2020年12月17日 更新

古い部屋を美しく改造! 温かみある塩系ホワイトインテリアのワンルーム

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、y_room_tulipさんのワンルーム。あか抜けなかった昔ながらの部屋を、セルフリノベーションで塩系のホワイトインテリアに一新しています。写真も参考に、コーディネートやお気に入りのアイテムなどをチェックしていきましょう。

実家の6畳一間を自分の部屋として利用しているy_room_tulipさん。インテリアのテーマは“温かみある塩系ホワイトインテリア”。白、グレーをベースカラーに、やわらかいベージュを差し色に使って、柔らかで優しい雰囲気を出しています。

実はこちらの部屋、もともとはあか抜けない昔ながらの雰囲気でした。それを今年の6月に改造すると決め、憧れのホワイトインテリアに一新したのだとか。DIYのテクニックもご紹介します。
y_room_tulipさん ワンルーム6畳(実家)

https://www.instagram.com/y_room_tulip/
y_room_tulipさん

もともとホワイトインテリアに憧れてお部屋作りを始めましたが、モノトーンだけより、温かみのあるお部屋にしたいなぁと思い、家具の一部やドライフラワーなどでベージュを差し色として入れました。柔らかいベージュがあると抜け感が出ると思います! 
また、部屋が6畳と小さいので、部屋のなかで占める色はほぼ白にして、広く見える効果を狙いました。家具は背の高いものが多いのですが、足やフレームが細いものや背面がない抜け感のあるものなどを選んで圧迫感が出ないようにしています◎

ダサ部屋をおしゃれにチェンジするDIY術

昭和感漂う昔ながらの部屋を今どきのホワイトインテリアに見ごと変身させたy_room_tulipさん。壁や床もなんとセルフリノベーションしたそう。ほかにも、カーテンや戸の取っ手部分などもすべて自分自身で一新しています。リーズナブルな価格帯も必見のDIY術を早速チェックしてみましょう!

まずは壁&フロアマットをチェンジ!

Before

After

古い部屋を改造したいなら、まず壁&フロアマットを張り替えるとかなり印象が変わる!と、y_room_tulipさん。特にホワイトインテリアを目指すなら、家具や小物を変えるだけでは追いつかない部分が出てきます。やはりレトロな壁と茶色の床を白にチェンジするのが先決かもしれませんね。

壁と床を変えるなんて、「難しいのでは!?」「金額も高そう!」と思っている人も多いかもしれません。でも、y_room_tulipさんの場合は、業者の手を借りずセルフリノベーションしたのでどちらも1万円前後という低予算で購入できたそう。

壁紙は「壁紙屋本舗」で、クッションフロアは「リスタ」で購入。思ったよりも重労働だけれど女性一人でもできたそうです。少し筋肉痛になっても、これだけ変化があればやりがいがありますね。

プチプラアイテムも部屋改造に大活躍

Before

After

細かい部分も少しずつ改造することで、理想の部屋にどんどん近づいていきます。アンティーク調で浮いて見える扉の取っ手をシンプルなシルバーに一新。すっきりとなじんでいますね。こちらの取っ手、「モノタロウ」というネットショップで1個73円(税別)で購入したそうです。ホワイトインテリアにしっくりとなじんでいますね。
壁紙の張替えの便利アイテムがマスキングテープ。壁紙の範囲外である木枠部分を目立たなくするために、y_room_tulipさんは900円ほどで購入した白いマスキングテープを貼ったそう。このアイデア、簡単なのですぐ使えますね!
押入れの一角を柔らかな雰囲気に変えるため、チュールカーテンを設置。使ったのは、「イケア」のLILL(税込799円)と「ダイソー」の突っ張り棒(税込220円)。
y_room_tulipさん

チュールカーテンを突っ張り棒に通しただけでとっても簡単です。自分でハサミでカットできるので、長さ調節もできます。カーテンとしても目隠しとしても使えて万能です!

イケアのお気に入りアイテム

シンプルでコスパのよい「イケア」のアイテムを愛用しているというy_room_tulipさん。お気に入りのなかから、コスパもよくて使ってよかったアイテムをご紹介します。

置くだけでおしゃれ! ベッドサイドテーブル

こちらは、ベッドサイドテーブルのNESNA(税込1,999円)です。
ランプや目覚まし時計など枕元にあると便利なアイテムを置いたり、花瓶やキャンドルなどで部屋に彩りを添えたり、好きなものを置くスペースとしても役立っています。天板がガラスなので、柔らかい雰囲気なのもお気に入りのポイントなのだとか。

1,000円以下の高コスパ! シンプルなハンガーラック

フレームが細くシンプルで、いろいろな部屋になじみやすい「イケア」のハンガーラックMULIG(税込899円)。見せる収納にも挑戦しやすいコスパの良さがなにより◎よく着るジャケットやコートなどを掛けておけば、お出かけの際の身支度もスムーズですね。

プラスαのおしゃれな演出

部屋にアートを取り入れる

ベッド周りの壁にはアートを飾っています。こちらは、アートブランド「DESENIO」で購入したもの。100均で購入した水平器でバランスを見て飾っているそうです。アートフレームは「ダイソー」と「セリア」で購入。部屋にアートを取り入れると、いっきに洗練された印象になりますね。

かわいい花瓶とキャンドルを置く

使わないときでもかわいいデザインの花瓶やキャンドルは、おしゃれなオブジェのように利用できます。透明なガラスの花瓶や白いキャンドルは、塩系ホワイトインテリアと相性抜群。花瓶にドライフラワーを活けたり、夜はキャンドルに火を灯したりすることで、気分転換もできます。

ちなみに写真の白いキャンドル3点はイケアで購入したそう。イケアはキャンドルの品ぞろえも多いので、気になる人はチェックしてみるといいかもしれません。

まとめ

渋くてあか抜けない古い部屋を、見ごと自分好みの塩系インテリアに変えたy_room_tulipさん。お金をできるだけセーブして、壁紙やフロアマットをどちらも1万円前後で張り替えていたのには驚きでしたね。家具もイケアのなかでもロープライスかつ自分に合ったアイテムをセレクトしたり、100均のアイテムを組み合わたりなどして、価格を上手にセーブしていました。
壁と床をチェンジすると、部屋の雰囲気はガラリと変わります。塩系ホワイトインテリアのように、色で統一感を出すインテリアでは部屋自体のカラーはとても重要なので、そこをまず変えるという発想は理にかなっていますね。引越しせずにインテリアを変えたいなら、セルフリノベーションにチャレンジするのもひとつの方法です。DIY可の古い賃貸に引越して、自分好みに部屋自体を変えるのも楽しいかもしれませんね。
※写真は全てy_room_tulipさんより提供
※掲載の価格、商品スペック等は掲載時の情報です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

色が気に入らないなら自分で変えちゃえ! 家具の簡単DIY術

色が気に入らないなら自分で変えちゃえ! 家具の簡単DIY術

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、6畳1Kで暮らす07.roomさん。ホワイトをベースにした空間には、やさしい雰囲気が溢れています。テイストが統一された家具や雑貨...
とりぐら編集部
2022.02.22
ホワイト&ベージュのお部屋のアクセントになる高見えアイテム4選

ホワイト&ベージュのお部屋のアクセントになる高見えアイテム4選

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、9.5畳1Kで暮らす___c.roomさん。全体を落ち着きのある淡いカラーでまとめつつ、アクセントとなる小物を散りばめることでメ...
とりぐら編集部
2022.06.28
壁を制しておしゃれルームに! 賃貸でもできる壁の活用術

壁を制しておしゃれルームに! 賃貸でもできる壁の活用術

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、優しい雰囲気あふれる7.5畳1Kで一人暮らしを楽しんでいる、__taremochilifeさん。壁面をディスプレイすることで、快...
とりぐら編集部
2022.02.28
部屋を垢抜けさせよう! 差し色や柄物を使ったアクセントの付け方

部屋を垢抜けさせよう! 差し色や柄物を使ったアクセントの付け方

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、6畳1Kで暮らす07.roomさん。ホワイトをベースにしたお部屋は、清潔感があってやさしい雰囲気。全体をホワイトでまとめつつ、随...
とりぐら編集部
2022.02.22
6畳でも家具はしっかり揃えたい! 一人暮らしの家具選びのポイント

6畳でも家具はしっかり揃えたい! 一人暮らしの家具選びのポイント

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、6畳1Kで暮らす07.roomさん。コンパクトなお部屋ながら、テレビやテーブル、ソファやプロジェクターなど、欲しい家具をしっかり...
とりぐら編集部
2022.02.22

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ