2019年11月25日 更新

横長リビングを快適にレイアウト! 大学生一人暮らしにおすすめのインテリア術

大学生になり、横長リビングの部屋で一人暮らしを始めたものの、家具の置き方に悩んでしまう人もいるでしょう。一人暮らし向けの横長リビングを居心地の良い空間にするには、どうすれば良いのでしょうか。今回は、横長リビングのレイアウトのコツやインテリア術についてご紹介します。

gettyimages (27878)

マンションの横長リビングの特徴とは?

横長リビングとは、どのような間取りを指すのでしょうか。横長リビングの特徴とメリットやデメリットについても解説します。

横長リビングとはどのようなリビング?

横長リビングとは、部屋の入口から見てまっすぐ奥に進むより、横にリビングが長く伸びている間取りを指します。寝るスペースとリビング部分を分割したり、家具の設置場所などを工夫したりすることで、部屋の印象を大きく変えることができます。
片側の長い方の壁側に大きな窓があることが多く、家庭向けの物件であればバルコニーになっていることも多いです。

横長リビングのメリット

横長リビングの最大のメリットは明るいことです。大きな窓がある間取りが多く、光が室内にたくさん入ります。また、奥行きが短いため部屋の中に暗くなる部分が少なくなるのも良い点です。
家具の設置場所に配慮すれば、より開放感のある部屋で過ごせるようになります。

横長リビングのデメリット

横長リビングのデメリットとしては、壁面が少なく、家具を置くと何かしらの動線をふさぐ点が挙げられます。片側の広い壁に大きな窓があり、その反対側に収納や玄関へ通じる扉がある間取りが非常に多く、本棚や食器棚など背の高い家具の置き場所に悩んでしまうのです。
持っている家具や自分の生活パターンをよく考えて、どの動線をふさいでも問題ないのか取捨選択しながらベストな配置を見つけましょう。
gettyimages (27869)

横長リビングのレイアウトのポイント

横長リビングを過ごしやすい場所にするなら、何に気を付ければ良いのでしょうか。次の項目では、レイアウトのポイントを4点解説します。

横長リビングはまず動きやすい動線を作る

日々の生活を楽にするためにも、動きやすい導線を作ることがとても重要です。「動きやすい導線を作る」とは、人が通る道や動く箇所を家具で邪魔しないようにすることを意味します。

部屋のスペースを分けるなら、収納家具をパーティションとして使うのも効果的です。ただし背の高い収納家具は、圧迫感を与えてしまうこともあります。また、人の通り道はある程度の幅が必要です。生活動線を考えつつ、自分にとって使い勝手の良い配置を目指しましょう。

横長リビングにおすすめのソファの種類と配置

ソファにはI字型とL字型がありますが、一人暮らしの物件にはI字型で背の低いものが最適です。
ソファの配置は、窓や壁面を背にして置いたり、ソファの背をベッドとの間仕切りとして置いたりするなど、さまざまな工夫ができます。ソファの場所次第では、空間を分けることができるので、うまく使ってみましょう。
窓を背にしてソファを置く場合は、窓からの光を遮らないように背の低いソファを購入するのがおすすめです。
gettyimages (27434)

横長リビングのテレビの配置

基本的に横長リビングに限らず、テレビは壁側に配置するようにしましょう。
窓側にテレビを配置してしまうと、逆光で非常に見づらくなってしまうのです。カーテンを閉めたまま生活すれば逆光の点はカバーできますが、コンセントに埃が溜まりやすくなり火災の原因となるため、窓側にテレビを配置するのは避けたいところです。

横長リビングのダイニングテーブルの配置

一人暮らしの物件であっても、工夫次第でダイニングテーブルを設置できます。大学生の一人暮らしであれば、デスクを兼ねたコンパクトでシンプルなものや、壁に向かって椅子を置くタイプがスペースを取らずおすすめです。

横長リビングのダイニングテーブルの配置は、一番キッチンに近いところにすれば、動きやすい導線を作ることができます。その他にも、昇降式のローテーブルをダイニングテーブルとすることもできます。折りたたみの椅子を使えば、場所を取ることもありません。

横長リビングをさらに快適にするインテリア術

最後に、横長リビングをさらに快適にするためのコツを2点解説します。

横長リビングの収納スペースの作り方

横長リビングは壁面が少ないので、収納家具を配置しにくい場合があります。うまく収納スペースを確保するには、壁面収納を工夫しましょう。テレビ台も兼ねた壁面収納なら、少ない壁面も有効に活用することができます。
一人暮らしであれば、雑貨類や書類、教科書などをまとめて片付けられるでしょう。最近は、部屋を傷つけない壁面収納も販売されているので、原状回復が必要な賃貸でも安心して使えます。

また、ソファの背をベッドとの仕切りにする場合は、ソファの後ろに低めのラックを置くと、邪魔になりづらいです。その他にも、ベッド下に収納があるベッドフレームを購入すれば、収納スペースを確保できます。

狭い横長リビングを広く見せるコツ

横長リビングでは、一般的にテレビとダイニングテーブルの距離が遠いほど、リビングを広く感じることができます。しかし、一人暮らしの物件ではダイニングとリビングの間を広く取ることはできませんので、なるべく背の低い家具を揃え、空間を大きく見せることがコツです。

まとめ

今回は、横長リビングをレイアウトする上で、知っておきたい点について説明しました。横長リビングは壁が少なく、背の高い家具を設置しづらい間取りですが、コツを掴めば明るく開放感の溢れる部屋で過ごせるようになります。悩んでいる方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
監修:堀よりこ
Green Interior代表
毎日が忙しい人のためのメール完結するインテリアコーディネートサービス「Roomo」運営/東京都内在住のインテリアコーディネーター。大手ハウスメーカーにてお客様の住空間に関わった後、法人・個人のインテリアコーディネート業をはじめ、コラム執筆など多方面で活動。「私が幸せになれる部屋」をコンセプトに活動中。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

縦長リビングのレイアウトのポイント! 狭く見えがちな一人暮らしに抜けを

縦長リビングのレイアウトのポイント! 狭く見えがちな一人暮らしに抜けを

大学生の一人暮らし。リビングのある部屋に憧れる人も多いと思います。しかし、一人暮らしのリビングは、コンパクトな間取りが多く、置き方に悩みながら家具をなんとか配置することがほと...
とりぐら編集部・とり
2019.11.24
甘いだけじゃない! 女子が憧れる”大人かわいい”部屋はこう作る!

甘いだけじゃない! 女子が憧れる”大人かわいい”部屋はこう作る!

一人暮らしを始めた女子にとってワクワクするのは自分だけのお部屋づくり。ガーリーと言ってもいろんなスタイルがある中で、今回は甘いだけじゃない、”大人かわいい”お部屋をご紹介しま...
とりぐら編集部
2019.11.13
一人暮らしの部屋の広さはどのくらいが理想?おすすめの広さや間取りをご紹介

一人暮らしの部屋の広さはどのくらいが理想?おすすめの広さや間取りをご紹介

一人暮らしの部屋が広いに越したことはありませんが、その分家賃が高くなったり、部屋の広さ以外の条件を断念しなければいけないことがあります。学生であれば、家賃は極力抑えたいという...
とりぐら編集部・とり
2019.07.25
見せる収納がセンス抜群! アクセントクロスになじむ、ナチュラルモードの1LDK

見せる収納がセンス抜群! アクセントクロスになじむ、ナチュラルモードの1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、“ナチュラルインテリア”をテーマに、ホワイトとベージュでまとめたこだわりのお部屋に住む____tomochin____さん...
とりぐら編集部
2019.12.24
狭い部屋でもインテリアを楽しむ! 大学生でも真似できるコーディネート術

狭い部屋でもインテリアを楽しむ! 大学生でも真似できるコーディネート術

大学生が一人暮らしを始めるとき、いきなり広い部屋に住むのはなかなか難しいでしょう。そうとはいっても、狭い部屋で窮屈に暮らすのも避けたいところです。アイデア次第で狭い部屋を広く...
とりぐら編集部・とり
2019.10.24

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり