女性が働きやすい会社の特徴とは? 「東京都女性活躍推進大賞」からみる将来の働き方

女性が働きやすい会社の特徴とは? 「東京都女性活躍推進大賞」からみる将来の働き方

2022/03/01

企業研究

「女性がキャリアアップを目指せる会社で働きたい!」
「結婚、出産後の働きやすさが気になる!」

学生の皆さんが就職活動を始めるにあたって、入社後、将来的にも働きやすい会社であるか、とても気になりますよね。
国内の現状は、20年前と比べると結婚・出産後も働き続ける女性が増えてきていることがわかります。

▼共働き世帯数は14万世帯以上増加!

▼第一子出産後も働いている女性は53.1%

とはいえ、約半数の方が出産退職するなど、依然として女性が活躍できる環境が整っているとは言い難い状況です。

『東京都女性活躍推進大賞』とは?

この状況を変えるべく、東京都が実施しているのが『東京都女性活躍推進大賞』 。2014年に創設されて以来、女性の活躍を推進している企業等に賞を贈呈しています。
でも「“女性が活躍できる企業”って具体的にどういうこと?」
そんな疑問を、受賞した企業に勤める先輩に詳しく聞いてみました!

『東京都女性活躍推進大賞』に選ばれた企業で働く女性にインタビュー!

男女平等を企業文化として確立し、社内に留まらず広く社会に女性活躍を働きかける活動を展開

日本ロレアル株式会社

\事業内容/

化粧品の輸入・製造・販売

\受賞理由/

設立当初から多様性を尊重する企業風土を醸成。性別や勤続年数を問わない柔軟なキャリア形成を支援し、女性役員比率41%、女性管理職比率52%と、高い女性上位職比率を実現。また、社会貢献活動として、シングルマザーの就労支援や若手女性研究者の研究支援等を展開している。

教えてくれるのはこの人!

宮崎仁規さん

2009年、入社。「メイベリン ニューヨーク」プロダクトマーケティング担当、「ロレアル パリ」のグループプロダクトマネージャー、「メイベリン ニューヨーク」コミュニケーションチームマネージャーを経て、産休育休へ。復帰後は敏感肌用スキンケアブランド「ラロッシュ ポゼ」のマーケティングマネージャーとしてブランド戦略から広告制作まで幅広く手がけている。


ーー入社の経緯を教えてください。

学生時代、「ロレアル パリ」というブランドでインターンを経験し、若手社員が生き生きと活躍できる環境に惹かれて入社を決めました。売上世界No1の化粧品会社という大きな企業でありながら、若手社員が大きな裁量権を与えられ、日々俊敏な意思決定がされていました。大変そうでもありましたが、私は社会人になって早い段階で様々な経験をし自己成長をしたいと考えていたので、挑戦してみることを決意しました。

ーー新人時代に仕事のやりがいを感じたエピソードは?

入社して配属となった「メイベリン ニューヨーク」で、最初に課題として渡されたのが、当時苦戦を強いられていた口紅のカテゴリーをどう盛り上げていきたいかというものでした。そこで私が提案したのがリップクリームを販売して口紅を使わない若年層をブランドに取り込むということ。その後、私が提案したリップクリームの案が経営層やニューヨークの本社の開発チームにも認められ、数か月後にプロジェクトがスタート。1年目の新入社員でもいい提案をすると受け入れてもらえるという経験は大きな自信になりました。その後無事に発売され、道端で自分の製品を使っている人を見た時には涙が出るほど嬉しかったです。


ーー現在、宮崎さん自身も管理職ですが、御社が女性管理職比率52%を実現できる理由はどこにあると考えますか?

そもそも男女というくくりではなく、個を大切にする、個性を生かしながらそれぞれに合ったキャリアパスを作っていく文化があるからだと思います。一般的には昇進を望む人が多いのかもしれませんが、ロレアルは必ずしもそうではなく、目指すキャリアも多種多様です。それぞれの専門性や適性を発揮しながら個々が輝けるキャリア形成を会社が支援しています。その結果として、たまたま管理職の男女比率が半分になっているという言い方が適切なのかなと感じます。
私の場合は、そのとき目の前にあることを一生懸命頑張る中で、「次はこういうチャレンジをしてみたらどうだろう」と会社から提案をもらえることが多くありました。自分が望むキャリアを目指せる風土があり、会社からキャリアの実現に向けた方向性を提案をしてくれるという双方向のやりとりが最大の強みかなと思います。

ーーキャリアの途中で産休・育休を取得することに不安はありませんでしたか?

年功序列のような価値観がまったくなく、1年仕事を離れると同期から後れを取るといった制度設計ではないんですね。個々の人生設計や希望するキャリアパスに応じてキャリアを設計できるので、お休みをしたことによってキャリアプランに影響が出るという心配はありませんでした。


ーー現在、管理職と子育ての両立はできていますか?

今は子供が小さくて時間的な制約があるのですが、同じチームのメンバーが時間に配慮・理解してくれていることに感謝しています。それは海外チームも同じで、時差があるなかでも私が働ける時間にミーティングを設定してくれたりと配慮してくれます。そのうえで、仕事内容的には幅広く難しいチャレンジができていて、子育て中だからといって妥協することなく全力で仕事に取り組めています。


ーーでは最後に、将来像について教えてください。

現在は、チーム一丸となってブランド戦略の策定から、広告制作、研究開発チームとの製品開発まで幅広く携わっており、刺激的な毎日を過ごしています。いずれさらに視野を広げた仕事、マーケティングの専門性を強化できる業務にも挑戦してみたいと思います。


男性中心のものづくり企業において女性社員の活躍の場を創出し、企業や業界のイメージを一新

株式会社佐藤製作所

\事業内容/

金属加工業(「銀ロウ付け溶接」という手作業による職人技)

\受賞理由/

男性主体のものづくり企業という固定観念や先入観を打破するため、個々の能力・主体性を発揮できる環境を整備し、女性が職人や新設部署のマネージャーとして活躍。かつては男性中心の職場だったが、今では女性もリーダーシップを発揮して活躍しており、業界のロールモデルとなっている。

教えてくれるのはこの人!

佐々木彩佳さん

2020年入社。生産管理課として納期管理や部品の検査を担当しつつ、広報として手づくり社外報「銀ロウたより」の内容からデザインまで手がけている。さらに、現場に入り、銀ロウ付け溶接の習得にも力を入れている。


ーー入社の経緯を教えてください。

私はデザイン学科出身で、学校に求人募集が来ていたことがきっかけです。なぜ金属加工の会社から求人があるのか興味を持って見てみたら、銀ロウ付けという技術が学べると書いてあったので、知らない技術に興味が湧いてやってみたいと思ったのが最初のきっかけですね。その後説明会を受け、見学で社員のみなさんが親切だなと思って入社しました。土日祝日、お盆休みと年末年始の休みがしっかりあったのも大事なポイントでした。

ーー社会人になって2年目ということですが、仕事でやりがいを感じたエピソードは?

生産管理課と広報を担当していますが、こんなに多種多様な仕事を任せてもらえると思ってなかったので、知識も身についてきて、今すごく楽しいです。
個人のお客様向けの修理の窓口も私がやっているんですけど、修理する品物は思い出の品ばかりで、大切にしているものを直すことですごく喜んでもらえるのでやりがいがあります。


ーー社外報「銀ロウたより」やインスタなどの広報活動によって客層が広がっているそうですね。

「銀ロウたより」は、上司が発案して私が具現化したものです。技術的なPRというより、社内のアットホームさをイラストや写真を多く取り入れて発信しています。読んでくれるお客さんから「いつも見てるよ」と声を掛けてもらえるのがすごくうれしいです。
インスタには女性や若いスタッフの写真も多くあって「親近感が湧いた」という声も聞きますし、そのおかげで幅広いお客さんが気軽に相談できる会社になったのかなと思います。

▼佐々木さんが作成している銀ロウたより

ーー仕事と生活の両立するための環境はいかがですか?

仕事とプライベートのバランスはすごく取れます。平日は仕事、土日祝はしっかりお休みがとれて切り替えができるのがいいです。有休も取りやすいので、コロナが落ち着いたら1人旅に行きたいですね。
将来、結婚・出産しても、ここで仕事を続けたいなと思っています。上司含めて結婚や子育てを経験している人たちばかりなので、理解を得やすい風土があると感じています。


ーー現在、女性が働きやすいと感じるポイントはありますか?

社員の話をすごく聞いてくれて、風通しがいいです。うちの会社はおやつの時間があるんですけど、そういう時間に社長も一緒に雑談ができて、いろんな話がしやすい雰囲気だと思います。
銀ロウ付けも簡単なものから始めているんですけど、ベテランの現場スタッフさんがとても丁寧に教えてくれます。本当にゼロから教えてくれるので勉強になるし、優しくて温かくて、とても居心地がいいです。


ーーでは最後に、5年後の将来像について教えてください。

新しいアイデアの提案も通りやすい会社なので、銀ロウ付けを使ったオリジナルの雑貨やアクセサリーなどの一般販売をやりたいなと思ってます。
男性主体のイメージが強い金属加工業ですが、この会社からイメージを壊して、業界全体が変わっていければいいなという思いもあります。


社員間のサポート体制を重視した職場づくりによって家庭と仕事を両立しやすい環境を整備

株式会社オンザウェイ

\事業内容/ 

無線機等のリース・レンタル、無線機アクセサリの企画開発

\受賞理由/

1990年代から女性の新卒者の採用を推進し、女性社員が増加する中で、子育てや介護等で時間に制約がある社員が働きやすい環境を整備し、女性管理職比率が75%(2020年度)と高くなった。
また、性別に関わらず多様な視点からの商品企画も進み、売上げ拡大にも寄与している。

教えてくれるのはこの人!

増田知美さん

2003年入社。イベント会場に無線機を貸し出すレンタル業務を長年担当。2度の産休育休を経て、長期リースの営業部署へ。今年からは、執行役員として営業のサポートや社内の体制作りの業務を担当。


ーー入社の経緯を教えてください。

就活のときにいろいろな会社の説明会に行きましたが、ピンとこなかったんですね。そのなかで、(オンザウェイ代表の)野中は堅苦しくなく気軽に話せました。他の会社は競争して勝っていかなきゃいけないという感じが強かったんですけど、野中は「他の人と競争するんじゃなくて、一緒に学んでいこう」という人でした。
うちの会社は「共に育つ」という経営理念があって、私を含め他の社員も、無線機に興味があったというより、その理念に共感して入社してくる人が多い印象です。なので、同じ営業でもライバルという感じでは全然なくて、1人が上手くいくためにみんなでフォローするし、1人が受注を取ったらみんなで喜ぶ“仲間”という感じが強い会社だと思います。


ーー新人時代に仕事のやりがいを感じたエピソードは?

無線機のレンタル業務は、イベント主催者がイベント本番に無線機を使用できるようにお届けする仕事なんです。それなのに日付を1日間違えて配送の手配をしてしまってイベント本番に間に合わず、慌てて走って持っていったことが恥ずかしながら何度かありました。ちょっとしたミスでも、特に数字のミスは大きなことなんだと社会人になって実感しました。
それと同時に、自分がしていることが誰かに大きく影響するということも分かって、責任も感じるけどすごくうれしくて。「ありがとう」と言われることがうれしいという話はよく聞いていたけれど、体験してみて改めて分かった出来事でした。

ーー女性社員によるプロジェクトチーム発案の商品も多く販売され、売上げ貢献につながっているそうですね。

無線機は腰のベルトにクリップで止めて使うことが多いんですけど、女性はベルトをしてない人も多いですよね。15年くらい前、まだワンピーススタイルの看護師さんが多かったころに無線機をつける場所がないという話を聞いて、これはチャンスだなと思いました。それで私が発案して、ウェストポーチみたいに腰で止められる「シーバーポーチ」というものを作ったんです。お客様にもとても喜んでもらえて、やりがいを感じました。今では介護施設で働く女性スタッフの方がシーバーポーチをつけてくれることも多くなっています。


ーー子育て中とのことですが、仕事と育児の両立するための環境はいかがですか?

子供が生まれた当初は営業職でしたが、会社として早くから通信販売のモデルを作っていたので在宅でも仕事がしやすかったです。
短時間勤務をしているので時間的な両立もできていますし、男女ともに子供の行事に合わせて自由に休める風土があります。

ーー女性が働きやすいと感じるポイントはありますか?

子育て中の社員が多く、お子さんの熱で休むようなことは日常茶飯事なんですが、他の人の仕事をカバーする「お互い様精神」が根づいている会社だと思います。カバーし合いやすいよう、ミーティングや朝礼を通して情報共有をしたり、顧客管理をシステム化したのも大きいかなと思います。


ーーでは最後に、5年後の将来像について教えてください。

現在、社内の体制作りを担当しているので、それぞれの人が持っている能力を本当に生かせる組織作りをやりたいなと思っています。そのために社員のキャリアアップ支援策などを検討し、みんなが得意なことで勝負できる会社を作っていきたいと思っています。


女性活躍推進大賞について詳細を見る

令和3年度東京都女性活躍推進大賞受賞者

受賞者名をクリックすると、受賞者の取組内容をご覧いただけます。


■ 大賞受賞者
<事業者部門>
【産業分野】
日本ロレアル 株式会社株式会社 佐藤製作所 
【医療・福祉分野】 社会福祉法人 風の森
【教育分野】 国立大学法人 東京医科歯科大学

■ 優秀賞受賞者
<事業者部門>
【産業分野】
株式会社 オンザウェイ

【医療・福祉分野】
社会福祉法人 大三島育徳会

【教育分野】日本医科大学

■ 特別賞受賞者
<地域部門>
子育て支援SANの会018社会福祉法人 いのちの電話

東京都では、「東京都女性活躍推進ロゴマーク」をシンボルとして女性活躍推進の気運醸成に取り組んでいます。


提供:東京都生活文化局

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ