2020年07月17日 更新

古きよきかっこよさ! お部屋の雰囲気づくりにぴったりの「moody’s」のミッドセンチュリーインテリア

1940~60年代にアメリカを発祥として生まれた、ミッドセンチュリーの古きよき家具や雑貨。当時はまだ珍しかったアルミなどの材料を使い、斬新気鋭なデザイナーにより生み出された、遊び心のある豪華な装飾が特徴です。今回は、そんなミッドセンチュリーのインテリアを取り扱う「moody’s(ムーディーズ)」を訪ねてみました。

「ムーディー=いい雰囲気」という言葉が由来の「moody’s」は、古きよきかっこよさのあるミッドセンチュリーインテリアを取り扱うお店。その名の通り、お部屋の雰囲気づくりに役立つ存在感のある一点モノがズラリと並んでいます。さっそく、ミッドセンチュリーインテリアの魅力や、一人暮らしでもできるお部屋づくりのアドバイスを店長にうかがってみましょう。
moody’s店長

人々を魅了するミッドセンチュリーインテリアとは?

ミッドセンチュリーインテリアとは、1940~60年代にアメリカを発祥として生まれた家具やインテリアのこと。その“古さが生み出す独特な雰囲気”が魅力のひとつ。
moody’s店長

落ち着いていて、デザインにもそんなにクセがない北欧インテリアなどのほうが人気はあるとは思います。でも、古きよき時代のかっこよさとか、独特な雰囲気のアイテムは根強い人気がありますよね。

豪華なのに派手過ぎない、遊び心のあるデザインも目を惹きます。現代家具とは一線を画するデザインながら、現代にあっても古すぎないところも多くの人を魅了するポイントなのです。

古いアイテムを使った、雰囲気のあるお部屋づくりのコツ

そんな、古くて雰囲気抜群のアイテムたち。さっそくお部屋に取り入れてみたいけれど、うまく馴染むか心配……。古いアイテムを使ってセンスのよいお部屋にするには、なにかコツがあるのでしょうか?

テイストにこだわりすぎず「これいいな」を大切に

moody’s店長

無理に全体のテイストにこだわらなくても、古いアイテムがひとつあるだけで、お部屋の雰囲気ががらりと変わります。

店長曰く、古いアイテムでも個性的なアイテムでも、今ある空間に置いてしまえば、それなりに馴染んでくるのだそう。今あるお部屋に、「これ、ちょっとかっこいいな」と思ったアイテムを取り入れてみるのが、ムードあふれるお部屋づくりの第一歩になります。

古いモノと新しいモノを使い分けてミックス

moody’s店長

すべて古いアイテムでそろえる必要もないと思います。古いモノと新しいモノの使い分けが大事。新しいモノのほうが、サイズ感とか使い勝手はいいに決まっています。でも、雰囲気の点では、使い込まれてきた味わいのある古いモノには敵いません。

古いモノも新しいモノもそれぞれによさがあるからこそ、自分がいいと思えるかにこだわりをもってミックスさせていくのがコツなのかもしれませんね。

さっそくミッドセンチュリーのアイテムを取り入れてみよう!

ここで、一人暮らしの部屋にも取り入れやすい、お部屋の雰囲気を変えるのにぴったりのおすすめ商品。そして、いつかは持ってみたいミッドセンチュリーインテリアの代表的なアイテムを教えてもらいました。

1点取り入れるだけで変わる! 一人暮らしにおすすめの商品

  • ディスプレイするだけで雰囲気ばっちり! ヴィンテージ感あふれる花瓶や食器

Flower Vase 3,200円~ / Glass 980円~

ミッドセンチュリーインテリアに興味を持ったものの、「高級な家具に挑戦するのはなかなかハードルが高い……」と思った人も、小物なら無理なく取り入れられるはず。
moody’s店長

本来の用途というよりはディスプレイ向きです。普段の食器のなかに並べてみたり、テーブルの上に置いてみたりするだけでも雰囲気が出ますよ。

職人によって作り上げられたからこそ生まれる表情。長い年月が経ったからこそ生み出された独特の風合い。そんな小物たちは眺めているだけでも気分が上がりそう。花瓶も食器も100円あれば買える時代ですが、古いアイテムをひとつだけでも取り入れてみたら、センスのよいお部屋に生まれ変わるはずです。
  • 時計とインテリアの融合! ゴールドカラーが印象的なサンバーストクロック

一人暮らしのお部屋のような狭い空間のなかで、壁掛け時計は家具全体の印象を左右するアイテムとも言われています。インパクトのあるデザインのものなら、その効果はなおさらです。

“WELBY” Sunburst Clock 50,600円

太陽が光輝く様をモチーフにした、遊び心あふれるデザインの時計。アルミの落ち着いた質感が、インパクトのあるゴールドカラーに上品な印象を与えています。さらに、文字盤を保護する、ゆるくカーブを描いたガラス板が美しく、高級感を漂わせていますね。モダンデザインのなかに垣間見えるレトロな雰囲気がたまりません。
moody’s店長

時計の部分に対して、装飾が大きい派手なデザインがミッドセンチュリーのアメリカらしいです。インテリアのアクセントとして、見て楽しんでいただければ。

ゴールドとブラックの色合いは、シンプルでありながらも迫力があります。使い込まれてきた味わい深さを感じながら、自分の時間を刻んでいくのはなんだかロマンチックです。

いつかは持ってみたい! ミッドセンチュリーを代表するインテリア

  • ゴージャスながらもモダンな印象の「スプートニクランプ」

“Star Burst” Sputnik Pendant Lamp 182,600円

スプートニクランプとは、光源が線香花火のように散らばるようにデザインされたランプのこと。半世紀以上前に作られたものながら、現代空間にも合いやすいデザインで、ミッドセンチュリーモダンインテリアのなかでも、押さえておきたいアイテムのひとつです。
moody’s店長

光源の数が少ないものは見かけますが、ここまで球数が多いのは非常に珍しいですね。

やや控えめで高級感のある輝きと、その光源の多さがゴージャスですが、シャンデリアのような仰々しさはなく、モダンな印象を与えてくれます。
  • 斬新なデザインで存在感抜群の「キドニーシェイプテーブル」

個性的な曲線を描くキドニーシェイプテーブルは、なんと、人間の腎臓の形を模ったデザインで『キドニーシェイプ=腎臓の形』とも言われているテーブル。

50’s kidney Coffee Table Set 182,600円

moody’s店長

ミッドセンチュリーの王道デザインながら、オリジナルで残っているものは少なく、希少価値の高い一品です。

こちらも、最近では珍しいデザインですが、今の暮らしのなかにあっても古めかしくなり過ぎない不思議な魅力があります。

アメリカンアンティーク&ヴィンテージ家具が自慢のショップ「moody’s」

ご紹介してきたような魅力たっぷりのミッドセンチュリーインテリアを数多く取り揃えているショップが目黒通りにあります。その名も「moody’s」。

お店が誕生したのは20年以上前。もともとは古着屋でしたが、店長が洋服の仕入れでアメリカを訪れているうち、ミッドセンチュリーのインテリアに魅せられ、現在の姿に生まれ変わったのだそう。
moody’s店長

お店に大それたコンセプトを設けているわけワケではないのですが……しいて言うなら、「自分が好きなもの」、そして、「古くて雰囲気があるもの」を選んでいます。古いモノが好きな人の心に響いて、気に入っていただけたら、それがお店のやりがいです。

店内に並ぶのは、主にロサンゼルスで買い付けてきた1950~60年代のアメリカンヴィンテージのアイテムを中心とした存在感のある品々です。

まとめ

現代家具では見られない独特な雰囲気を放つミッドセンチュリーのアメリカのアイテムたち。古きよき時代のかっこいいアイテムをちょっと取り入れてみるだけでも、雰囲気のあるお部屋になるはず。それが、ほかではなかなか手に入らない一点モノだったら、さらに気分が上がりますよ。

でも、古くてかっこいいものは世界中でどんどん売れてしまうため、仕入れも難しくなってきていると言います。運命の品との出会いは一期一会! さっそく、「moody’s」で宝探しをしてみませんか?

取材協力

moody’s

東京都目黒区目黒4-26-3
TEL:03-3793-6223
12:00~19:00営業、水曜定休日

ショップ情報へ

インスタグラムへ

※価格はすべて税込み
※商品は数に限りあり、完売する場合もあります
※この記事は6月時点の内容です
※営業日や営業時間は変更となる場合があるため、お出かけ前に公式サイトにてご確認ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

生活にフィットするお気に入りが見つかる!「POINT No.38」のアメリカンヴィンテージ

生活にフィットするお気に入りが見つかる!「POINT No.38」のアメリカンヴィンテージ

ユニークなデザインや手掘りの雄々しい風合いが特徴のアメリカンヴィンテージ。それらをインテリアに取り入れて、部屋の雰囲気をがらりと変えてみませんか? 今回はそんな、遊び心があり...
とりぐら編集部
2020.09.14
北欧・英国家具の本当の魅力に出会える「Lewis」へ! こだわり抜かれたアイテムたちに触れてみよう

北欧・英国家具の本当の魅力に出会える「Lewis」へ! こだわり抜かれたアイテムたちに触れてみよう

シンプルで質素、繊細なデザインながらもしっかりとしたつくりが魅力の北欧・英国家具。どんな暮らしにも違和感なく溶け込むデザインで、その人気は日本国内でも衰えることを知りません。...
とりぐら編集部
2020.11.06
コーデテクは見て盗んじゃおう! 「空間」を意識したunicoのこだわりディスプレイは理想のお部屋への近道

コーデテクは見て盗んじゃおう! 「空間」を意識したunicoのこだわりディスプレイは理想のお部屋への近道

一人一人に合った特別な空間づくりを提案してくれる「unico(ウニコ)」。店内ではソファ、テーブル、ファブリックなどを参考になるようにディスプレイしているので、実際のお部屋づ...
とりぐら編集部
2020.10.12
時空を超えた価値を提案。「SHOP ASPLUND 恵比寿」こだわりのアイテムたちを取り入れて

時空を超えた価値を提案。「SHOP ASPLUND 恵比寿」こだわりのアイテムたちを取り入れて

世界中からセレクトした、“ハンドメイドの味わい”“自然素材の温かみ”を感じられるブランドやアイテムがたくさんそろったインテリアショップ「SHOP ASPLUND 恵比寿(アス...
とりぐら編集部
2020.10.06
100年前の家具を実用使いに!「GEOGRAPHICA」ではじめるイギリスアンティーク家具

100年前の家具を実用使いに!「GEOGRAPHICA」ではじめるイギリスアンティーク家具

深みのある色とツヤのあるアンティーク家具、曲線の美しい照明などが4フロアにわたり展示されている「GEOGRAPHICA(ジェオグラフィカ)」。イギリスで代々受け継がれてきた家...
とりぐら編集部
2021.03.17

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ