就活中の面接準備と自己プロデュースのやり方

就活中の面接準備と自己プロデュースのやり方

2019/03/27

就活の身だしなみ

就活中の面接準備と自己プロデュースのやり方

就活の面接前日はドキドキすることもあるでしょう。とくに就活を始めたころは何を質問されるのか予想がつかず不安な気持ちになると思います。ですが、最初は苦手でも、面接の回数を重ねていくと面接のやり方をつかめるようになっていくはずです。

面接の中で大切なのは。服装や身だしなみといった自己プロデュース。この記事では就活の面接前に準備しておくことや、面接で効果的な自己プロデュースのやり方について紹介します。

就活の面談の準備で忘れがちな身だしなみ

就活の面談の準備で忘れがちな身だしなみ

就活は面接の準備が大切だということはご存知かと思います。もちろん、質問に対する答えをしっかり準備しておくことは大切なのですが、もうひとつ気をつけないといけないポイントがあります。

それは、受ける会社の業種や社風などTPOに合った身だしなみです。社員はスーツを着ないカジュアルな服装の会社だと、少しやわらかい印象を与えるグレースーツのほうが合うかもしれません。堅い真面目過ぎる人材というよりかは遊び心のあるクリエイティブな人材を求めている会社では、きちんとしすぎたスーツはかえって好印象を与えません。

ケースバイケースなので、これが正解というものがないのが就活です。相手に失礼でないその会社にあった身だしなみを前日から準備しておくとよいでしょう。

スーツや職場の雰囲気に合った服装を選ぶ際のポイント

スーツや職場の雰囲気に合った服装を選ぶ際のポイントは自分の体にフィットするものを選ぶということです。カジュアルな服装でも、面接では清潔感がとても大切です。服をだらしなく着たり、サイズ感が合っていなかったりすることのないように注意しましょう。

よくあるのが、学校の入学式に購入したスーツをそのまま就活で着る人も多いと思いますが、サイズが合っているかどうか確認してみましょう。スーツまたは私服でも、自分のスタイルに合った服装を選ぶように心がけてください。

一緒に働いているイメージが沸くかどうか

面接でしっかりとした内容の答えができるだけでなく、その職場で一緒に働くイメージを持てるかということも大切なポイントです。面接官は人事の他に上司や先輩も同席していることがあります。その面接官と一緒に働くことをイメージしましょう。

とくに就活生を悩ますのが私服での面接だと思います。私服といったらどこまでカジュアルで問題ないのかわからず不安になる人も多いのではないでしょうか。

私服をどうするか悩んだら、会社説明会やOB・OG訪問でその会社の社員が着ていた服装を真似すればよいのです。オフィスカジュアルの基準は必ずしも明確にはなっていませんが、その会社ごとに合わせた服装を選ぶとよいでしょう。

もし、どのような服装をしていたか忘れたら、電車に乗っているサラリーマンもしくはOLのような人の服装をマネるか、20代のビジネスマン向けファッション雑誌を読んで雰囲気を確かめることをおすすめします。

前日までにしっかりと自分をプロデュースする

面接前日までのその会社で働いているイメージをつくりあげておくと面接で受け答えがしやすくなることがあります。たとえば、「1年後、3年後、5年後どうなっていたいですか」という質問をされることがあります。

きちんと自己プロデュースができていれば、その会社でどのように成長していくか話せると思います。あくまでも想定でよいのです。こうなりたいという理想を掲げましょう。

まとめ

「採用したい」と思ってもらうためには面接前にしっかり準備しておく必要があります。質問に対する答えだけでなく、服装にもきちんと気を配りましょう。行動一つひとつがあなたの考え・価値観を表現しています。清潔感ある好印象な服装で命いっぱい自分の魅力をアピールしてください。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ