仕事 イコール お金? あなたにとって仕事とは?

仕事 イコール お金? あなたにとって仕事とは?

2015/06/10

就活hack

ニュース&コラム

関連キーワード:

仕事 イコール お金? あなたにとって仕事とは?

インターンやES作成など、就活のさまざまなシーンで「仕事とは……」ということを考える機会があります。仕事について考えることは、とても大切なのですが、いざ考え始めると抽象的過ぎて悩んでしまいますよね。

仕事 イコール お金?

「仕事とは?」の質問に対する、就活生の素直な答えとして「お金をもらうこと」といった回答があります。

もちろん間違いではありません。生活にはお金が必要。仕事はお金に直結するもの。だから「お金をもらうこと」というのも、答えの1つですよね。

ですが、それは入口です。就活では「入社後、どのように意識が変わるか?」という点をイメージしてほしいと思います。

アルバイトで考えてみる

例えばアルバイトを探すときに、最初はいろいろな条件を検討しますよね?

・家から近い方がいい
・勤務は週3~4くらいがいい
・若い人がたくさんいる職場がいい
・時給は最低1,000円ほしい

これはまだ、その仕事をやってない時点での、自分主体の思惑です。この思惑に「時給=お金」も入ってきます。

でも、働き出して数ヶ月すると、時給なんか関係なく、仕事に対する使命感や意気に感じて行動することがあると思います。

飲食店のバイトで、本当は休みなのに、お店が忙しいからという理由で、急に店長からヘルプを頼まれて、シフトに入った。

ということがあったとしましょう。

これは、自分の存在価値がちゃんとバイト先にあって、社員も期待してくれているという雰囲気があるから起こることですよね?

・率先して雑務をこなす
・状況判断ができる
・後輩のバイトを動かせる
・仕事の進め方などを社員に提案できる

そういった人は、社員から期待される機会も増えてくるはずです。

次のページ自分の存在価値と仕事

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ