2020年04月24日 更新

古さと新しさをミックスした柔らかな日差しの似合う部屋【インテリア上級者の一人暮らしのお部屋を拝見!】

SNSなどで見る憧れのおしゃれな部屋。真似したいけれど、何から手を付ければいいか迷ってしまうという人も多いはず。そこで、素敵な部屋作りを成功させるコツをインテリア上級者にインタビューしました。実際に暮らしている部屋の写真を見ながら、部屋作りの参考にしてみてください。

広さや間取りに関わらず、一人暮らしの部屋を素敵な空間に彩って生活している人はたくさんいます。そんな人たちから実践のテクニックを教えてもらえば、おしゃれな部屋作りができるはず。そこで、インテリア上級者が実際に暮らしている部屋を見せてもらいました。

今回は、ヨガが趣味だというAさんのお部屋をご紹介。1K25㎡というワンルームとは思えないほど、広々とした印象の部屋に仕上がっています。では、さっそく素敵な部屋作りの秘訣やテクニックなどを伺っていきましょう。収納が少ない部屋に暮らしている人、必見です。

目指したのは、古いものと新しいものが溶け込んだ部屋

株式会社アクタス Aさん(30代) 家具ディスプレイスタイリスト

間取り:1K7.5畳(25㎡)

リビングの入り口から窓までの動線を確保することで、窓が広く見え、開放的な印象に

今回、部屋を紹介してくれるのは、丁寧な暮らしを提案しているインテリア企業「アクタス」に勤める30代女性のAさん。会社では、家具ディスプレイスタイリストとして活躍しています。ふだん部屋ではどんな過ごし方をしているのでしょうか。
Aさん

自分にとって部屋は、いろんなスイッチをオフにできる場所。心を整え、心を満たしてくれるための空間です。今の住まいは高層階のため、カーテンを開けて、床に座って外を見ると、建物も見えず、空だけが広がっていきます。その景色をぼーっと眺めるのが好きなんです。


Aさんの部屋は、収納が少ない1K25平米の賃貸マンション。リビングルームは7.2畳という限られた空間の中で、いかに自分の心地よい空間を作っているか、というのが今回のポイントとなりそうです。
Aさん

部屋のテーマは、素材、新旧テイストのミックスです。出所のわからない古いものと、新しいものがどちらも程よく溶け込んでいる空間が理想です。


なかでもお気に入りは、リビングに置いているイギリス製のユーズドサイドボードなのだそう。優しい木の風合いが素敵で、観葉植物が置かれたナチュラルな雰囲気の部屋になじんでいます。

狭い空間を広く見せるテクニックとは

ワンルームの暮らしで、ぜひ真似したいのが、ミラーを使って部屋を広く見せるという技。Aさんは、サイドボードの上に少し大きめなミラーを配置。お化粧の際に役立つだけではなく、視覚のトリックで部屋に奥行が生まれたような印象を受けます。ライトの灯りや窓からの光も映し出すため、部屋の明るさもUPします。
さらに、流しの横にあるキッチンの戸棚はカラースキム(色彩の調和)を整えて、飾りながら収納。籠や籐の素材のBOXやガラス瓶、白が基調のキッチンアイテムなどで統一感を出すことで、むしろ見せたくなるほどのかわいいインテリアコーナーに。
隠すのではなく、あえて見せることで空間に広がりができ、部屋がグンと広い印象に変わります。

照明やチェストなど、実際に購入したアイテムたち

家具ディスプレイスタイリストのお仕事をされているAさんは、日ごろから素敵なインテリアに囲まれて生活をしているはず。そんなAさんが、「これは買い!」だと、ご自分の部屋に取り入れたアイテムが気になるところ。実際に購入したインテリア用品の一部をご紹介します。
まずは、照明。リビングで使っている照明は、ACTUSのLOUIS POULSEN/ENIGMA425Pendant Lamp。
デスク上の照明は、ACTUS CLARKSのもの、スツールはACTUS のSHOE MAKER Stoolです。
先ほどご紹介したミラーはACTUS SLOWHOUSEのものだそう。他にも、チェスト上やサイドボード上のフラワーベースもACTUSで購入したそうです。
忙しいと生花を常に飾るのはなかなか難しいので、フラワーベース自体をインテリア小物として利用したり、ドライフラワーを飾ったりするのも、真似したいテクニックですね。

部屋には余白と抜け感が大切

最後に、Aさんからおしゃれな部屋作りのためのアドバイスをいただきました。
Aさん

ファッションやメイクと同じように、部屋のインテリアでも余白や抜け感が大事だと思います。まずは、自分が好きだと思うもの、心地よいと思うものを厳選しながら揃えること。そして、引き算を忘れずに組み合わせていくことです。


さらに、これがあるといいというものも教えてくれました。
Aさん

それは、照明。照明がおしゃれだと部屋の印象ががらりと変わります。他を妥協しても、照明だけは気に入ったおしゃれなものをまず探してみてください。


ACTUS

インテリアショップACTUS(アクタス)は、輸入家具からオリジナル家具・雑貨・カーテン・システムキッチンまで取り揃え、丁寧な暮らしを提案しています。

>> 公式WEBサイトはこちら

まとめ

Aさんの新旧のテイストを織り交ぜた優しい雰囲気のお部屋をご紹介しました。部屋にあるアイテムたちがひとつひとつ丁寧に選ばれているものだと伝わってくるお部屋でしたね。素敵なものがたくさんあるのに、ごちゃごちゃした印象になっていないのは、きっと“抜け感”を意識して部屋作りをしているから。さらに、照明などポイントとなるところは抑えるというのもインテリア成功の近道だと教えてくれました。

約7畳1Kの部屋でも、自分らしい部屋作りができることがわかり、やる気が出た人も多いのでは? 小物使いや家具の配置、ミラーを使ったテクニックなど、取り入れられるところはどんどん真似をして、理想の部屋を作ってみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

素敵な物語が始まりそう。北欧アパルトマンをイメージした、ハンサムなワンルーム

素敵な物語が始まりそう。北欧アパルトマンをイメージした、ハンサムなワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、アートをちりばめ、北欧や和のアイテムをMIXした小物使いが秀逸なnnhorinnさん。写真も参考に、ワンルームを快適に過ご...
とりぐら編集部
2020.01.24
アイアン家具と植物が配された、自由な空間多めの清々しいワンルーム

アイアン家具と植物が配された、自由な空間多めの清々しいワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、ナチュラルなお部屋で丁寧な暮らしをしているbroccoli_azさん。写真も参考に、ワンルームを快適に過ごすテクニックをチ...
とりぐら編集部・ぐら
2020.04.24
ドライフラワーと好きな雑貨に囲まれた自然体で暮らせる部屋 【インテリア上級者の一人暮らしのお部屋を拝見!】

ドライフラワーと好きな雑貨に囲まれた自然体で暮らせる部屋 【インテリア上級者の一人暮らしのお部屋を拝見!】

SNSなどで見る憧れのおしゃれな部屋。真似したいけれど、何から手を付ければいいか迷ってしまうという人も多いはず。そこで、素敵な部屋作りを成功させるコツをインテリア上級者にイン...
とりぐら編集部・ぐら
2020.04.24
海外で人気のパレットベッドも導入! 白床を活かした温かみある1K

海外で人気のパレットベッドも導入! 白床を活かした温かみある1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1Kに暮らす0722_ruruさん。もともとの白い床に合うようホワイトカラーでまとめつつ、ラグやクッションで温かみをプラス...
とりぐら編集部
2020.11.12
青がテーマカラー! メリハリを効かせた北欧風1K

青がテーマカラー! メリハリを効かせた北欧風1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、大阪の1Kに暮らすomomomo.ouchiさん。青がテーマカラーの北欧風インテリアで素敵にまとめています。写真も参考に、...
とりぐら編集部
2020.04.07

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・ぐら とりぐら編集部・ぐら

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ