよう

木漏れ日のようなやさしい光。自然をテーマにした「DI CLASSE」の照明でリラックス空間を手に入れよう

日々の暮らしはほとんど照明と共に過ごしているのに、お部屋の照明にこだわっている人は意外と少ないのでは? 今回は、灯すだけでリラックスできる照明を数多く扱う「DI CLASSE...
とりぐら編集部
2020.12.24
【吉祥寺エリア】おすすめインテリアショップまとめ

【吉祥寺エリア】おすすめインテリアショップまとめ

とりぐらがおすすめする吉祥寺エリアのインテリアショップをまとめました! これを見てぜひインテリアショップ巡りをしてみませんか? 自分だけのお気に入りの1点が見つかるかも♪
とりぐら編集部
2020.12.03

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ