2019年07月15日 更新

スペースが限られた一人暮らしの部屋でも威力を発揮!キッチンワゴンの便利&おしゃれな使い方

キッチンワゴンといえば、キッチンで使うものと思われがち。実は“場所を取らない”“動かせる”という特徴を活かすと、一人暮らしの部屋のさまざまな役立つアイテムなんです。ここではInstagramで見つけた便利&おしゃれなキッチンワゴンの使い方をご紹介します。

キッチンワゴンは、その名の通り本来はキッチンで使う物ですが、“場所を取らない”、“動かせる”などのメリットを活かすと使用できるシチュエーションはかなり広がります。特にスペースの限られた一人暮らしの場合は、有効に活用したいもの。ここでは、Instagramで見つけた便利な使い方をご紹介します。

まずはキッチンワゴンのメリットを知ることから

場所をとらない

キッチンワゴンはタイプにもよりますが、だいたいが腰ぐらいまでの高さで、幅・奥行も30cm~50cm程度と、どこに置いてもあまり場所ふさぎには感じません。そして段が2、3段あるのでスぺースを有効活用できるのが一人暮らしにはうれしいポイントです。段ごとに置くもののジャンルを分ければ、細々としたものの整理にも使えますね。

動かせる

脚にキャスターがついていて、どこにでも動かせるというのが、キッチンワゴンの大きなメリット。たとえばキッチンで料理を準備して、そのお皿を載せてリビングに運ぶこともできますよね。趣味のアイテムを置いておくワゴンなら、その都度移動させて使うことができるのも便利な点です。

一人暮らしの部屋の置き場所別キッチンワゴンの使い方

キッチンで

@jun__tiki Instagramより

@jun__tiki Instagramより

キッチンでワゴンを使う場合は、料理に使う調味料やキッチンツールを置いておけば、料理の効率もグンとアップ。jun-tikiさんはキッチンクローゼットに収まりきらないアイテムをワゴンに収納しているのだとか。1段目には電気炊飯器やサーモジャグなどが置かれていますが、色に統一感があるのでとてもおしゃれです。

作業台として

@slow.life.works Instagramより

@slow.life.works Instagramより

最上段がフラットになっていれば、作業台としても使うことができます。賢い一人暮らしには必須のお弁当づくりにもキッチンワゴンは大活躍。slow.life.worksさんは、キッチンワゴンの上に丸くて可愛いカッティングボードやキッチンツールを収納したスタンドも配置。忙しい朝のお弁当作りを効率的に。

キッチン以外のスペースで

@myr__ms2 Instagramより

@myr__ms2 Instagramより

一人暮らしの限られたスペースでは、細々としたものの収納場所が悩みの種。myr__ms2さんは、イケアのワゴンを有効活用。1段目は化粧品類。2段目にはストレージトレイを利用して、ステーショナリーなど細かいアイテムをジャンル毎に分類。すっきりとした印象の収納術で、是非とも見習いたいですね。
@_95726_ Instagramより

@_95726_ Instagramより

_95726_さんは、細々としたものは、箱やポーチを利用してなかが見えるメッシュのワゴンに収納。おかげでドレッサーがすっきりと片付いています。ちなみに、このドレッサーと鏡はイケアで購入したものなのだとか。白を基調としたシンプルな組み合わせですね。

一人暮らしにおすすめのキッチンワゴン

一人暮らしの部屋では、さまざまな効果を生むキッチンワゴン。ここまで読んでぜひとも欲しい!と思った方も多いのでは?購入しようと思ったとき、キッチンワゴンには、いくつかタイプがあるので、置く場所や用途に応じたものを選んだ方がいいですね。タイプと特徴を以下にまとめてみましょう。

バスケット型

段(棚)がバスケットになっているタイプ。落ちやすいもの、落ちては困るものなどを収納するのに便利です。


引き出し型

人目につかないように収納したいものは、引き出し型のタイプがおすすめ。棚がオープンではないので、ほこりの心配もありません。


作業台になるもの

最上段がフラット(たいら)になっているタイプ。キッチンやそのほかの場所で最上段を作業台として使えます。座って使うのか、立って使うかにもよりますが、段の高さにも注意が必要です。


スリム型

たとえばキッチンで。棚と冷蔵庫の隙間とか、ガスレンジの横など、スリム型なら余ったスペースを有効活用できます。




多機能ワゴン型

持ち手バーや引き出し、扉などがついた多機能型ワゴン。バーは、移動するのに便利なのはもちろん、タオルや布巾などを掛けるのにも使えます。扉や引き出しは目隠しになって、すっきりとした印象に。


キッチンワゴンにおすすめの付属品

上でご紹介したInstagramの例にもありましたが、キッチンワゴンには便利な付属品があります。持ち手のところなどにフックを付けて、細かいものをぶら下げると、収納力アップに。また、収納ボックスを利用すると、細かい小物をまとめて収納できたり、種類毎に分類して整理することができます。




このほかにも、ワゴンをよい便利に使える付属品はありそうなので、是非工夫してみてください。

まとめ

キッチンワゴンは、その名の通り、キッチンで使うだけじゃもったいない。特にスペースが限られた一人暮らしでは、使い方によってはさまざまな効果があることがわかっていただけたのではないでしょうか? 大きさ・高さもメーカーによっていろいろあるので、是非自分の部屋に合ったワゴンを見つけてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

イデーに学ぶ! ドローイングポスターで部屋を素敵にする方法

イデーに学ぶ! ドローイングポスターで部屋を素敵にする方法

インスタグラムで出会った素敵なお部屋の人にインタビュー。ドローイングを取り入れたインテリアコーディネートのこだわりとは? さらに、ドローイングポスターの魅力や取り入れ方につい...
とりぐら編集部・ぐら
2019.09.06
プロのディスプレイ術を伝授♪「お気に入りスペース」を部屋の一角につくろう

プロのディスプレイ術を伝授♪「お気に入りスペース」を部屋の一角につくろう

好きなものに囲まれた暮らしにはあこがれるけど、部屋いっぱいに飾ると雑多な感じに…。そこでおすすめしたいのが、部屋に「お気に入りスペース」をつくること。ショーウィンドウのように...
とりぐら編集部・ぐら
2019.08.30
人気なイケアのベッドトレイで、一人暮らしをもっと楽しく

人気なイケアのベッドトレイで、一人暮らしをもっと楽しく

家具量販店として人気のイケア。売れ筋商品はいろいろありますが、近頃注目を集めているのがベッドトレイです。本来の目的通りベッドに置いて使うほか、さまざまなシチュエーションで役に...
とりぐら編集部・ぐら
2019.07.14
【実例付き】「見せる収納」のポイントをプロがレクチャー! センスのいいお部屋づくりのコツ

【実例付き】「見せる収納」のポイントをプロがレクチャー! センスのいいお部屋づくりのコツ

いよいよ夏到来! 新しい季節には、“今の気分”の新しいアイテムが欲しくなりますよね。買いたいものはいっぱいあるのに、お部屋の収納ペースが足りない……! そんな声にお応えして、...
とりぐら編集部・ぐら
2019.07.14
【6畳1Kレイアウト実例】「ナチュラル」コーディネートがニッセンでつくれる

【6畳1Kレイアウト実例】「ナチュラル」コーディネートがニッセンでつくれる

6畳一間を専門にインテリアを展開している「ニッセン」では、お手頃で組み合わせしやすい家具や雑貨をたくさん揃えています。今回は、心落ち着く「ナチュラル」な部屋を作るコーディネー...
とりぐら編集部・ぐら
2019.03.31

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・ぐら とりぐら編集部・ぐら