【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

2015/01/01

資格・スキル特集

関連キーワード:

【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

日本漢字能力検定(漢検)

【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

日本漢字能力検定(漢検)は、年間約220万人が受検する、漢字能力を測定する技能検定です。「読み」「書き」の知識量のみを測るのではなく、漢字の意味を理解し、文章の中で適切に使える能力を測ります。

出題分野は熟語の構成・意味・誤字訂正など幅広く、出題形式は記述式が中心です。日常生活にも応用できる能力を身につけることができます。

級は1~10級まで設定されています。検定に合格することによって、漢字能力はもちろん、目標に向かって学ぶという意欲の高さも評価されるため、就活を控えた学生からキャリアアップを目指す社会人までオススメの検定です。

【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?


【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?




【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

漢検は、漢字能力や言語力だけではなく学習意欲や向上心の強さの証明にもなるため、漢検を評価・活用する企業が多数あります。また、合格・不合格問わず郵送される「検定結果通知」では、自分がどこで間違えたかを確認できるため、復習しながらしっかり力をつけることができます。自分に合った級からスタートし、ビジネスパーソンに必要なレベルとされる2級、準2級の取得を目指してみてはいかがでしょうか。


【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

■検定日

第1回 平成27年6月21日(日)、第2回 平成27年10月25日(日)、第3回 平成28年2月7日(日)

■受付期間

第1回 平成27年3月1日(日)~5月21日(木)
第2回 平成27年7月1日(水)~9月26日(土)
第3回 平成27年11月1日(日)~平成28年1月7日(木)
※いずれも申込締切日協会必着

■受検級

1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級、6級、7級、8級、9級、10級

■申込方法

インターネット、コンビニ、取扱書店、取扱機関(新聞社など)

■検定時間

1~7級:60分、8~10級:40分

■受検地

全国主要都市に設置 ※受検地・検定会場は回ごとに異なります。

■検定料

1級:5,000円、準1級:4,500円、2級:3,500円、準2~4級:各2,500円、
5~7級:各2,000円、8~10級:各1,500円

■合格発表

検定日約30日後にWEB合否結果サービス開始。検定日約40日後に検定結果資料が郵送されます。

■合格基準

1~7級は200点満点とし、1級、準1級、2級は80%程度、準2~7級は70%程度で合格。
8~10級は150点満点とし、80%程度で合格。

■漢検CBT受検

漢検CBT会場でコンピューターを使って漢検(2~7級)を受検するシステム「漢検CBT(Computer Based Testing)」もあり。都合のよい日程を選んで受検することができ、合格すると、ペーパーでの検定と同じ資格を得ることが可能。詳しくは公式サイトまで。http://www.kanken.or.jp/kanken/cbt/

■問い合わせ先

お問い合わせ窓口 フリーコール0120-509-315 (月~金 9:00~17:00※祝日、年末年始を除く)

■公式サイト

http://www.kanken.or.jp/kanken/business/ ※漢検ホームページ 大学生向けサイト

【仕事に役立つ資格カタログ】日本漢字能力検定(漢検)とは?

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ