【web面接】受ける場所はどこがベスト? 選び方と注意点について解説

【web面接】受ける場所はどこがベスト? 選び方と注意点について解説

2020/06/18

就活の基礎知識

就職活動において、ここ最近はweb説明会やweb面接など、選考過程をオンラインで実施する企業が増えています。学生にとっては移動時間や交通費がかからず、パソコンやスマホさえあればどこでも面接が受けられるのは便利なところと言えるでしょう。
しかし、意外と難しいのが場所選びです。今回はweb面接の場所選びについて解説していきます。

web面接のベストな場所

web面接を受けるのにベストな場所とは?

web面接を受ける場所を選ぶ際には、まずは必要な条件が整えられているかを確認しましょう。面接中に安定したネット環境を維持できることが第一条件です。Wi-Fiや有線のLANケーブル接続が可能であることを確認しましょう。接続はできても回線が不安定な場合には、面接が中断してしまう可能性もあります。そうなることがないよう、事前に接続後の状態を確認しておくことが必要です。

次に気をつけるのは、静かでプライバシーを守れる場所を選ぶことです。web面接を行う場合は、オープンスペースではなく個室を選択しましょう。ただし、個室でも周囲の音が聞こえてしまうような場所はNGです。ドアや窓などは閉めて、会話以外の音はシャットダウンできる環境を整えましょう。

そして、もう一点必要となる条件は、照明が明るい場所を選ぶことです。面接はパソコンやスマホのwebカメラを通じた対面となります。照明が顔をよく照らしているかどうかをチェックしましょう。
部屋が明るいだけで、顔に照明が当たっていない(頭の後ろ側に照明がある)ような場所ですと、顔だけ暗くなることがあります。事前にwebカメラで映り具合をチェックし、適度な明るさが保てる場所にセッテングしましょう。

これらの条件を満たした場所を見つけるのは思ったよりも大変なので、このご時世、就活準備の一環としてweb面接が決まる前から早めに探し始めましょう。

web面接の際に注意したいこと

web面接では、細かな部分においても注意が必要です。まずはカメラの向きです。webカメラの映り方としては、上半身が映り、視線とカメラの位置が合っていることが理想的です。カメラを自分より低い位置に置いてしまうと、相手を見下ろすように映ってしまいます。明るさと同様に、カメラチェックの段階で、カメラのアングルにも注意しましょう。

次に注意したいのは、背景です。自分の部屋で面接をする際は、ポスターや装飾品などがカメラに映りこまない場所を選びましょう。性能の良いwebカメラには、広い範囲で映像をとらえるものもあります。ベッドや壁にかけている洋服など、プライベートな部分が映りこまないよう、周囲を整頓しましょう。

また、自宅の周囲は車や電車の音・人の話し声・工事の音・ペットの鳴き声など、意外に生活音がするものです。窓やドアは必ず閉めておき周囲の騒音が気になる場合はマイク付きのイヤホンやヘッドセットなどを用意すれば会話に集中できるようになります。

そしてもう一点注意すべき点は、“もしも”を想定した準備です。途中で回線トラブルなどの予期せぬ出来事が起こって面接が中断してしまう場合もあります。このような事態に備えるため、面接担当者とは事前に緊急時の連絡方法を確認しておきましょう。

▶Web面接の作法17選!就活アドバイザーが一問一答でお答え

web面接を受けるには自宅がベスト!

実際にweb面接を受ける場所として適した環境を整備しやすいのは自宅です。自宅に有線LANやWi-Fiなどの高速ネット接続環境が整備されていれば、移動しなくてもすみます。ほかにも自宅の場合は、慣れ親しんだ空間ということもあり、リラックスして面接に臨めるという利点もあるでしょう。

ただし、自宅内での場所選びにも注意が必要です。実家で暮らしている場合は、家族がいるリビングルームなどは避けるようにしましょう。面接の内容は企業にとって、機密情報にあたります。関係者以外に会話を聞かれることは情報漏洩のリスクもはらんでいます。そのため家族が同居している場合は、面接の時間をあらかじめ伝えておき、部屋に入ってこないように協力してもらいましょう。

▶WEB面接を受ける際の準備や服装・髪型は?就職アドバイザーが解説

web面接を自宅以外で受けるのにおすすめの場所

どうしても自宅でweb面接が受けられない場合は、周辺の施設にも目を向けましょう。身近なところでは、大学内の施設があります。学内には自習室やグループ学習室など、面接に利用できる環境に即した個室があるはずです。これらの場所を利用することも一つの方法です。

大学以外では、ビジネスシーンでもよく利用されるホテルを使う方法もあります。宿泊すると出費がかさんでしまうので、ラウンジや宿泊を伴わないデイユースや日帰りプランを利用するのがおすすめです。ホテルの場合はweb予約が可能なところが多いのもメリットです。

ほかにも公民館や民間団体が運営するレンタルルームやレンタル会議室もあります。時間単位での利用ができ、ホテル等を利用するよりもリーズナブルな場合もあります。ホテル同様にweb予約が可能な施設も多いので、積極的に活用したい場所です。

ただし、さまざまな事情でこれらの施設も利用が難しい場合があります。どうしてもweb面接に適した場所が見つからない場合は、早めに担当者へ相談し、指示を仰ぎましょう。

▶【web面接】自宅以外でおすすめの場所は?学校?ホテル?レンタル会議室?

まとめ

web面接では、面接に適した環境を整えることが必要です。ぎりぎりで準備に取り掛かると、不測の事態に対応できない可能性もあります。トラブルが起きても余裕を持って対応できるよう、web面接が決まった段階で準備に取り掛かるようにしましょう。

(学生の窓口編集部)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ