【就活のギモン】証明写真撮影時の服装マナーを徹底解説

【就活のギモン】証明写真撮影時の服装マナーを徹底解説

2019/07/03

就活の身だしなみ

履歴書やエントリーシートに必要な証明写真ですが、撮影するときはどんな服装で臨めばよいか悩んでしまっている人もいるのではないでしょうか。毎年多くの提出書類を見ている採用担当者にとっては、就活生の人柄を知る大事な要素の1つになるので、証明写真撮影時の服装マナーのポイントをしっかり押さえておきましょう。

【就活のギモン】証明写真撮影時の服装マナーを徹底解説

証明写真撮影時の服装マナー

清潔感のある服装をすることは大前提として、証明写真撮影時の服装マナーは何があるのでしょうか。服装マナーには男性と女性で共通している部分と、異なる部分がありますので、どんなマナーがあるのかを知っておき、よりよい第一印象につなげましょう。

スーツの色合いは?

スーツの色合いは男女共通で、黒や濃紺など濃い色を選ぶようにします。ベージュのように明るい色のスーツは就活にはあまり向いてなく、グレーもトーンが明るいものは避けたほうがいいですが、チャコールグレーなど黒に近い濃いめの色なら問題ありません。スーツ売り場に行くとストライプやチェックなど柄が入っているものも売られていますが、無地を選んだほうが無難といえそうです。

サイズ感は、大きすぎず小さすぎず、ジャストサイズのものを選びましょう。大きいとだらしない印象を与えてしまいますし、小さいと肩幅が合わず二の腕がパツパツになってしまいます。スーツを購入するときは、必ず試着をしてサイズ感も確認するようにしてください。

ネクタイの色・柄は?

男性の場合は、ネクタイを身につけて写真撮影をしますが、ネクタイは色や柄によって与える印象が大きく変わります。

たとえば、紺・青系は「誠実さ」や「信頼」、赤・えんじ系は「やる気」や「情熱」、黄色系は「社交性」や「親しみやすさ」といった印象を与えるともいわれています(もちろん、受け手によって個人差があるので、絶対ではありません)。
採用担当者に与えたい印象に合った色で、ストライプやドットなどの派手すぎない柄のネクタイを選ぶといいでしょう。

柄は大きすぎるとカジュアルな印象になってしまうので、できるだけ細かい柄を選ぶのがベターです。また、ストライプを選ぶときは相手から見て右肩上がりになるものを選ぶと、さらに印象がよくなります。

逆に選ばないほうがいいのが、慶弔用の白や黒のネクタイ、ピンクや紫、ゴールドなどの派手な色のものや、キャラクター柄のネクタイなど。派手なものは就職活動にあまりふさわしくないので注意してください。

ワイシャツの色・ボタンは?

男性がスーツの中に着るワイシャツは、白の無地が望ましいです。清潔感があることが一番ですから、意味もなくカラーシャツや柄シャツを着ることは避けましょう。

ワイシャツの衿の形は大きく分けて2パターンあり、普通体型の人ならレギュラーカラー、がっしりとした体格がいい人ならワイドカラーが似合います。もちろん体格がいい人がレギュラーカラーを着ても問題ありませんが、衿をボタンで留めるボタンダウンのシャツは避けたほうが無難です。シワのないようにしっかりアイロンをかけ、清潔感を出しましょう。

女性のインナーは? スキッパーシャツはOK?

女性の場合も、スーツの下は無地の白いシャツまたはブラウスを合わせます。ジャケットを着たとき、シャツの袖口がジャケットより出ないことがマナーとされているので、サイズ選びには注意しましょう。

定番は第一ボタンまで留められるシャツカラーですが、第一ボタンにあたる部分がなく、首元があいたスキッパーシャツを着用しても問題ありません。昔はラフな印象を持たれることもありましたが、首回りがスッキリして明るく活発な印象を持たれるスキッパーシャツは、近年人気が高まっています。

また、証明写真を撮るときは問題ないと思いますが、面接などに行くとジャケットを脱ぐ機会もあるかもしれませんので、下着が透けてしまうということのないよう、シャツやブラウスの下にはキャミソールなどのインナーを着ましょう。

着こなしの注意点

証明写真撮影に適したスーツやシャツ、小物をそろえたら、次に着こなしをチェックしましょう。たとえば、猫背など姿勢が悪いとジャケットが体から浮いてしまったり、変なシワが入ってしまったりすることがあります。また、ワイシャツのアイロンがけが甘いと首元が緩んで見えてしまうので、証明写真撮影時くらいはクリーニングに出してパリッと糊のきいたワイシャツを着用することをおすすめします。

それから、シワや汚れがあるとだらしない印象を与えてしまいますので、写真撮影前には必ず確認してください。特に、衿もとの汗ジミや肩に落ちたフケなどは見逃しがちですが、写真に写ってしまうことがあるので気をつけましょう。

まとめ

証明写真は、企業の採用担当者にとってあなたの人となりを知る手がかりになります。できるだけ採用担当者に好印象を持ってもらえるように服装マナーには気を配りましょう。自信を持って提出できる証明写真を撮ってくださいね。

(学生の窓口編集部)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ