2019年03月11日 更新

アイデアの宝庫! イケアに学ぶセンス抜群のルームコーディネート

せっかく一人暮らしをするなら、おしゃれなお部屋にしたい! そんな願いを叶えてくれるのが、リーズナブル&ハイセンスなアイテムが魅力のインテリアショップ「イケア」。イケアが提案する素敵なコーディネートのアイデアやおすすめのアイテムを参考に、クールなお部屋作りにトライしてみませんか?

 (11934)

理想のお部屋作りに欠かせないインテリア選び。いろんなショップがありますが、今回は、北欧テイストの商品を数多く取り扱う世界最大の家具量販店「イケア」をピックアップ。とってもスタイリッシュなデザインなのに、びっくりするほどコスパのいいアイテムがたくさん揃っているから、センス抜群のお部屋作りにもチャレンジできちゃうんです!

イケアに聞いた! 一人暮らしのルームコーディネートのポイントとは

みんなに自慢したくなるようなハイセンスなお部屋作りのためには、どんな点に気を付けてコーディネートすれば良いのでしょうか!? そんな、誰もが抱く疑問をイケアに教えてもらいました。

まずは何より「生活のしやすさ」が大事

一人暮らしを始めたら、「おしゃれな暮らしがしたい」などの願望はたくさんありますが、それも「生活のしやすさ」があってこそ。まずは、それぞれの生活行動に必要なスペースをしっかり確保することが、何よりも大事なポイントなんだそうです。

たとえばワンルームや1Kのお部屋では、寝る、食べる、収納するといった行動を一つの空間内ですることに。
そこで、ベッドは出入りしやすいように配置する、食事をするときに座る空間をしっかりと確保する、収納の扉の開け閉めがしやすいように収納家具の前のスペースを確保する必要があるはずです。
当たり前のことかもしれませんが、おしゃれなデザインだけに注目して家具やインテリアを選んでしまうと、思わぬところで失敗してしまうこともあるのでご注意……!
 (11939)

理想のお部屋のイメージをしっかり持とう

次はいよいよルームコーディネート。
コーディネートをするうえで一番大事なことは、「理想のお部屋をしっかりイメージすること」。
ナチュラルなお部屋にしたければ、自然素材を使ったアイテムで揃える。モダンなお部屋にしたければ、スチール素材や光沢のあるアイテムを選ぶ。そのように具体的なイメージを持つことで、理想のお部屋に近づくのだそうです。

木材を使ったコーディネートはバランスが大切

木材にはウォールナットやオークなど、さまざまな種類がありますが、いろんな素材が混ざり過ぎないようにするのも、コーディネートをするうえでは重要なポイントとのこと。
とはいえ、別素材をおしゃれに組み合わせられるテクニックも教えてもらったのでご安心を! 

たとえば、白木と竹素材のインテリアを取り入れたいときは、大きい家具に白木を使い、フォトフレームや収納ボックスなどの小物を竹素材にしてみると、バランスよくミックスできるそう。
その際、小物は一ヶ所にかためず、いろいろな場所にバランスよく配置するのが、別素材を違和感なく取り入れるコツなんだそうです。
バランスを見極めるのはなかなか難しいですが、いろいろな並べ方にチャレンジして、センスを磨いていきましょう!
 (11936)

色選びのポイントはトーンを合わせること

コーディネートアイテムを組み合わせるときは、色選びも大切。
色選びで重要なポイントは、「色のトーンを合わせること」。かといって、すべて同じ色で揃える必要はなく、「明るさの度合い」と「鮮やかさの度合い」のどちらかを統一するだけで、別の色を使っても同じトーンが得られるそうです。
 (11937)

【必見】別カラーをミックスするテクニック

トーンを合わせたうえで、別の色のアイテムをミックスしたいときは、メインカラーを1色決めて、アクセントカラーを2色ほど加えるとお部屋にまとまりが。ただし、メインカラーの配分を多めに、次のアクセントカラーを2番目に、3番目のアクセントカラーを最小限にとどめるのが、ごちゃごちゃした空間にならないテクニックとのこと。

イケアでは、テキスタイルで色を取り入れることをおすすめしているそう。
家具はベーシックなカラーを選び、カーテンやソファー、ベッドカバーなどにメインカラーを、クッションやひざ掛けなどにアクセントカラーを用います。
そうすれば、テキスタイルのデザインを変えるだけで、季節や気分によって簡単にお部屋のイメージを変えることもできちゃいますね。

クッションは、3つ使うのがおすすめとのこと。1つ目のクッションは無地、2つ目はチェックやストライプなど無地のクッションを少し引き立てるもの、3つ目は個性を出せるような柄物などにすれば、よりおしゃれな空間を演出できること間違いなしです!
 (11938)

イケアおすすめのルームコーディネート&アイテムをご紹介

コーディネートのポイントを教えてもらいましたが、実際のイメージを見た方がわかりやすいですよね。
ここからは、イケアが提案するルームコーディネートの中から、イチオシをピックアップ。素敵なお部屋作りの参考にしてみてください!

大胆な花柄を取り入れた春コーデ。同系色のラグを敷いて統一感を演出

 (11940)

まずおすすめしたいのは、鮮やかで大きな花柄があしらわれた布団&枕カバーを使った、元気で春らしいコーディネート。
カラフルで大胆な模様のアイテムを一ヶ所に取り入れるだけで、お部屋が一気に華やかに。家に帰るたび、明るい気分になれそうですね!
また、お部屋の床にカラフルなベッドカバーと同系色のラグを敷くと、柄×柄なのにゴテゴテになり過ぎず、逆に統一感が生まれるから不思議。ぜひともチャレンジしてみたい組み合わせです。
「適度に白色をミックスすることによって、重くなりすぎず、テキスタイルの柄や色が引き立つのでおすすめです」(イケア・ジャパン)

暗めのモノトーンカラーを使った大人コーデ。白木の家具で軽さをプラス

 (11943)

落ち着いた雰囲気のお部屋にしたいなら、コチラのコーディネートはいかがでしょうか?
ダーク系のモノトーンカラーで落ち着きがある一方、白木やベージュ系の家具を一部取り入れることで、重くなり過ぎるのを防いでいます。
「オドゲルのチェアなら、留め具をカチリと倒すだけで組み立てが完了するのとても簡単。工具も必要ありません! 丸みを帯びた座面と背もたれで座り心地も抜群です」(イケア・ジャパン)
また、ソファーを置くときは壁にくっつけてしまいがちですが、ソファーの後ろにテーブルを配置すると、空間を有効活用できるそう。
さらに、収納スペースが少ないことも多い一人暮らしのお部屋では、チェストも大活躍するはず。容量十分&お部屋や好みに合わせて自由にカスタマイズできるものがあれば嬉しいですよね。
「組み合わせ次第で、ワイドチェストやローチェスト、階段状にもカスタマイズすることができるので、設置スペースに合わせてお使いいただけます。すっきりとしたモダンなデザインで、どんなお部屋にもマッチしますよ」(イケア・ジャパン)

ホワイト系アイテムを使った爽やかコーデ。ロフトベッドで空間を有効活用

 (11947)

爽やかでほんわかとした雰囲気がお好みなら、ベージュやホワイトをベースに、インテリアを揃えてみましょう!
その中に、アクセントカラーのイエローを加えると、空間が引き締まってみえる効果も。また、活動的な雰囲気も演出することができるそう。
ワンルームや1Kのお部屋にベッドを置くと、大きくスペースを取られてしまいますが、限られた空間を有効活用したいなら、ロフトベッドを使ってみるのもアリ!
「ロフトベッドで空いたフロアスペースには、デスクやソファー、収納棚を設置できるほか、クッションをたくさん置いて居心地のいいスペースを作ることもできます」(イケア・ジャパン)

ロフトベッドの下にソファーを置くときは、同シリーズのモジュールを組み合わせて、スペースやニーズに合った形を作ることができるコチラがおすすめ!
「このソファーシリーズにはさまざまなモジュールがそろっているので、単独で使うことも、いくつか組み合わせてお好みのソファーを作ることも可能です。カバーを取り外せるので、洗濯したり、色を変えてイメージチェンジすることも簡単にできますよ」(イケア・ジャパン)

空間を広く見せる青色コーデ。軽やかな木材をプラスしてリラックス効果も

 (11953)

後退色でもあるブルーは、狭いお部屋を広く見せるのに効果的ってご存知でしたか?
ブルーや濃紺のアイテムを多く取り入れると、お部屋が広く感じるだけでなく、シックで大人っぽい雰囲気に。さらにはリラックス効果もあるんだとか!
そこに、たとえばオレンジのアイテムを取り入れると、アクセントになって個性的な雰囲気に仕上げることができるんだそう。
また、軽やかな木材の家具を加えることで、寒色であるブルーに暖かさをプラスできます。たとえば、コンパクトサイズのコーヒーテーブルなんていかがでしょうか?
高さ50cmなので、ソファーに座っても、床に座っても使うことができます。ハンドメイド感あふれる見た目で、なんだか癒されますね。
また、同じくハンドメイド感あふれる収納棚もおすすめ。シンプルなデザインだから、どんなお部屋にもぴったり。1個で使ってもいいし、何個か並べてみるのもGOODです。
「中の棚は可動式なので、収納するものに合わせて棚板の高さを変えられます」(イケア・ジャパン)

同シリーズの家具で揃えた統一感のあるコーデ。無垢材を取り入れて穏やかな気分に

 (11957)

お部屋に統一感を出したいときは、家具を同じシリーズで揃えるのも一つの手。
特に、お部屋の大部分を占めるベッドやチェストを揃えると、誰でも簡単に、すっきりとしたまとまりのあるお部屋作りができちゃいます。
中でもおすすめなのは、温かみのある天然素材で作られたビョルクスネースシリーズ。
素材をそのまま活かした無垢なデザインで、見ていると優しく穏やかな気持ちになれますね。
「耐久性に優れた天然素材に、魅力的なデザインを施したクラシックスタイルの家具は、シンプルなデザインでどんなお部屋にもマッチ。単独でもお使いいただけます。チェストはハンドルが革素材で、ディテールが美しい商品です」(イケア・ジャパン)

シンプル+ビビットカラーで遊び心あるコーデ。オープン収納アイテムで空間にメリハリも

 (11962)

空間にアクセントをつけたいときは、間仕切りになる家具を使ってみるのがおすすめ。
仕切りを置くと部屋が狭く見えるんじゃないの? と心配になりますが、オープンタイプのものを使えば、空間を完全にシャットアウトしないから大丈夫!
設置スペースに合わせて高さを変えられるのも◎。
お気に入りの服や鞄、靴やアクセサリーをディスプレイして、アパレルショップのようなお部屋に大変身させちゃいましょう。
また、同系色、同素材のベッドを合わせると、統一感のあるセンスの良い仕上がりに。
「一ヶ所にビビットな色のテキスタイルを取り入れれば、お部屋全体がシンプルでも無機質になり過ぎず、個性的なコーディネートが楽しめます」(イケア・ジャパン)

まとめ

「イケア」に聞いたルームコーディネートのポイントとおすすめのコーディネートをご紹介しました。統一感を出したり、いろいろな色のアイテムを組み合わせたり、さらには空間を有効活用できるテクニックまで。今すぐに真似したいアイデアが満載でしたね!
まるでモデルルームのようなお部屋をコーディネートして、快適なルームライフを楽しむのはもちろん、友達や家族にも喜んでもらいましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

無印良品大好き! 勉強がはかどる淡色系一人暮らしの1K

無印良品大好き! 勉強がはかどる淡色系一人暮らしの1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、6畳1Kの部屋で一人暮らしをしている_min_._._02さん。大好きな無印良品のアイテムを中心に、使いやすくまとめた勉強...
とりぐら編集部
2021.04.26
大人っぽさのなかにかわいさをプラス! グレーインテリアの1K

大人っぽさのなかにかわいさをプラス! グレーインテリアの1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、8畳の1Kに暮らすaggg0286さん。グレー、木、黒のアイアンで部屋全体の統一感を出しています。写真も参考に、お気に入り...
とりぐら編集部
2021.03.29
【代官山・目黒エリア】おすすめインテリアショップまとめ

【代官山・目黒エリア】おすすめインテリアショップまとめ

とりぐらがおすすめする代官山・目黒エリアのインテリアショップをまとめました! これを見てぜひインテリアショップ巡りをしてみませんか? 自分だけのお気に入りの1点が見つかるかも♪
とりぐら編集部
2020.12.03
エリア別に紹介! 都内のおすすめインテリアショップ巡りまとめ

エリア別に紹介! 都内のおすすめインテリアショップ巡りまとめ

吉祥寺・自由が丘・目黒・代官山など、とりぐらがおすすめする都内のインテリアショップをエリア別にまとめました! これを見てぜひインテリアショップ巡りをしてみませんか。自分だけの...
とりぐら編集部
2020.12.03
【吉祥寺エリア】おすすめインテリアショップまとめ

【吉祥寺エリア】おすすめインテリアショップまとめ

とりぐらがおすすめする吉祥寺エリアのインテリアショップをまとめました! これを見てぜひインテリアショップ巡りをしてみませんか? 自分だけのお気に入りの1点が見つかるかも♪
とりぐら編集部
2020.12.03

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・ぐら とりぐら編集部・ぐら

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ