2020年01月27日 更新

一人暮らしの女の子の部屋はシンプル&ガーリーに憧れる! 部屋作りの秘訣からおすすめの家具&収納方法もご紹介

女の子の部屋をかわいくまとめる秘訣をたっぷりご紹介します。インテリアの選び方だけでなく、部屋全体をかわいくガーリーに見せるためにはどうしたらいいのか、インテリアコーディネーターの小島さんにお話を伺いました。かわいいもの好きな一人暮らしの女性は必見です!

かわいい部屋、と一言で言っても、きれいめスタイリッシュ系なのか、レースやフリルが似合う甘めガーリー系なのか、そのジャンルやテイストはさまざまです。
今回は一人暮らしの女性が憧れる、シンプルだけどガーリーな女の子部屋の作り方をインテリアコーディネーターの小島さんにお伺いしました。部屋づくりの参考にしてみてください!
小島真子さん (株)ラフスタイル代表取締役・インテリアコーディネーター

法人、個人問わずサロン、オフィス、社員寮、ホテルなどのインテリアデザイン及びコーディネートを中心に、インテリア関連のセミナー講師や、執筆活動、コンサルティング、企画、またメディア協力でも活動中。

https://www.laugh-style.jp/

きれい&かわいい女の子部屋を目指す人におすすめ インテリアスタイル3選

ナチュラルスタイル

まとめやすく、人気のあるお部屋のスタイルです。ナチュラルテイストの中に個性を作れるよう意識してみましょう。

@ri1201co Instagramより

小島さん

ナチュラル過ぎない、というのがポイントになります。また、インテリアや雑貨、ファブリック系をすべて同じようなものでまとめるのではなく、パリのアパルトマンインテリアなど、海外インテリアをお手本にしたり、遊び心や辛口アイテムをプラスしたりするとまとまりやすいです。色だけではなく、素材のミックスも楽しんでみましょう

シャビーシックインテリア

シャビ―シックインテリアは、アンティークな洋風インテリアのことを指します。

@kanagram_room Instagramより

@piece_mini.s Instagramより

小島さん

ハッキリとした定義付けは不明ですが、ホワイトを基調として、古さは感じられる中にも女性らしい上品さがあるインテリアスタイル、使い古された中にも品や優雅さがある、上品で味があるアンティーク、とされているようです

北欧インテリア

人気が年々高まっている北欧インテリアは、その名の通り北欧出身のインテリアのことを指します。

@naoyxx Instagramより

小島さん

シンプルな形状でナチュラルな雰囲気を演出してくれるように木製の家具を使用し、テキスタイルで明るさをプラスします

インテリアをかわいくまとめるポイント

カラーは淡いペールトーンがおすすめ

かわいらしいガーリーなカラーといえば、ピンクや黄色、水色などなど。ビビットカラーも魅力的ですが、複数色を使うときには部屋がうるさくなってしまうこともあります。そんなときには、淡いパステルカラーやペールトーンで統一することがおすすめ。色数が増えても、トーンがそろっていればインテリアが馴染みます。

@rrriiroo Instagramより

小島さん

ピンク、紫、赤、水色などは原色ではなく、グレイッシュなものを混ぜるとおすすめです。また、花柄やクラシック柄を入れるとガーリーな印象がアップ。家具はベーシックな色でまとめ、チェアのシート部分に色を入れてみたり、雑貨で遊んでみたりと、大物家具にはあまり目立つ色を入れない方が統一感を出しやすくなります

ファブリック、ファー、ムートン素材でかわいらしさを演出

@rika_room______ Instagramより

柔らかい素材は、あるだけで部屋の印象も柔らかくしてくれます。なんだか緊張感のあるくつろげないお部屋だな、と思ったら、ラグやカーペットをちょっぴりふわふわのファーにしてみたり、壁にファブリック系の飾りをつけてみたりするとお部屋の表情を変えてくれます。クッションやぬいぐるみを増やしてみてもかわいらしさがアップします。

ベッドは思い切りガーリーに

@kanagram_room Instagramより

「かわいらしさ」の演出で一番効果的なのが、ベッドやベッド周りのインテリア。ベッドは大きな家具であるため部屋を占める割合も高くなり、部屋の印象を左右します。ガーリーなお部屋にしたい人は、ホワイトフレームのベッドを選んだり、デコラティブなベッドを用意するといいでしょう。
ベッド周りのインテリアもアンティーク風なシャービック系でまとめ、ベッドカバーやシーツのカラートーンも統一させましょう。素材違いのクッションをたっぷり置いてボリュームを出すのもポイント。

女の子の部屋作りにおすすめ!インテリアをおしゃれに演出できる家具

快適さと見た目のおしゃれさをかなえるコンパクトソファ

一人暮らしの部屋はソファを置くのに十分な広さとは言えないこともしばしばありますが、コンパクトサイズのソファなら部屋にメリハリを出すこともできます。

@yuchayoung_22 Instagramより

小島さん

選ぶ色と形でお部屋の雰囲気をがらりと変えることができます。お部屋の印象に合わせたソファを探してみましょう

かわいさと便利さを兼ね合わせたヘッドボードで遊べるベッド

ガーリーなお部屋は、スッキリシンプルなお部屋よりも物が多め。特にベッド周りはかわいらしいアイテムをたくさん置くことでガーリーさを演出できます。ヘッドボード付きのベッドなら、小物や雑貨を置いたり、間接照明をつけたりすることで遊ぶことができます。

一人暮らしの収納悩みはこうして解消する!

アクセサリーや小物はあえて「見せて」収納

あえて隠さない「見せる収納」。いちいち出したりしまったりするのがめんどうなメイク道具やアクセサリーは、ディスプレイしてしまえば簡単に使えるだけでなくおしゃれにもなります。ディスプレイしやすいインテリアを使って、収納を楽しみましょう。

@_081haru Instagramより

小島さん

収納部分とディスプレイ部分をあわせ持った家具を置くことがおすすめです。例えばディスプレイ部分があるローテーブルや棚などに、どこに何を置くのかを決めて飾ればまとまりが出た見せる収納ができます

空間をかしこく使って収納スペースを作る

一人暮らしサイズの部屋には、クローゼットや押し入れなど元々の収納スペースがない場合もあります。そんなときは、空いているスペースを無駄なく使って収納スペースを作りましょう。収納を意識してインテリアをレイアウトすると、生活のしやすさもぐっとアップします。
▼おすすめ収納ボックス


小島さん

ベッドやスツールの座面下を収納部として使用するのがおすすめです。収納ケースや、バスケット、ファイルなどで散らかりやすい洋服や書類系をひとつにまとめて収納しましょう

まとめ

インテリアスタイルやカラートーンを合わせれば、どんなお部屋もガーリーにすることができます。もうすでに家具を買いそろえてしまった……という人は、ベッドカバーやふわふわ系のアイテムを増やしてみるだけでも印象を変えられます。一角だけガーリースペースを作るのもOK。自分なりに考えながら部屋作りを楽しんでみましょう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

フルリノベーションで見違える部屋に! アイテム使いもシックでかわいい1LDK

フルリノベーションで見違える部屋に! アイテム使いもシックでかわいい1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、築34年の1LDKをフルリノベーションしておしゃれに暮らす_nevvxnevv_さん。写真も参考に、お気に入りのアイテムや...
とりぐら編集部
2020.06.18
ナチュラルホワイトなお部屋! 骨董品と新しい物をセンスよくMIXした1DK

ナチュラルホワイトなお部屋! 骨董品と新しい物をセンスよくMIXした1DK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1DKに暮らすeden_bbrさん。アンティークの家具などの古いもののなかに、流行のアイテムを上手に取り入れています。写真...
とりぐら編集部
2020.06.19
都会的なBohoスタイルに心ときめく! リラックス感溢れるワンルーム

都会的なBohoスタイルに心ときめく! リラックス感溢れるワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、12畳のワンルームに暮らすmaro.anna44さん。都会感と伝統的なスタイルが融合したBohoスタイルのインテリアは、モ...
とりぐら編集部
2020.05.29
本と古道具に囲まれた、ブックカフェのような1K

本と古道具に囲まれた、ブックカフェのような1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、7畳の1Kに暮らすaiko_0ooさん。古道具を配した部屋で、趣味の読書と手芸を楽しみながら暮らしています。写真も参考に、...
とりぐら編集部
2020.05.15
【広さ別・テイスト別】お部屋の実例レイアウトをのぞいてみよう!

【広さ別・テイスト別】お部屋の実例レイアウトをのぞいてみよう!

実際に一人暮らしをしている人のお部屋を、広さ別・テイスト別にまとめました! 理想の部屋作りを実現するために参考にしたい、コーディネート術に収納アイデア、アイテム選びの方法まで...
とりぐら編集部
2020.05.29

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた