2019年08月12日 更新

プロが教える! ポスターをセンス良く、効果的に飾る3つのポイント

なんだか壁がさみしい! 手軽に模様替えをしてリフレッシュしたい! そんなときに活躍するのが、ポスター。1枚飾るだけで部屋の雰囲気をがらりと変えてくれる便利なアイテムなだけに、取り入れ方にもこだわりたいですよね。そこで今回は、飾る場所や飾り方によって異なるポスターの魅力を一挙紹介します!

@mm.musica7 Instagramより

@mm.musica7 Instagramより

ポスターは存在感があるだけに、商品そのもののセレクトはもちろん、空間への取り入れ方も重要になってきます。そこで今回は、ルームコーディネーターの瀧本真奈美さんと、実例をみながらポスターの飾り方やフレームの選び方を学びます。おすすめのフレームやアートポスターも要チェックですよ。
クラシング代表 瀧本 真奈美さん 整理収納コンサルタント/ルームコーディネーター

整理収納コンサルタント、暮らしのコーディネーターとして県内外で活動中。 書籍3冊を出版、インテリア誌他の雑誌掲載は100冊の実績、SNS総フォロワーは15万人を超える。
NHKあさイチなどテレビなどにも多数出演。
4冊目となる著書[あなたを苦しめるものは、手放していい ― めざすのは、体も心もラクな暮らし」(主婦の友社)が2019年9月13日発売予定。

WEB:https://www.kurashiing.com/
Instagram:https://www.instagram.com/takimoto_manami/

まずポスターを飾る目的を考えよう

壁にアクセントをもたせたいときは、ポスターをフレームに入れることで空間が引き締まるし、好みの絵柄だから飾りたいときはポスターそのものを直接壁に貼ることで、空間になじませながら楽しめます。ポスターを飾る目的によって飾り方を選びましょう。

フレームを使って空間にメリハリを

フレームは太さや奥行きなどさまざまな形がありますが、壁にかけるときにおすすめなのは幅の細いタイプ。フレーム自体が主張し過ぎないため、ほかのインテリアになじみながら空間のアクセントに! フレームの色によっても部屋の雰囲気が変わります。

白系色のフレーム

白系のフレームは、壁と同化するので清潔感のある雰囲気に。
@akko.1221 Instagramより

@akko.1221 Instagramより

北欧らしい心和む構図のポスターを、北欧インテリアのスタイリングに取り入れたこちらの部屋。シンプルな色彩ながらダイナミックに描かれた「洋なし」で、存在感のあるデコレーションを楽しんでいます。こちらのポスターはノルウェーを拠点とするデザイン・スタジオ「ダーリン・クレメンタイン」のもの。

黒系色のフレーム

黒系色のフレームはポスターと壁のメリハリをしっかりとつけたいときに。モダンな印象もアップします。
@ellie_myk Instagramより

@ellie_myk Instagramより

部屋全体をモノトーンのインテリアでそろえたシックな空間に、タイポグラフィやグレートーンのアートポスターがインパクト大! サイズの異なる複数の黒のフレームやアイアン家具など直線的なアイテムで、空間が凛とした佇まいに。
このほか、一歩先のおしゃれ感を楽しみたいなら、今年注目のゴールドカラーがおすすめ。シルバーをチョイスすると、シンプルながらやや高級感を演出してくれます。

壁に直接貼ってナチュラルな印象に

ポスターそのものを壁に貼ると紙の風合いがじかに伝わるため、空間がナチュラルな印象に。あとからきれいに剥がしやすい壁紙用両面テープ、ソフト粘着剤、針穴が目立たないピンなどを使って固定しましょう。
@kkk___ie Instagramより

@kkk___ie Instagramより

収納かごや木製テレビラックの自然素材とマッチする、シックなブランカラーのアルテック社ポスターがかえって新鮮な印象のこちらの部屋。紙の質感そのままに伝わってくる直貼りの飾り方がこの部屋の雰囲気にぴったりですね。

飾る場所は、ぽっかり空いたスペースに

ベッドのうしろやチェストの上など、ぽっかり空いたスペースにお気に入りのアートがあったら…? 理想のイメージを膨らまして、真っ白な壁を自分らしく飾りましょう。

まずは「壁掛け」を考えてみる

ポスターを飾る場所としてまず浮かぶのが「壁」。最近では、壁を傷つけずに設置するための専用アイテムが豊富なので賃貸でも気軽に楽しめます。
@nonchi.mongeeeee Instagramより

@nonchi.mongeeeee Instagramより

大きく空いた壁に「HELLO」の文字をウッドフレームでデコレーションしたこちらの部屋。視界に入ったときにポジティブな気持ちになれそうですね。フラットなタイプのフレームを選んだことで、ポスターの存在感がほどよく打ち出されています。

立てかけるときは安定感をもたせて

生活の目線に合わせて、フレームに入れたポスターを床や低めの棚の上に置くのもいいですね。壁に立てかけたときに安定感が出るようフレームは奥行きのあるタイプを選びましょう。床に置く場合は少し高さのあるものを選ぶと存在感が出ます。フレームの素材によっては家具や床を傷つけてしまうこともあるので底面にクッションを貼ったり、ラグの上に置いたりするなどの配慮も忘れずに。
@sarami_i Instagramより

@sarami_i Instagramより

こちらの部屋は、モノクロのアートポスターをサイズ違いで床置きに。それぞれポスターは2mm厚のパネルに貼り付けて湿気対策を万全にしてからフレームに入れているそう。水回りと居住空間が近い一人暮らしの部屋で、お気に入りのアートを長く楽しむためのコツ、参考にしたいですね。

ポスターデビューにぴったり! おすすめアイテム

ポスターひとつで、こんなに空間が変わるなんて! そんな魅力満載のポスターをまずは実際に取り入れてみて! 一つ目にぴったりのフレームとポスターを紹介します。

ポスターフレーム

フレームは、色や素材によって空間にもたらす雰囲気ががらりと変わります。ナチュラルな空間には、自然素材のそぼくな風合いのものもおすすめです。


フレームまわりに影をつくりだす立体的なフレームが特徴。ゴールドカラーが今年らしく、とってもおしゃれ。


棚や床に置いて壁に立てかけるときは、フレームに奥行きのあるものを選んで。こちらの商品は奥行約1.9㎝もあるので、たわむ心配がなく安定感もばっちり。
無垢材のやさしい風合いが魅力のアンティーク調フレーム。サイズ違いでそろえても◎。

アートプリントポスター

ポスター選びに悩んだら、通販サイトをチェック! ここではほんの一部を紹介します。
モダンなデザインやタイポグラフィなど独特の世界観で人気のポスターシリーズ。シンプルながら空間にインパクトを与えてくれます。
グリーンを飾るように、空間にボタニカルアートはいかが? 四季折々の植物に模様替えをしてもいいですね。
こちらはトップモデルのモノクロポスター。あこがれのトップモデルの写真を飾ったら、おしゃれにもより気合が入りそう!

まとめ

部屋の雰囲気をがらりと変えてくれるポスターの楽しみ方をご紹介しました。 ポスターとフレームの組み合わせはもちろん、ポスターの周辺にある小物トレイやクッションカバーやラグなど、インテリアアイテムとのコーディネートも楽しんでくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

この記事のライター

とりぐら編集部・ぐら とりぐら編集部・ぐら