2021年03月16日 更新

韓国インテリア好きなら要チェック! 「Somsatang」で流行りのアイテムをそろえよう

話題の”韓国インテリアアイテム”を販売している大人気ショップ「Somsatang(ソムサタン)」を紹介します。韓国から直輸入した花瓶やポストカード、オリジナルのソイキャンドルなど幅広い商品がそろっているんですよ。Somsatangの店内の様子や、いちおしアイテムをチェックして!

Instagramで大人気の”韓国インテリア”。なかでも、ふんわりとやわらかく、韓国にあるカフェのようなナチュラルスタイルが特に人気ですよね。お部屋のインテリアを見直そうと思ったときに参考にしている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、韓国風のお部屋づくりに欠かせない韓国雑貨がそろった「Somsatang(ソムサタン)」を訪れ、店長さんにお店のコンセプトや一人暮らしにおすすめのアイテムを聞いてみました。
Somsatang 店長さん

Somsatangは韓国語で“わたあめ”。ふわふわな雰囲気の店内にキュン♡

東急世田谷線の松陰神社前駅から、人気のカフェやベーカリーがずらりと並ぶ商店街を歩くこと2分。見えてきたのが、今回訪れた韓国雑貨店「Somsatang」です。
店長さん

店名のSomsatangは、韓国語で“わたあめ”という意味です。その名の通り、お店も白っぽく、ふわふわと柔らかで、甘い雰囲気になるよう心がけています。

店名どおり、店内は乙女心をくすぐるアイテムが満載で、編集部からも思わず「かわいい!」という声が漏れてしまいました。
そして、なんだか日本の雑貨屋さんとは少し違った雰囲気を持っているんです。それはまるで、友達の家に遊びに来たような感じ。
店長さん

お店の雰囲気は、本場韓国の雑貨屋さんを参考にしています。なるべく自宅にもありそうな机や棚を置いて、そこにアイテムを“積み重ねる”のではなく、“飾る”ようにディスプレイしているのでそう感じるのかもしれません。ご来店いただいたお客様のお部屋づくりの参考になったら嬉しいです!

お店を訪れた際には、アイテムだけでなく、ぜひディスプレイの仕方もチェックしてみてくださいね。

Somsatangおすすめアイテム! 韓国風インテリアの楽しみ方もご紹介

「店名である“わたあめ”にちなんで、ナチュラルでやわらかい雰囲気の雑貨を中心にそろえています」と店長さん。たとえばどんなアイテムがあるのでしょうか? 韓国でも大人気で、日本の一人暮らしのお部屋にもおすすめのアイテムをご紹介していただきました。

SNSで話題沸騰中! ころんとしたフォルムがかわいいキャンドル

ソイキャンドル 500円~

韓国雑貨ではもはや定番となっているキャンドル。パステルカラーと個性豊かなデザインが魅力で、本場韓国ではもちろん、日本の女の子たちの間でも大人気。これなくして韓国インテリアは語れません◎
店長さん

当店のキャンドルは、わたしたちのハンドメイドなんです。植物由来の大豆(ソイ)ワックスでできているので、身体にも環境にもやさしいんですよ。プルメリアの香りをつけているので、リラックス気分も味わっていただけると思います。

淡いパステルカラーに、ころんとしたフォルムが愛らしく、使ってしまうのがもったいない! でも実は、火を灯さずに置いておくだけでも香りを十分感じられるのだそうです。置いてあるだけで、見た目にも香りにも癒されるなんて嬉しい限り。
店長さん

寒い時期には毛糸玉のデザイン、バレンタインやホワイトデーの時期にはお菓子のデザインなど……季節に合わせてキャンドルのデザインを変えています。

シーズンごとに自分のお部屋のキャンドルを変えてみるのも楽しそう! 直射日光が当たるような暑い場所で保管すると溶けてしまう可能性がありますが、それさえ気を付ければシーズンをまたいだとしても長い間飾れます◎
店長さん

洋書のペーパーをさりげなく合わせるのも、韓国女子の間で大人気です。ぜひ試してみてください。

置くだけで韓国カフェ風のお部屋に近づけるアイテムたち

続いて紹介してもらったのは、こちらも韓国では定番となっている、置くだけで簡単にお部屋を彩ることができるアイテムたちです。

LEONノート 1,000円

まずは、韓国のカフェには100%置いてあるといっても過言ではないというLEONノート。もともとは、絵本のようなタッチで描かれたアメリカのレシピ本なのだそう。これは、表紙はそのままに、中身が無地のノートにアレンジされているものです。
日記帳や、レシピを書き込んで自分だけのレシピ本として活用するのはもちろん、インテリアにもなるんですよ。
店長さん

壁際や本棚に立てかけたり、テーブルや棚の上に置いたりするだけでもおしゃれな空間を演出してくれます。おうちカフェの写真を撮るときに写りこませてみるのもおすすめです。

立てかけるだけなら、壁に穴をあけることもないので、手軽に部屋のデコレーションを楽しむことができます。表紙のデザインはバリエーション豊富なので、何冊もそろえたくなってしまいますよね!
店長さん

LEONノートとセットで、ポストカードを購入される方も多いですね。一緒に並べて机や棚の上に置いていただくだけで、韓国カフェのような雰囲気を楽しめますよ。

線で描かれたモノクロでアンニュイな雰囲気のカードを飾るのが韓国のトレンドなんだとか。

ポストカード 150円

こちらもテープで壁に貼りつれば、壁に穴を開けることはありません。

Somsatangオリジナルスティッカー 300円

丸いシールをポストカードの周りに貼ってみると、SNSで人気の韓国部屋によりいっそう近づくかも!

質感もフォルムもまるで本物みたい! キュートな造花のチューリップ

チューリップ造花 180円/本

お部屋を彩るアイテムとして、造花のチューリップも大人気なんです!
店長さん

生花だとどうしても枯れてしまいますが、造花なら管理がラクということで買われる方が多くいらっしゃいます。造花ではありますが、質感も、花びらのぷくっとしたフォルムで結構リアルに作られているんですよ。

枯れない花といえばドライフラワーも人気ですが、ドライフラワーの落ち着いた色合いと違って、こちらは鮮やかな色合い。一輪だけでもぱっと華やかな印象になりますね。
生花やドライフラワーよりお手頃価格なのも嬉しいポイント。いろいろな雑貨と合わせて、鮮やかでスイートな雰囲気を楽しんでみてください。

アーティスティックなデザインが特徴! 韓国ブランドのフラワーベース

フラワーベース 2,650円~

韓国ブランドのフラワーベースも見逃せませんよね。
店長さん

韓国のフラワーベースは、アートを感じるものが多く、オブジェとしても使いやすい個性派デザインのものが勢揃いしているんですよ。特に、ドーナツ型のものが人気です。生花でも造花でも、アーティスティックに飾ることができます。

フラワーベースも比較的手に入れやすいお値段なので、いくつかそろえてみるのもありです。ディスプレイの仕方に自信がない人でも、ランダムに並べるだけで絵になりますよ♪

ナチュラルテイスト&丸いフォルムが特徴の韓国雑貨で心が落ち着く空間を

ご紹介したように、胸がキュンとするような韓国雑貨がたくさんそろったSomsatangですが、日韓のご夫婦が営まれているんです。
店長さん

日韓夫婦なこともあって、韓国に関連した何かができればいいなと思っていました。そこで考えたときに、オンラインでは韓国雑貨がたくさん売られているのですが、実店舗がほとんどないなと思い、このお店をオープンすることにしたんです。

オンラインショップは家にいながらでも海外のアイテムをラクに買うことができてありがたいものの、質感や色味、大きさなどはやはり実物を見れたほうが、自分のお部屋に置いたときのイメージもグッと湧きやすいですよね。
韓国に行ってアイテムを見れたらベストですが、今はなかなか韓国に行くこともできないので、日本に店舗があったらすごく嬉しい! 実際に、韓国に行きたいけれどなかなか行けないので来店したというお客さんも増えているそうです。

店舗には、今回ご紹介しきれなかったアイテムがほかにもたくさん。なかには、Somsatangオリジナルのアイテムも。

Somsatangオリジナルミラー 550円

店長さん

韓国雑貨は全体的に、ナチュラル、かつモノトーンで心が落ち着く雰囲気のものが多く、少し北欧インテリアに似ているところもあります。そのなかでも、“淡いパステルカラー”と“丸いフォルム”で、やわらかくてやさしい雰囲気を醸し出しているのが韓国雑貨ならではの特徴だと思っています。オリジナルのアイテムも、そういった雰囲気を出せるように意識してつくっています。

最後に、日本と韓国について、「基本的にはすごく似ていると思う」と店長さん。
心地いいと感じるお部屋、インテリアの雰囲気も基本的には似ている。だけど、ちょっと日本とは違ったセンスも韓国の女の子たちは持っている。そんなところが魅力的で、真似してみたくなるのかもしれませんね。

まとめ

淡くナチュラルなテイストで、落ち着くけれど胸がキュンとする気分も味わえる。そんな韓国雑貨の魅力が伝わったでしょうか?
「インテリアに、今回ご紹介したアイテムをひとつ取り入れるだけでも、簡単に韓国風な雰囲気をつくれるので、ぜひ試してみてください」と店長さん。

最後に、素敵な情報も教えてくれました!

Somsatangからお知らせ

2021年4月6日~13日には、ルミネエスト新宿でPOPUPストアを出店します!
世田谷の店舗はもちろん、POPUPやオンラインストアものぞいてみてくださいね。
※オンラインストアは常時ではなく期間限定でオープン
※詳しい情報は、SomsatangのInstagramをチェック

取材協力

Somsatang

【住所】東京都世田谷区若林3-17-6
【営業日】11:00~16:00 水曜定休日
※その他不定休や臨時休業日は公式Instagramでお知らせ

Instagramへ


※価格はすべて税込み
※商品は数に限りあり、完売する場合もあります
※この記事は2月時点の内容です
※営業日や営業時間は変更となる場合があるため、 お出かけ前に公式サイトにてご確認ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

日差しが降り注ぐ広い店内が魅力! 下北沢「cafe viet arco」で食事と買い物をゆったり楽しもう

日差しが降り注ぐ広い店内が魅力! 下北沢「cafe viet arco」で食事と買い物をゆったり楽しもう

店内で雑貨販売を行っている下北沢にあるカフェ「cafe viet arco(カフェ ヴィエット アルコ)」。重厚感のあるソファが目を引く広々とした店内は、ミントグリーンの壁が...
とりぐら編集部
2021.03.24
雑貨もコーヒーも音楽も! 店主の好きが詰まったお店「Hi Monsieur」

雑貨もコーヒーも音楽も! 店主の好きが詰まったお店「Hi Monsieur」

店主が「好きなもの」と「ここにしかないもの」を世界各地から集めたお店「Hi Monsieur(ハイ ムッシュ)」。一癖あるアイテムが豊富で、ワクワクが止まらない店内です。おう...
とりぐら編集部
2021.03.25
おうちごはんBefore&After! インスタグラマー9人が教える「おいしいごはん」の撮影方法

おうちごはんBefore&After! インスタグラマー9人が教える「おいしいごはん」の撮影方法

「おうちごはん」を撮影してみたものの、なかなかきれいに撮れなくてがっかりすることはありませんか? 日々おしゃれなおうちごはんを楽しんでいるインスタグラマー9人から聞いた「身の...
とりぐら編集部
2020.07.14
ヴィンテージ雑貨の掘り出し物がいっぱい! 自由が丘の文具雑貨店「six」をチェック!

ヴィンテージ雑貨の掘り出し物がいっぱい! 自由が丘の文具雑貨店「six」をチェック!

時代を経て今も親しまれている、優れたデザインのヴィンテージ雑貨たち。これらをインテリアに取り入れる人が増えているそう。そこで、手ごろなヴィンテージ品に出会える文具雑貨店「si...
とりぐら編集部
2020.03.16
映り込む背景にもう悩まない! オンライン〇〇でも素敵に見えるお部屋づくり

映り込む背景にもう悩まない! オンライン〇〇でも素敵に見えるお部屋づくり

新型コロナウィルスの影響で、生活の一部となっているビデオ通話。いざビデオ通話で話してみると、背景やどんな風に見えているのかなど、気になることがいくつもありますよね。そんなビデ...
とりぐら編集部
2021.05.07

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ