就活での逆質問対策! 質問が思いつかないときの参考にチェックしてみよう

就活での逆質問対策! 質問が思いつかないときの参考にチェックしてみよう

2019/06/11

面接

関連キーワード:

就活の面接では、面接官へ逆質問をすることがあります。みなさんも、逆質問を自己PRのチャンスととらえ、好印象を残せるような質問ができるように心がけましょう! 今回は、逆質問の質問例をご紹介します。

就活での逆質問対策! 質問が思いつかないときの参考にチェックしてみよう

逆質問の意図

企業側が逆質問をする意図は、以下の3つとなります。

入社意欲を見る

学生から質問が出るということは、企業に対する関心のあらわれです。志望する会社に入りたい気持ちが強ければ強いほど、自然と企業研究を熱心にすることになるでしょう。

あらゆる角度からその企業を調べることで、求人情報やWebサイトだけではわからない踏み込んだ情報を得たくなるはずです。

面接官は逆質問をすることで、学生の入社への意欲をはかっているのです。

コミュニケーション能力を見る

逆質問は、学生に自発的な発言を求めるもの。なので、面接の流れを踏まえて適切な質問ができるか? という点が重視されます。

ビジネスの場は、社内・社外を問わずコミュニケーションによって成立しています。きちんとした会話のキャッチボールができるかどうかは、企業にとって大切なポイントなのです。

企業からの自社アピール

意外に思われるかもしれませんが、逆質問は企業側が自社の魅力をアピールするためにも利用されることがあります。

逆質問への回答を通して、学生の不安や疑問が解消され、安心感を持ってもらうことができたり、業務内容を深く説明できたりするので、学生一人ひとりに会社のPRができるのです。

逆質問が思いつかないとき

逆質問は必須ではありませんが、企業に向けて自分をアピールできるチャンスです。自分の熱意を見せるという意識を高め、こちらから質問する心構えを持っておきましょう。

もちろん、事前に企業研究をしっかりと行い、準備しておくことが大前提です。

質問がないときの回答例

「特にありません」と答えるのは、避けたほうが賢明です。会話を断ち切ってしまい、失礼な印象を与えてしまうだけでなく、入社への意欲や熱意がないようにも見られてしまいます。とはいえ、即席で質問をすると、失敗してしまう可能性があります。

そこで、面接中の説明で満足でき、特に質問することがないと思う場合には「ありがとうございました。十分にご説明をしていただいたので、私からの質問はありません。ますます御社に入社したい気持ちが強くなりました」といったように、自分の気持ちも合わせて伝えられるような回答がベストです。

逆質問では、入社への意欲やコミュニケーション能力が見られていることを念頭に置き、質問がない場合でも、熱意を見せられるような回答をするのが好ましいでしょう。

NGな質問例

イエス・ノーで答えが終わってしまう質問は、話が広がらないのでおすすめできません。ほかにも、企業研究が不足しているのではと思われる質問をしてしまうと、よい印象は与えられません。以下のような質問は避けましょう。

・御社の製品にはどのような特徴がありますか。

・従業員数は何名ほどでしょうか。

印象に残りやすい逆質問の例

逆質問は入社への意欲やコミュニケーション能力を見たり、企業側の魅力をアピールしたりするものであるとお伝えしてきました。

入社後をイメージした質問であれば「この学生は入社後の自分の姿を見据えている」と思ってもらえるので、さらに面接官の印象に残りやすくなるでしょう。

以下の例を参考に、質問を考えてみましょう。

・新聞記事で、御社が○○の新事業を行う予定であると拝読しました。この新事業の2021年ごろの見通しについて、教えていただけますか。

・○○の資格を持っていますが、御社で生かすことはできますか。

・私は多くの人と交流することが得意です。御社には部署や課を超えて仕事をする機会はありますか。

まとめ

逆質問をする際は、企業をよく研究し、自己アピールを込めた質問をすることが大事です。質問がない場合も、意欲やコミュニケーション力を見せる場であることを理解したうえで、熱意が伝わる回答をするようにしてみましょう。

(学生の窓口編集部)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ