【web面接】スマホしか持っていなくても大丈夫? 必ず準備するもの・注意点を解説

【web面接】スマホしか持っていなくても大丈夫? 必ず準備するもの・注意点を解説

2020/06/17

就活の基礎知識

関連キーワード:

就職活動での面接といえばかつては対面が基本でしたが、最近ではオンライン上で行うweb面接も増えています。自宅をはじめ好きな場所で面接を受けられるので、リラックスして面接に臨めたり、交通費や移動に伴う時間が節約できたりといろいろなメリットがありますが、一方で、web面接のために余計な出費が発生する人もいるでしょう。通信機器を購入する余裕がなくスマホしか持っていない学生も少なくないと思います。
今回はスマホを使ってweb面接を行う際に準備するものや出費を抑えつつ環境を整える方法、注意点をご紹介します。

スマホでweb面接の注意点

パソコンがなくてもスマホでweb面接は大丈夫!

学生の中にはパソコンを持っておらず、通信機器はスマホだけという人も少なくないでしょう。現在一人暮らし中の方だと、家族のパソコンを借りたりも気軽にはできませんよね。
そんなときに就職を希望する企業からweb面接を依頼されたら、対応できないのでは?と慌てがちです。しかし、最近のスマホは高機能なので、スマホしか持っていないからといって大きな問題になることは少ないです。

ただ、スマホを使ってweb面接をスムーズに行うには、スマホならではの特性を考慮する必要があります。自宅でスマホを使ってweb面接を受ける際、どんなところに気をつければいいのかそれぞれご紹介していきますね。

web面接を受ける環境を整える

スマホに限らずweb面接を受ける場合、web面接用の環境には気を付けましょう。大事なのは以下の3点です。

  • 通信環境
  • 背景
  • 音環境

特に通信環境は最も重要といっても過言ではないので、現在の使用状況に少しでも不安を感じたら、しっかり対策を整えておきましょう。固定回線が引いてありルーターからのWi-Fiを使うのがベストですが、回線が安定していれば、スマホの4G回線でも問題ないでしょう。
ただ、速度制限がかかったり時間帯で不安定だったり、電波の状況が良くないなどの不具合を感じられるようなら対策を講じておきたいところ。急ぎ準備するのであれば、ポケットWi-Fiを契約するのがおすすめです。契約してすぐ使えますし、ものによっては1日だけのレンタルで使うことも可能です。ただ、安さを重視して肝心の速度や安定感に欠けるようですと意味がないので、品質重視で選びましょう。

背景は、なるべく余計なものが映らない無地の壁を背景にすると良いでしょう。
カメラを設置する場所によっては、周囲の様子が写り込んでしまったり、顔がよく見えなかったりといった不具合が発生します。web面接では顔が暗いというミスもよく起こるので、自室の照明が顔を直接照らしてくれる位置がおすすめです。

音環境は、生活音などの発生しない静かな環境を整えることが大切です。暑い時期ですと窓を開けていることも多いかもしれませんが、外の余計な音を拾いやすいので窓はしっかり閉めて、空調はエアコンで整えるようにしましょう。扇風機もうるさい音がするものはNGです。
また、家族が同居している場合は面接中の配慮をお願いしたり、ペットの鳴き声や宅配便などの訪問者にも注意しておきたいところです。

▶Web面接の作法17選!就活アドバイザーが一問一答でお答え

スマホを手で持っての面接はNG!

スマホで面接を受ける際、直接手に持つのはNGです。手ブレで面接官にガタガタな映像が映ることになるので、必ず三脚やスタンドなどを用意し、スマホを定位置で固定させます。
固定方法は三脚やスタンド以外にも自宅にあるものを使って代用することができますが、途中で傾いたりしないよう、養生テープなどでしっかりと固定するようにしましょう。

面接を受ける前にカメラの位置を決めておき、相手から自分がどのように見えるか、面接官から表情が見やすいかをよく確認しておきましょう。特に目線の高さは上目遣いや見下すような感じにならないよう注意です。

アカウントのプロフィール画像や起動中のアプリに注意

web面接で利用する通話ツールは企業によって異なりますが、多くの企業がZoomやSkypeやなどのビデオ通話アプリを使用します。もし、すでに指定されたアプリを個人で利用している場合には、プロフィール画像を就職活動で用いている証明写真へ変更し、アカウント名もニックネームなどではなく本名がフルネームで表示されるように設定しましょう。

スマホ利用に特有のありがちな失敗例として、面接中に他のアプリが起動し、通話に影響を与えるというケースがあります。他のアプリを起動させたままでは途中で通信が途絶えたり、画面が変わってしまったりする可能性があるため、あらかじめ通知設定をオフにし、通話中は音などが鳴らないように注意しましょう。

どうしても環境が整わない場合の対処法

どうしても自宅のネット環境が整わず、web面接をスムーズに行うことが難しい場合には、他に場所を探しましょう。Wi-Fi環境の整ったホテルやネットカフェ、あるいは学校の自習室などを借りてweb面接を受けるのも一つの方法です。
ただし、時間帯や場所によっては騒音がしたり、ネット接続が安定しない場合もあるため、あらかじめどのような環境なのか確認をしておきましょう。

事前の確認で、どうしても相手の声が聞きづらいと感じる場合には、通話環境を改善するためにマイク付きイヤホンを利用するという方法があります。相手の声や自分の声が聞き取りやすくなるため、web面接以外にもさまざまなシーンで役立てることができます。通信機器はスマホだけという人は、マイク付きイヤホンを用意しておくと安心です。

まとめ

リラックスして受けられるように思えるweb面接にも、対面とは違った注意点があります。特にスマホを使う場合には、必ず三脚やスタンドなどで固定するようにしましょう。今回の記事を参考にしてスマホを使ったweb面接を成功させてくださいね。

▶WEB面接を受ける際の準備や服装・髪型は?就職アドバイザーが解説

(学生の窓口編集部)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ