2020年04月24日 更新

海外のインテリアを参考に、1Kのモノトーンルームに猫2匹と一緒に暮らす

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、高級感のあるモノトーンの部屋に猫2匹と共に暮らすn_______rmさん。写真も参考に、ワンルームを快適に過ごすテクニックをチェックしていきましょう。

27歳の女性、n_______rmさんは2018年2月より一人暮らしをスタート。ブラック×ホワイトに差し色でグレーを入れたモノトーンのインテリアで統一された部屋は、さながら海外のホテルのような雰囲気。ベッドをはじめ、収納やキッチンに至るまで、美しく広がるモノトーンの世界はため息もの。生活感がなく、まるで海外のインテリア雑誌を切り取ったかのような雰囲気です。しかも、そんな素敵な空間でかわいい猫2匹も一緒に暮らしています。一人暮らしでペットと暮らすうえでの工夫や、素敵なモノトーンインテリアを作り出すコツなどを伺いました。
n_______rmさん

ワンルーム7.5畳

https://www.instagram.com/n_______rm/

広く見せるのではなく、大切なのは過ごしやすい空間

ホテルライクなn_______rmさんの部屋は、7.5畳のワンルーム。広いわけではないけれど、ゴージャス感を感じさせるのには、家具の配置にも信念があるからかもしれません。
n_______rmさん

目指しているのは、海外のモノトーンインテリア。とはいえ、生活するうえでは見た目以上に大切なことも。

わたしが部屋に求めるのは、過ごしやすさです。広く感じられるかより、過ごしやすい空間を優先して家具を配置しているんですよ。たとえば、ホテルのようにベッドを真ん中に置いたり、テレビを高めの位置に置いたりしているのも、そういう想いがあるからなんです

カーテンやファブリックをはじめ、テレビ台、テーブルなどの家具も白で揃えています。

n_______rmさん

ふだんは部屋で猫をひたすら眺めたり、ダラダラテレビを見たり、Netflixを見たりすることが多いですね。働く時間が長いので家にいる時は恥ずかしながらあまり動きません(笑)。なので、動きたくないを原動力に収納や家具の配置はなるべく無駄な動きが発生しないように生活動線を決めたうえでの配置を徹底しています

飼い猫のモカも棚の上などを自由にのぼって、くつろいで過ごしている様子。

キッチン、ランドリー周り、小物など、すべてにおいてテーマを統一

リビングだけではなく、キッチンや洗面所、チェストの上に飾っているオブジェや収納用品など、部屋全体を通して “モノトーン”というテーマに沿っているのが、n_______rmさんのお部屋の素晴らしいところ。一人暮らしのワンルームでは、リビングでくつろいでいる間もキッチンが見えるなど、目隠しできない場合も多いので、逆にカラーを統一した方がインテリアの失敗が少ないかもしれません。

洗濯機周りもモノトーンで統一。リビングから移動しても、急に生活感溢れる現実に引き戻されるということがありません。

棚などに収納できないキッチン用品も、色味が統一されていればそのままでもスッキリした印象に。

100均のものも上手に混ぜて、安くかわいくインテリアを楽しむ

n_______rmさん

家具やインテリア雑貨はイケアや楽天、100円ショップで購入したものがほとんどです。100円ショップでも、探すとおしゃれでかわいいアイテムが見つかることがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね

ダイソーで購入した吊り下げタイプのLEDライトに、セリアのランプシェードを被せておしゃれに演出。とても100円ショップで買ったものとは思えません。

セリアで購入した洗濯ピンチ。色を揃えるだけでおしゃれに見えます。

ワンルームならではの工夫が! やっぱりかわいい猫との暮らし

n_______rmさんが今インテリアにしたきっかけとなったのが、一緒に暮らす猫のロイとの出会い。「すべては、ロイが映えるため」と考えて、モノトーンで揃えることにしたそうです。その後、モカが加わり、現在は猫2匹との生活に。

一目ぼれして飼い始めたロイ(右)と新入りのモカ(左)の2匹と暮らしています。

一人暮らしのワンルームで気になるのが、猫のトイレ問題。n_______rmさんの場合は、大胆にもリビングに設置しています。それが、なんとマガジンラックの中!

マガジンラックの中によく見ると猫のトイレが。インテリアに自然になじんでいます。

ノコギリでサイドに穴を空け、猫の通り道をつくることで、ラックの扉を閉めてトイレを目隠しすることが可能に。

まとめ

洗練されたモノトーンインテリアが素敵なn_______rmさんのお部屋でしたが、意外にも100円ショップを活用し、金銭的にも無理のない範囲で上手におしゃれを取り入れていました。猫を飼っているのに、なぜこんなキレイなの?と思った人も多いかもしれません。くつろぎやすくするためにあえてホテルのような家具の配置を取り入れたり、マガジンラックに猫のトイレを設置したり、一見生活感のない部屋に見えますが、いろんな工夫がちりばめられていました。これから猫を飼う人、モノトーンが好きな人、部屋ではダラダラしたいという人は、ぜひn_______rmさんのアイデアをもらってくださいね。
※写真は全て@n_______rmさんより提供。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

透明感が美しい! 6畳の部屋を広く使う一人暮らしレイアウト&収納術

透明感が美しい! 6畳の部屋を広く使う一人暮らしレイアウト&収納術

6畳ワンルームの部屋、狭くて理想の部屋作りには程遠い…と思っていませんか? 小さな部屋でもちょっとしたレイアウトや収納の工夫で広々と心地よく過ごすことができるんです。そんなア...
やま
2020.03.11
都会的なBohoスタイルに心ときめく! リラックス感溢れるワンルーム

都会的なBohoスタイルに心ときめく! リラックス感溢れるワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、12畳のワンルームに暮らすmaro.anna44さん。都会感と伝統的なスタイルが融合したBohoスタイルのインテリアは、モ...
とりぐら編集部
2020.07.10
シンプルだけど無機質じゃない! “好き”を取り入れた心地よいワンルーム

シンプルだけど無機質じゃない! “好き”を取り入れた心地よいワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、猫グッズとゲームが好きなot.jakさん。1Kの部屋にワークスペースを設け、在宅でデザイナーのお仕事もしています。写真も参...
とりぐら編集部
2020.07.10
シンプルでコスパのいいアイテムを使った、ふんわりナチュラルなワンルーム

シンプルでコスパのいいアイテムを使った、ふんわりナチュラルなワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、プチプラアイテムを上手に取入れたナチュラルなお部屋に住む12mr22さん。写真も参考に、ワンルームを快適に過ごす、収納術や...
とりぐら編集部
2020.03.11
グレー×ゴールドで7畳ワンルームをスタイリッシュに演出

グレー×ゴールドで7畳ワンルームをスタイリッシュに演出

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回は、グレイッシュな北欧インテリアのお部屋に暮らすmairoom203さんにインタビュー。写真も参考に、ワンルームを快適に過ごすテクニックを...
とりぐら編集部・ぐら
2020.03.11

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・ぐら とりぐら編集部・ぐら

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた