2020年07月31日 更新

豊かに暮らすヒントが見つかる! フランスアンティーク雑貨店「BROCANTE」の魅力

なにかと忙しい日々の暮らしのなかで、ほんの少しだけ立ち止まって、美しい”もの”を眺める時間があったら素敵だと思いませんか? 今回はそんな、思わず目をとめてしまうような”美しいもの”たちに出会える雑貨店「BROCANTE(ブロカント)」をご紹介します。

美術館に並ぶ芸術作品のような美しいヨーロピアンアンティークの家具や雑貨に憧れたことがある方も多いのではないでしょうか。エレガントなのに気取らず、心地よい上品さ。それでいて、なんだか懐かしい感じもする……そんなヨーロピアンアンティークのなかでも、フランスの品々を取り扱っている「BROCANTE」。店主の松田さんに、フランスアンティークの魅力、そして、古きよきものとの暮らし方を教えてもらいました。
BROCANTE店主 松田 尚美さん

フランスアンティークの魅力は、今の暮らしのなかにあっても衰えない美しさ

自由が丘駅から徒歩5分、路地裏にひっそりとたたずむ「BROCANTE」。素朴な石造りの南仏の建物をイメージし、モルタルで仕上げた店内に入ると、なんだかとても落ち着いた気分になります。

BROCANTEとは、フランス語で「古道具、古道具市」を意味する言葉。「美しいガラクタ」という言葉が語源になっているそう。その名の通り、店内には長年にわたり人々に愛され大切に使われてきた美しい道具たちが並びます。
ヨーロピアンアンティークのなかでも「フランス」を選んでいる理由は、シンプルでシックということが大きく影響しているそうです。
松田さん

フランス人の持つ美意識の高さもあって、素朴なフォルムに程よい抜け感があるのが魅力です。とても洗練されていて、今の暮らしのなかにあっても古めかしくなり過ぎないように感じます。

店内に並ぶのは、年に一度3週間ほどかけて、パリからリヨン、アヴィニョン、マルセイユ、ニースなどを巡って買い付けてきた品々。モノトーンながらも、エレガントでクラシカルなものを選んでいます。
松田さん

デコラティブ過ぎるものは避けるようにしていて、日本の家屋にあっても違和感のないものを中心に選んでいます。
でも時折、日本ではあまり見かけない牧歌的なウォールオブジェなど、遊び心のあるアイテムも取り入れています。

アンティークだからといって、特別なお手入れが必要というわけでもないと言います。カゴバックなど、新品よりこなれているものもあり、逆に使いやすい場合もあるそう。

とはいえ、決して安くはないアンティークの品々。でも使い込めばさらに味が出て、ずっと長く使うことができます。まずは”愛着の湧く一点”だけでも手元に置いてみてはいかがでしょうか?

そこで松田さんに、一人暮らしのお部屋にも取り入れやすいフランスアンティークの雑貨や家具を紹介していただきました。

年月が作り上げた“美しさ”を味わう暮らしを楽しんでみよう

ではさっそく、一人暮らしのお部屋にもぴったりな美しいフランスアンティークのアイテムを教えていただきましょう。

使い方は自由! 手作りゆえの味わいを感じるコンフィチュールグラス

小さな雑貨なら、一人暮らしのお部屋にもすぐに取り入れられます。たとえば、コンフィチュールグラスはいかがでしょうか。

コンフィチュールグラスとはフランス特有のジャム瓶のこと。ぽってりとした厚みのあるガラスには小さな気泡が入っていて、光が当たってきらめく様子はとても綺麗です。
松田さん

すべて手作業で作られているため、似ているようで、どれ1つとして同じものがないのが特徴です。料理やデザートの器としてはもちろん、草花を生けたり、キャンドルを飾ったりと、さまざまな使い道を楽しんでいただけると思います。

少し傾いていたり、ふちが欠けたりしていても、大切に受け継がれた品は温かみがあり格別な味わいです。窓際やテーブルの上にちょこんと置かれているのを眺めるだけでほっこりとした気分になりそうですね。

気品漂うエレガントな佇まいのサイドテーブル

小物だけではなく、アンティークの家具も取り入れてみたい! 小さなサイドテーブルなら、一人暮らしのお部屋にも比較的置きやすいのではないでしょうか。目覚まし時計を置いたり、リラックスタイム中にコーヒーカップを乗せてみたり、さまざまなシーンで大活躍してくれるはずです。

たとえば、くるくるとねじりの利いたツイストレッグが印象的なこちら。

サイドテーブル 54,000円

アンティークらしいクラシカルな上品さがしっかりと感じられます。テーブルの上に何も置かなくても美しく、品の漂う家を演出できそうですね。
松田さん

アンティークのなかでも、モダンなテイストのものもご用意しています。無駄のないすっきりとしたデザインなのに、どこか気品を感じさせるたたずまいが魅力です。

サイドテーブル 42,000円

アンティークのテーブルを取り入れて、経年の深みを感じながら、ゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。サイドテーブルなら、今後暮らしが変わってもずっと愛用できるはずです。

テーブルを華やかに彩る絵画のようなプレート

一人暮らしでも、食器のバリエーションがあると食事が楽しくなります。普段使いのものとは別に、お友達を家に招いたときや自分へのご褒美、ちょっと特別な日に使える素敵なお皿があったら、気分も華やぎますよ。
松田さん

長い年月を経て生まれた独特の風合いが優雅で、大人な雰囲気を演出してくれます。ジュエリーを乗せるプレートとして使ってみるのもおすすめです。普段何気なく使っているものも、この上に乗せるだけでエレガントになりますよ。

ヨーロッパの伝統と歴史を感じるクラシカルなデザインで、飾るだけでも絵になるアンティークのプレート。乗せたものを美しく引き立て、華やかに演出してくれるに違いありません。

“よいモノ”に触れ、心に響いた瞬間を大切に

ご紹介したような、美しく、歴史を感じられる家具や雑貨は、わたしたち自身をも引き立ててくれる何かがあるような気がしませんか?

「自分の周りにあるモノによって、暮らし方ばかりでなく、生き方や人生も変わってくるかもしれませんね」と松田さんは言います。
松田さん

一人暮らしの若い世代の方にも、“よいモノ”に触れられる暮らしをして欲しいと思っています。わたし自身、お小遣いの少なかった高校時代に、大好きなF.O.B COOP(フォブコープ)で買った栓抜きを今でも愛用しているのですが、手にする度にそれは柔らかで優しい気持ちになります。「これでいいか」ではなく、「これがいい」をちょっとでも意識して繰り返してみると、暮らしや生き方も変わってくると思います。

インテリアをすべて古いモノや高価なモノでそろえる必要はありませんが、美しいモノを見る機会を増やして、その美しさが心に響く瞬間を大切にできたらいいですね。

まとめ

洗練された美しさの中に、大切に使われてきた温かみも感じることができるフランスアンティークの品々が並ぶ「BROCANTE」。そこには、松田さんがフランスを訪れたときに感じた美意識の高さや古いモノと共存することのすばらしさ、そして、「もっと人は幸せに暮らしていいんだ」ということを五感で感じて欲しい……そんな思いも込められています。

「BROCANTE」に行ってみたら、美しいモノに触れながら「豊かに暮らす」ヒントに出会えるはずです。

取材協力

BROCANTE

【住所】東京都目黒区自由が丘3-7-7 1F
【TEL】03-3725-5584
【営業時間】13:00~18:00営業、火曜・水曜定休日
※当面の間、短縮営業中 毎週金〜月曜日 13時〜17時

ショップ情報へ

オンラインショップへ

インスタグラムへ

※価格はすべて税込み
※商品は数に限りあり、完売する場合もあります
※この記事は6月時点の内容です
※営業日や営業時間は変更となる場合があるため、 お出かけ前に公式サイトにてご確認ください

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

生活にフィットするお気に入りが見つかる!「POINT No.38」のアメリカンヴィンテージ

生活にフィットするお気に入りが見つかる!「POINT No.38」のアメリカンヴィンテージ

ユニークなデザインや手掘りの雄々しい風合いが特徴のアメリカンヴィンテージ。それらをインテリアに取り入れて、部屋の雰囲気をがらりと変えてみませんか? 今回はそんな、遊び心があり...
とりぐら編集部
2020.09.14
息は抜いても手は抜かない!「M’amour」のフランス雑貨で、リラックスタイムを優雅に過ごそう

息は抜いても手は抜かない!「M’amour」のフランス雑貨で、リラックスタイムを優雅に過ごそう

東京都目黒区にあるM’amour(マムール)は、フレンチスタイルのテーブルウェアと雑貨を扱うお店。店内にはオーナーが自ら買い付けた、アンティークやブロカントを中心とした自慢の...
とりぐら編集部
2020.08.26
理想のくつろぎ空間! クラッシュゲートに学ぶ憧れのお部屋作り

理想のくつろぎ空間! クラッシュゲートに学ぶ憧れのお部屋作り

遊び心のあるデザインが魅力のインテリアショップ「クラッシュゲート吉祥寺店」。テーブルやソファ、照明、ラグからテーブルウェア、スリッパまで豊富な品ぞろえのお店です。なかでも、リ...
とりぐら編集部
2020.04.06
アンティークのような味わいが魅力! シャビーシック&アメリカンヴィンテージスタイルの家具や雑貨を扱うコベントガーデンバザール自由が丘店

アンティークのような味わいが魅力! シャビーシック&アメリカンヴィンテージスタイルの家具や雑貨を扱うコベントガーデンバザール自由が丘店

感度の高いおしゃれ雑貨店がひしめく自由が丘にあって、多くのアンティークテイスト好きに愛されている「コベントガーデンバザール自由が丘店」を取材しました。ここには、ヨーロッパを中...
とりぐら編集部
2020.03.16
はじめてのDIYなら「Decor Interior Tokyo」へ。今すぐチャレンジしたくなるアイテムがいっぱい!

はじめてのDIYなら「Decor Interior Tokyo」へ。今すぐチャレンジしたくなるアイテムがいっぱい!

憧れの一人暮らし。自分だけのお部屋作りに挑戦したい! せっかくならDIYにもチャレンジしてみたい! でも、いったい何から始めればいいのだろう……そんなお悩みを解決してくれるイ...
とりぐら編集部
2020.08.27

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた