2020年03月16日 更新

シンプル料理もカフェごはんに早変わり♪ 愛おしく思える”器”をひとつ手に入れて

代官山にある陶磁器と生活雑貨のお店「アレゴリーホームツールズ代官山本店」で、「焼き物」の種類やその魅力について初心者にもわかりやすく教えてもらいました。お料理がおいしく見える焼き物もご紹介します。

寒い季節は、外出するよりも家の中で過ごしたくなる日もありますよね。あたたかいおうちごはんを楽しむなら、焼き物の調理器具や器を使ってみませんか? 保温性の高い土鍋など、焼き物には便利な特性をもった調理器具やお皿がたくさんあります。アレゴリーホームツールズで、すてきな焼き物をチェックしてみましょう。
アレゴリーホームツールズ プレス 加藤 広美さん

そもそも焼き物って、どんなもの?

日本で古くから使われてきた焼き物。その種類は、粘土を焼き上げたものと、石を焼き上げたものの2つです。土でできたものを「陶器」、石などの原料で作るものを「磁器」、これらを総じて「陶磁器」と呼び、それぞれに焼き物ならではのよさがあります。

ぬくもりのある土の焼き物

陶器は別名「土物」とも呼ばれ、触り心地に土ならではのあたたかみが感じられます。手作りのものも多いので、作り手の個性が光るフォルムも魅力。
成形し乾燥させ、そのあと釉薬と呼ばれる薬を塗って焼くことで、強度が増しながら色づけもされます。その焼き色が器によってそれぞれ異なるのも土物のよさの一つです。

保温効果もあり冷めにくいのもうれしいポイント。お鍋をするなら、土鍋と土物のとんすい(取り鉢)がぴったりです。ミルフィーユ鍋や海鮮鍋をつくってみてもいいかも。 

ちなみに、土物の焼き物を初めて使うときは、「目止め」をすればきれいに長く愛用できますよ。目止めはお米のとぎ汁やおかゆで陶器を煮沸するだけ。でんぷん質の作用で、汚れが染み込みにくくなるんです。

薄くて強い石の焼き物

磁器は、軽量で強度があるので日常使いしやすいよさがあります。そのため、レストランやカフェの業務用としてもよく使用されるそう。
吸収性がないので、ナポリタンなどの濃い色がお皿に染みつく心配もありません。電子レンジにも対応していて、家事の負担を軽くしてくれます。レンチンで、蒸し鶏のバンバンジーなど蒸し料理が簡単につくれますね。

ちなみに、陶器と磁器には簡単な見分け方があるそう。
加藤さん

器を裏返して、土っぽい茶色だったら陶器、透明度の高い白なら磁器です。

気になる器があったら、ぜひ手にとって見てみましょう。

器のカラーでお料理を引き立てる「美濃焼」

岐阜県の美濃焼(みのやき)は、焼き物界ではとってもメジャーな存在です。陶磁器の中で高いシェアを誇る美濃焼は、釉薬(ゆうやく)で器に特徴的なカラーを出しています。中でも有名なのが、「志野焼(しのやき)」と「織部焼(おりべやき)」。

志野焼は白い釉薬をたっぷりかけた乳白色の器が代表的で、肉じゃがやグリーンサラダ、赤身のお刺身といった色味のあるおかずが映えます。

一方、鮮やかで深みのあるグリーンが美しい織部焼は、クリームシチューやクリーム系のパスタのホワイトが引き立ちます。

ちなみに、志野焼、織部焼を含めた15種類も美濃焼は伝統工芸品に指定されているんです。

寒い季節に活躍する「萬古焼」

アレゴリーホームツールズは、美濃焼ともう一つ、萬古焼(ばんこやき)を豊富に取りそろえています。
加藤さん

もともと美濃焼と萬古焼の窯元と繋がりがあり、2009年オープン当初から変わらずお取り扱いさせていただいています。当時から、これらを中心に扱うお店はそんなに多くなかったと思います。

萬古焼は三重県の伝統工芸品の焼き物で、土鍋などの耐熱陶器で有名です。「ペタライト」と呼ばれる鉱物を混ぜることで、耐熱性に優れひびが入りにくくしています。直火、オーブン、電子レンジに対応しているので、お料理の幅が広がりますね。

耐熱陶器は調理したあとそのままテーブルに出せるので、おしゃれな調理器具がお皿としても使えて食卓が華やぐのがポイントです。すてきな器を使うだけで、お料理もワンランクアップして見えそうですね。盛りつけ皿がいらないので洗い物が少なくなるし、一人暮らしの限られたキッチンスペースにはうれしいアイテムです。

加藤さんのおすすめの萬古焼をさっそくチェックしましょう。

お鍋で具材たっぷりラーメン

オジヤ鍋 ¥2,860

こちらのお鍋は、釉薬のかかっていないザラザラとした質感で、重厚感を感じる耐熱陶器。お鍋には珍しい半球型のころんとしたかたちがかわいらしいですね。

直火でお鍋のラーメンをゆでて、半熟卵にチャーシュー、メンマ、ネギとのりをトッピングすれば、いつものお手軽ラーメンがより一層おいしく感じられそう…。

うどんやおそばをつくってもいいし、風邪をひいたとき食べたいおじややおかゆにもぴったりです。

フライパンでカフェ風の朝食

ポワレフライパン ¥2,420

こちらは、シンプルで洗練されたデザインの一人用のフライパン。ホワイトとブラウンの2色展開で、どちらも人気だそう。

フライパンでサーブされる目玉焼きにトーストやソーセージをあわせて、おしゃれな朝食の完成!

夕食には直火調理でハンバーグやオーブンでグラタンも良さそう。

まとめ

耐熱陶器は使い勝手がよくて、ショップでも安定した人気を誇っているそう。お店には、ほかにも、和食だけじゃなく洋風の煮込み料理にも合いそうなスタイリッシュなお鍋や半月型のフォルムがかわいらしい取っ手つきの耐熱ボウルなど、お料理を引き立ててくれるおしゃれな耐熱陶器がまだまだありますよ。
ぜひ、アレゴリーホームツールズですてきな焼き物を見つけてみましょう!

取材協力店

アレゴリーホームツールズ代官山本店

東京都渋谷区恵比寿西1-32-29-102
03-3496-1516
12:00〜19:00営業、無休(年末年始のみ不定休)
東急東横線「代官山」徒歩2分
JR/東京メトロ日比谷線「恵比寿」徒歩6分
東急東横線「中目黒」徒歩8分

ショップ情報へ

※価格はすべて税込み

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

表情豊かな沖縄食器で、毎日の食事が楽しみになる ニライカナイ自由が丘で運命の「やちむん」を見つけよう

表情豊かな沖縄食器で、毎日の食事が楽しみになる ニライカナイ自由が丘で運命の「やちむん」を見つけよう

沖縄で日々使われている器や雑貨、食品などを取り扱うニライカナイ自由が丘。職人による手作りの食器類のほかに、箸置きや、小物入れ、ジュースなどの食品類も充実しているニライカナイ自...
とりぐら編集部
2020.08.07
個性派ぞろいで気分がアガる! 吉祥寺「ビッケ」の海外ヴィンテージ雑貨

個性派ぞろいで気分がアガる! 吉祥寺「ビッケ」の海外ヴィンテージ雑貨

海外の多彩なヴィンテージ雑貨で私たちの目を楽しませてくれる、吉祥寺の雑貨店「ビッケ」。店内には、コレクターをも魅了するレアアイテムがグッドコンディションで登場します。個性豊か...
とりぐら編集部
2020.07.08
昔ながらの道具でシンプルに暮らそう! 吉祥寺の器と道具の店「つみ草」へ

昔ながらの道具でシンプルに暮らそう! 吉祥寺の器と道具の店「つみ草」へ

大分の「小鹿田焼」、島根の「出西窯」、沖縄の「やちむん」など、世代を超えて人気の高い日本各地の器や、かご、ほうきといった生活雑貨などを豊富に扱う「器と道具 つみ草」。実用的で...
とりぐら編集部
2020.07.06
1,000円で食卓が憧れのレストランの雰囲気に! 「K×K by Kitchen Kitchen」の食器&ウッドボード&カトラリー

1,000円で食卓が憧れのレストランの雰囲気に! 「K×K by Kitchen Kitchen」の食器&ウッドボード&カトラリー

「家カフェ」がテーマのK×K by Kitchen Kitchen吉祥寺パルコ店。ショップには、おうちでカフェ気分が味わえる食器やカトラリー、ランチョンマットなどテーブルアイ...
とりぐら編集部
2020.06.26
コスパのよさにびっくり! ナチュかわ雑貨が並ぶ、K×K by Kitchen Kitchen吉祥寺パルコ店の魅力を徹底調査

コスパのよさにびっくり! ナチュかわ雑貨が並ぶ、K×K by Kitchen Kitchen吉祥寺パルコ店の魅力を徹底調査

忙しい日々の中で、カフェのようにほっと息抜きできる“自分だけの空間”を作ってほしい。そんな想いから「家カフェしよう」をコンセプトに、キッチンウエアやインテリア、生活雑貨を取り...
とりぐら編集部
2020.06.22

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた