2019年11月19日 更新

北欧インテリア雑貨の「ソストレーネグレーネ」。特徴的なオリジナルの世界観を楽しもう!

北欧のインテリア雑貨を扱うお店ってたくさんありますが、オリジナリティーあふれる「ソストレーネグレーネ」というお店を知っていますか?プチプラでデザインがかわいいだけじゃない、こだわり満載の世界観を一緒に覗いてみましょう!

今回は、表参道店に行ってきました。さっそく、お店づくりのこだわりや商品をご紹介します。

ソストレーネグレーネってどんなお店?

ソストレーネグレーネは、インテリア雑貨をはじめ、ステーショナリー、ギフトラッピング、クラフト用品、キッチン用品、さらには画材といったアイテムまで幅広く取り扱っている北欧ライフスタイルショップです。1973年デンマークのオーフスという街で生まれ、今では世界14か国、236店舗を展開しています。

アンナとクララってだれ?

「ソストレーネグレーネ」とは、デンマーク語で「グレーネ姉妹」という意味。創業者のクヌートとイニェルはアンナとクララという架空の姉妹のお話を思いつきました。
毎日の生活の中から小さな喜びを見つけて、世界中のみんなと共有したい、そんな思いをアンナとクララは持っています。その思いを実現させるため、ソストレーネグレーネをいうお店をつくり運営している、というストーリー設定なんです。

そんな彼女たちの性格は正反対! アンナはPOP右側の女性で、想像力豊かでクリエイティブなことが得意。オリジナル商品を製作したり、店内のコーディネートを担当しています。一方、クララは、POP左に登場するシニオンが高くまとめ髪がきっちりしている女性。ロジカルで現実的な性格で、商品の企画からサプライヤーとの価格交渉、収納を得意としています。

ちなみにPOPは壁の高いところや壁際といった見落としやすいところに貼られていることもあるので、ぜひ探してみて!

アンナとクララの違いはこんなところにも!

二人の性格の違いは、店内のディスプレイにもでているんです。
創造力豊かなアンナのディスプレイはこちら。ゆったり空間を使って淡いカラーのクッションやかご・ファブリックを組み合わせています。
一方、几帳面なクララのディスプレイはこちら。グレーダーをきっちりと縦にも横にもそろえて陳列しています。

アンナとクララ、どちらがディスプレイしたのか、考えながらお店を見て回るのも楽しいですね!

こんなところが、ソストレーネグレーネ全世界共通のこだわり!

世界中のソストレーネグレーネで、共通しているお店づくりのポイントがあるので、さっそく見てみましょう。

お店が見渡せない理由があるんです!

お店に入ると、天井にまで届きそうな背の高いディスプレイシェルフが目につきます。このシェルフはわざと奥が見渡せないよう目隠しの役目をしているんです。さらに、店内の通路は一方にしか進めないつくり。曲がりくねった通路の先には、いったい何があるんだろう、というワクワク感を持たせてくれるための工夫なんです。

よく見ると、ちょっと不思議な数字?

細長く独特の数字の書体も、世界中のソストレーネグレーネ共通。
「3」、「5」、「7」、「8」はとくに珍しい書きかたですよね。姉妹らしいこの書きかたができるよう、スタッフは値札を書く前に数字を書く練習までするそう…!

バックミュージックはクラシック♪

店内の音楽は、いつもクラシック音楽が流れています。その理由は、創業者のクヌートがプロのバレリーナで、クラシックミュージックを好んでいたため。お店を立ち上げた人物の思いが今も引き継がれています。

お店のここに注目しよう!

ソストレーネグレーネには、ほかにもこだわりが満載です。ぜひ、チェックしてほしいポイントをご紹介しますね。

毎週変わるメインディスプレイ

入口入ってすぐに目にとまるメインディスプレイ。ここに毎週、新商品が並びます。おどろきなのはその量! テーマに沿った新アイテムが入荷するので、毎週メインディスプレイ全体がガラっと変わるんです。

基本的に木曜日に新商品は並びますが、表参道店では火曜日や水曜日に出ることも…。立ち寄るたびに目新しいアイテムを見つけることができますね。

また、インテリアキャンペーンを3月と9月の年2回開催しています。3月は色使いやデザインに特徴のあるアイテム、9月はストーリー性を持ったアイテムを紹介しています。こちらもメインディスプレイに並ぶのでチェックしましょう。

ちなみに、アイテムの再入荷はないので、気になるモノがあったらお店に急ぎましょう!

創作意欲がわく商品を見つけてみよう

ソストレーネグレーネには、毛糸やフェルトといった手芸品から、カラフルなサインペンに画用紙、さらに100色以上もあるアクリル絵具や筆、パレットまでそろっているから、おどろき!画材コーナーに足を踏み入れたら、思わず絵が描きたくなっちゃうかも…。
「手芸はあまりやったことがない…」「キャンパスに何を描いていいのか分からない…」という人のために、ソストレーネグレーネではデンマーク本国で撮影されたDIYの画像や動画が用意されているんです。Facebookやホームページからぜひチェックしてみましょう! 毛糸やフェルトを使ったバスケットをつくったり、絵具が染み込んだ毛糸を使ってキャンバスに絵を描いたりなど、楽しいアイデアが盛りだくさん。

日本限定で発売しているアイテムがあるんです

アンナとクララが紹介するアイテムのラインナップは、基本的に全世界共通。ただし、日本オリジナルで発売している商品があるんです。それは、アンナとクララのロゴクッキー。 実は、アンナとクララのロゴが入ったアイテムは、これ以外にないというからおどろき! 194円(税込)とリーズナブルで、自分用にしても、友達へのプチプレゼント用にしてもいいですね。

こんなところに!? 日本未発売のアイテムを探してみよう

日本限定商品があれば、逆に日本未発売のアイテムもあります。それは生花や日本限定のクッキー以外の食料品。また、オーガニックのボディケア用品も日本未発売です。残念ながら、今のところ日本で販売する予定はなく、オンラインでも購入することはできません…。ただ、表参道店にはディスプレイ用としてオリーブやオリーブオイルが飾られていますよ。ぜひ、見つけてみて!

まとめ

新商品以外にシーズンアイテムがあり、その中でも北欧らしい落ち着いたオーナメントなどのクリスマスグッズが毎年大人気! こちらは10月3週目くらいに入荷するので、気になるものがあれば早めに入手しましょう。
ちなみに表参道店にないアイテムは、吉祥寺店、国分寺店、赤池店、また今年の9月にオープンした川崎店に在庫がある可能性もありますよ。
ぜひ、ソストレーネグレーネの世界観を楽しんでみましょう!

※画像は9月撮影時点のものです

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

個性派ぞろいで気分がアガる! 吉祥寺「ビッケ」の海外ヴィンテージ雑貨

個性派ぞろいで気分がアガる! 吉祥寺「ビッケ」の海外ヴィンテージ雑貨

海外の多彩なヴィンテージ雑貨で私たちの目を楽しませてくれる、吉祥寺の雑貨店「ビッケ」。店内には、コレクターをも魅了するレアアイテムがグッドコンディションで登場します。個性豊か...
とりぐら編集部
2020.07.08
おうちごはんBefore&After! インスタグラマー9人が教える「おいしいごはん」の撮影方法

おうちごはんBefore&After! インスタグラマー9人が教える「おいしいごはん」の撮影方法

「おうちごはん」を撮影してみたものの、なかなかきれいに撮れなくてがっかりすることはありませんか? 日々おしゃれなおうちごはんを楽しんでいるインスタグラマー9人から聞いた「身の...
とりぐら編集部
2020.07.14
新生活に買い足したい! 雰囲気を一変させるヨーロッパの名もない道具たち

新生活に買い足したい! 雰囲気を一変させるヨーロッパの名もない道具たち

北欧やイギリスのヴィンテージ家具や雑貨に、今の時代の優れた手仕事品を合わせた店づくりが評判の「サンク・ホーム」。人気北欧雑貨店サンクが選ぶ商品はシンプルで洗練されたデザインの...
とりぐら編集部
2020.06.05
名もない北欧や英国の暮らしの道具に出会える「サンク・ホーム」

名もない北欧や英国の暮らしの道具に出会える「サンク・ホーム」

人気の北欧雑貨店サンクが始めた、ヴィンテージの生活道具と家具の店「サンク・ホーム」。シンプルでいて親しみのあるデザイン、そして快適な使い心地……。セレクトセンスに定評のあるサ...
とりぐら編集部
2020.05.29
DULTON自由が丘店で教えてもらった、「自分らしく」を愉しむ暮らし方

DULTON自由が丘店で教えてもらった、「自分らしく」を愉しむ暮らし方

誰もが使う当たり前にある道具、身の回りにあるアイテム一つひとつを今よりもっと面白くすることで暮らしを愉しむ。そんな、「もうひとつの豊かさ」を提案している「DULTON(ダルト...
とりぐら編集部
2020.08.09

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた