【就活の基本】就職活動中に守るべき服装と身だしなみのマナー

【就活の基本】就職活動中に守るべき服装と身だしなみのマナー

2015/03/05

就活マナー

■靴&バッグ

靴はスーツに合わせるのが基本なので、やはり黒が良いでしょう。バッグもダークカラーにし、デザインもカジュアルすぎないものを選びましょう。

■髪の毛

色はやはり明るすぎない方が良いでしょう。固いイメージがある業界の場合は、カラーで染めるのはやめておいた方が無難です。

■メイク

女性のメイクは、顔色が明るく見えるようなナチュラルメイクで。濃すぎるのは厳禁ですが、ノーメイクも避けた方が良いでしょう。ネイルも派手なものはやめましょう。マニキュアをつけるなら、透明か淡いピンクやベージュが良いでしょう。

就活中にファッションで個性を出すのは難しいもの。アパレルなど、個性を重視する業種もありますが、多くの業界では、服装で個性をアピールするのはかなりの冒険です。

ある企業の採用担当者から、ほぼ全員の女性が襟付きのシャツを着てきた中で、襟のないブラウスを着てきた学生がいてすごく印象に残ったという話を聞いたことがあります(この企業の業界とは別の航空業界も志望していた学生だったという事もセットで印象に残ったようですが)。良い印象が残れば良いのですが、業種によっては、個性を出しすぎてマイナスの印象を与えてしまう場合もあります。面接が始まる前の第一印象でマイナススタートになるのは、もったいないですね。

その他にも、銀行などで、男性の半袖シャツがNGという業界、企業もあるようです。身だしなみやファッションの基本を押さえながら、業界研究をしっかりして、リスクを避けしましょう。

志村朋子さん
特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)企業で人事担当を経験したことをきっかけに、キャリアカウンセラー資格を取得。現在、若年および女性の支援活動を行う。
特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会 https://www.j-cda.jp/

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ