就活の小論文対策! 見られるポイントから書き方のコツまで

就活の小論文対策! 見られるポイントから書き方のコツまで

2019/04/26

Webテスト・筆記試験

関連キーワード:

就職活動の際、企業の中には「小論文」の提出を求めるところもあります。ただ、いきなり小論文と言われても戸惑ってしまう方が多いのではないでしょうか? 今回は小論文の対策法についてご紹介します。

就活の小論文対策!

企業が小論文を書かせる意図

なぜ就職活動で小論文が求められるのでしょうか? 理由として考えられるのは、就活生の「論理的思考力」「文章の記述力」「人間性」を見るためです。では、詳しく解説していきましょう。

論理的思考力

仕事をする上で論理的な思考力は必須と言えます。
小論文の試験では、文章の基本構造とも言える「序論」「本論」「結論」を明確にしましょう。与えられたテーマから大きく内容が外れることや、何が言いたいのかわからないような、根拠のない意見は、避けた方が無難です。

文章の基本構造やテーマに沿った書き方は、何度も練習を重ねることで身に付いていきます。書くときは、常にこの基本構造を意識してみるのもポイントですよ。

文章の記述力

文章の記述力も、小論文の試験ではチェックされるポイントです。

まず、誤字脱字には気を付けましょう。論文内に誤字脱字があるだけで、マイナスに判断される可能性があります。また「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の使い方は、この機会にしっかりと身に付けておきたいものです。よくあるのが「二重敬語にしてしまう」「言葉遣いが不自然」といったミスです。

他にも、記述力を付ける方法はいくつかあります。

・さまざまなニュースや出来事を把握して、自分なりの考えや意見、感想を文章にする
・書いた文章をキャリアセンターなど、第三者から添削してもらう
・新聞やニュースなど、色々な文章を読む

上記のことを繰り返し練習することで、スムーズに書くことができるようになるでしょう。社会人になってからも文章力はとても大切なスキルとなるので、意識して練習することが大切です。

人間性

就職活動では、学力だけではなく、人間性やテーマに対しての考え方も、大切な項目となります。小論文の試験は、学力試験だけでは測れない、人間性を知る機会にもなっているのです。

書き方のコツ

最後に小論文の書き方のコツを解説します。小論文の文章の基本構造は「序論」「本論」「結論」。これらを意識して書くことがポイントです。この構造がしっかりしていないと、何を言っているのかよくわからない、支離滅裂な文章となってしまいます。

また、整合性のとれたロジカルな文章を書くことが大切です。そのためにも、いきなり書き出すのではなく「序論」「本論」「結論」に沿って、道筋を明確にしておくことが、ロジカルな文章を書くポイントとなります。

「序論」「本論」「結論」とは

「序論」とは、文章のつかみの部分です。小論文の中で、これから何について述べていくのか、何をテーマにしていくのかを明確にします。ここでは、読み手の目を引くような文章を書くことが重要になります。

「本論」では、最も伝えたいことを述べていきます。文章だけだとわかりにくい部分は、具体例などを交えることがポイントです。

「結論」は、文章の締めとなる部分です。全体のまとめをしながらも、総じて結論を導きます。本論としっかりリンクしていることが重要です。

まとめ

小論文には、苦手意識を感じる就活生も多いのではないでしょうか? ただ、文章作成のスキルは、試験だけではなく、これからの社会人生活でも役に立つ大切なスキルです。基本的な構造を意識しながら、小論文を書く練習を始めてみてくださいね。

(学生の窓口編集部)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ