100円ショップで買える!仕上がりに差が出るリップアイテム

100円ショップで買える!仕上がりに差が出るリップアイテム

2015/03/13

ヘアメイクの基本

関連キーワード:


上手な口紅使いは、血色よくイキイキした表情の強い味方!でも、色選びや付け方がよくわからず、口元だけが浮いた七五三メイクになってしまう! なんていう嘆きの声もよく聞きます。

それでは、就活メイクに適した口紅の色は? 塗り方は? 苦手な人もうまくできる口紅選びのコツを、雑誌や広告、メイク講師など幅広く活躍中のヘアメイクアップアーティスト江頭亮子さんに教えてもらいました。


適した色・適さない色を知ろう

就活メイクにおける口紅は、顔色がよく見える色を選びましょう。おすすめは、肌馴染みのよいピンクベージュ。就活スーツがモノトーンな中、明るいポイントにもなりますし、多くの人が似合う色とも言えます。

ピンク系が苦手という人は、オレンジや赤でもベージュがミックスしてあるような色なら大丈夫です。単色のピンク、オレンジ、赤は色味が強く、肌が白浮きして見えますので就活では避けましょう。逆に薄すぎる色も顔色が悪く見えてしまうので気をつけて。また、グロスが入ってツヤが強いものや、パール入りのものもNGです。ただしリキッドルージュの控えめなツヤ感であればOK。口紅やリキッドルージュに慣れていない人は店頭で試して自分に似合う色を探しましょう。


リップブラシを1本持っておきましょう

口紅は「リップブラシ」を使ってぬりましょう。仕上がりにきちんと感が出て、持ちが違いますよ!

使い方としては、まず、リップブラシで口紅から色をとって唇全体につけたら、そのまま色を足さずに唇の輪郭を描きます。輪郭をとるときに色を足してしまうと、くっきりしすぎて華美な印象になってしまうのでご注意を。

また、リップブラシは他の使い方もできます。手持ちの口紅の赤みが濃いなと思ったときなどに、ベージュを1本常備しておき、リップブラシでその濃い色とベージュを混ぜるという使い方もできるのです。

仕上がりのよさと、調整力という点で、リップブラシはとっても頼れるアイテムです。100円ショップでも販売していますのでぜひそろえてほしいです。

文・吉田奈央


【プロフィール】

江頭亮子さん

SASHU、バンタン等のヘアメイクスクールを卒業後、ケサランパサランにて店頭美容アドバイザー並びに社内教育トレーナーを歴任する。ピーズアップ誌等のマガジン、ユナイテッドアローズやアルビオン等のカタログや広告の撮影、ブライダルメイク、そして講師業も手がける。また、パリコレクション DIORショー への参加など、多岐に渡り活躍中。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ