2019年10月23日 更新

自由なレイアウトを楽しもう!〜ちょっと変わったレイアウト紹介

 お部屋にはそれぞれ最適な配置があるものです。しかしせっかくの一人暮らし、自分だけの過ごし方に合わせた自由なレイアウトを楽しんでみてはいかがでしょうか?今回はKARENの事例から、素敵でちょっと面白いレイアウトをご紹介します!

デスクとTVボードを組み合わせたホテルのようなお部屋

 デスクとカウンターをL字に組み合わせたお部屋です。TVにはTVボード! という常識はあえて捨てて、過ごしやすさを優先させた配置が面白いですね。
 カウンター上の高めのTVとベッドの配置でホテルのような雰囲気に。カウンターにTVを置くことでベッドに寝たままTVが見やすい高さに調整しています。
 (28837)

 (28838)

ベッドに寝たままTVが観られちゃうくつろぎルーム

 ベッドからもTVが観たいというご要望から、ソファではなくオットマンを並べてソファのようにしているレイアウトです。
 友達がきた時にはベッドを背もたれにオットマンでくつろぎながらTVを観て、ひとり時間はベッドでごろごろしながら映画を観る、そんな自由で素敵な使い分けができます。
 オットマンひとつひとつはソファよりも軽いので、お掃除がしやすいのも嬉しいポイントです。
 (28840)

 (28839)

壁際に”寄せない”収納

 収納がたくさん欲しいとご希望されたお部屋です。収納家具はなんとなく壁際に寄せていませんか?
 こちらはチェストを壁ではなくベッドの足元側に寄せているのがポイント。クローゼットとチェストが向かい合うことで小さなウォークイン収納スペースができています。
 人と人がすれ違わない一人暮らしでは80cm以上空間が取れれば可能なレイアウトです。引き出しの開くスペースなどは確認する必要はありますが、収納スペースを増やしたい方はぜひ参考にしてみてください。
 (28841)

 (28842)

 (28843)

仕切りを開け放してリゾートベッドルームに

 スライドドアで仕切りのあった空間を開け放し、天蓋を取り付けたベッドスペースです。大胆に取り付けた天蓋によってリゾートのような華やかな空間に仕上がっています。ブルーやブラウンなどの落ち着いた色合いが大人っぽくて素敵です。
 片開きのカーテンなど、細部にも真似したいこだわりポイントのあるお部屋です。
 (28844)

 (28845)

まとめ

 収納は壁に寄せる、カーテンは両開き、照明はとにかく明るいもの...など、無意識のうちにやっている「なんとなく」を一度疑ってみてください。より快適で自分らしいお部屋作りのヒントが隠れているかもしれません。
 お部屋を模様替えすることで気分ががらっと変わったり、インテリアで少し冒険してみたら他のことにも少しずつ挑戦できるようになったり、毎日過ごすお部屋にこそ自分を変える力があります。お部屋作りを楽しむことで新しい自分らしさを発見していきましょう!
Ikumi Shiba インテリアコーディネーター

映画と旅をこよなく愛するKARENのインテリアコーディネーター。Instagram(@karen_interior_official)ではKARENの事例やみなさんのお部屋の素敵ポイントをコーディネーター目線で紹介しています。

https://www.karen-karen.com/
KARENとは
1部屋7980円〜のお手頃価格でインテリアコーディネートをおまかせできるサービス。採用率5%のプロのインテリアコーディネーターとクオリティの高い3Dイメージでひとりひとりの生活に合わせたデザインをご提案。家具の購入予算や提案してほしい家具も思い通りに。
https://www.karen-karen.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

ワンルームでもくつろぎたい!省スペースなソファ選びのポイント3つ

ワンルームでもくつろぎたい!省スペースなソファ選びのポイント3つ

 リラックスタイムを大事にするならソファは必要不可欠な家具の一つです。スペースも予算も限られている一人暮らし、どうやってソファを選ぶと良いの?インテリアコーディネーターが3つ...
Ikumi Shiba
2019.11.06
一人暮らしで勉強部屋・スペースをどう作る? 集中できる場所のために考えたいこと

一人暮らしで勉強部屋・スペースをどう作る? 集中できる場所のために考えたいこと

大学生の一人暮らしはワンルームタイプの部屋が多いものです。くつろぐための部屋でもありますが、試験前の勉強やレポート提出など学業に力をいれる勉強部屋としても重要です。おしゃれに...
とりぐら編集部・とり
2019.09.15
狭い部屋はレイアウトを工夫する! 一人暮らしの部屋を広く使うポイントとは

狭い部屋はレイアウトを工夫する! 一人暮らしの部屋を広く使うポイントとは

大学進学をきっかけに初めて一人暮らしをするという人も多いかもしれません。一人暮らしの部屋の間取りといえばワンルームや1Kが一般的ですが、どうしても手狭な印象になってしまいます...
とりぐら編集部・とり
2019.08.29
「白いお部屋」に住みたい! おしゃれなホワイトインテリアコーデのコツ

「白いお部屋」に住みたい! おしゃれなホワイトインテリアコーデのコツ

「白いお部屋」は女子の永遠の憧れ♪ 白を基調としたインテリアは、お部屋が明るく広く見えて、どんなカラーにも合うから幅広いコーディネートが楽しめる、人気のスタイルです。今回は、...
とりぐら編集部・ぐら
2019.06.10
流行りの「リゾートインテリア」実例! 一人暮らしの部屋をハワイ・西海岸・バリ風に

流行りの「リゾートインテリア」実例! 一人暮らしの部屋をハワイ・西海岸・バリ風に

最近人気のお部屋のテイストといえば、「ハワイ」や「西海岸」「バリ」といった南国のリゾートスタイル。心地よい風や海を思わせるインテリアでお部屋を飾れば、手軽にリゾート空間を演出...
とりぐら編集部・ぐら
2019.06.05

この記事のキーワード

この記事のライター

Ikumi Shiba Ikumi Shiba