【2019年2月17日(日)@虎ノ門】日本になくてはならない注目のビジネス!海洋開発業界セミナー

【2019年2月17日(日)@虎ノ門】日本になくてはならない注目のビジネス!海洋開発業界セミナー

2018/12/27

業界研究

関連キーワード:


(イメージ図)

日本近海には天然ガスや希少金属が豊富にあるということが分かってきており、また昨今のエコブームで海洋再生エネルギー(洋上風力や波力、潮力発電など)への関心も高まっている中で、それらを扱う海洋開発業界はまさに注目の業界といえます。

この業界は海外との取引がメインとなるため、仕事内容がとてもグローバル!語学力が活かせるのはもちろん、10年スパンのプロジェクトや億単位の予算を扱うなど、規模の大きい仕事に関われるのも魅力。数学、物理学、化学や地学など、一見海洋開発に関係なさそうな分野から入社した先輩たちが、それぞれ自分の専門を活かして活躍している業界でもあります。

とはいえ、日常生活で直接関わることがほとんどないぶん、具体的にどういった仕事なのか想像がつきにくいのも事実……。

そこで編集部がピックアップしたのが下記のセミナーです!

  海の新しいはたらきかたを支援!
  海洋開発業界セミナー


開放感のあるキレイな会場!

日本財団は2016年10月4日、政府の協力のもと、海洋開発市場の参入・拡大を目指す企業・大学・公的機関からなる統合的なプラットフォーム「日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアム」を創設しました。

その日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアムに参加している国内の有名企業が虎ノ門に集結!

海洋開発ってなに?」「実際どういった仕事をするの?」「やりがいとは?」といった疑問や不安を、出展ブースでの交流や講演ブース、皆さんと年齢が近い若手社員を交えた座談会など、さまざまな切り口で解決することが可能!

入退場は自由で、参加はもちろん無料。少しでも興味がある方は、気軽に参加してみては?

プログラム詳細を見る!

\事前参加登録で講演や座談会に優先参加できる/
「学生メンバー」登録後、「学生ログイン」画面から参加登録ください。

学生メンバー登録はこちら

学生ログイン画面はこちら

参加企業

ジャパン マリンユナテッド株式会社

株式会社 商船三井

日本郵船株式会社

常に創造と挑戦を重ね、日本の海運ビジネスをリードしてきた日本郵船。その成長の基盤となってきたのは、運航技術をはじめとする海運や物流、ITさらには現場の創意工夫も含めた広義の「技術力」といえる。「日本郵船は従来型の海運業を超えた企業を目指して、グループ全体の技術力を結集し、差別化を図り、さらなる付加価値を生み出していきます。」

三井E&S造船株式会社

国際石油開発帝石株式会社(INPEX)

石油・天然ガスの鉱区の取得から、探鉱、生産、製品の販売まで、グローバルな規模でエネルギーの供給を担う。コアエリア(オーストラリア、アブダビ、インドネシア、日本)を中心とする競争力の高さ、産油国との緊密なパートナーシップ、探鉱、開発、操業、マーケティングなどの多様な人材などが強み。

JX石油開発株式会社

世界各地でグローバルに石油や天然ガスの開発プロジェクトを推進している数少ない日本企業のひとつ。一般的に複数の企業(パートナー)との共同事業として進めることが多い石油・天然ガス開発事業において、パートナーを束ねプロジェクトの計画立案および実際の探鉱・開発作業遂行の中核的な役目を担う「オペレーター」事業を手掛けている。国内最大級のエネルギー事業者であるJXTGグループの一員。

三菱造船株式会社

2018年1月1日、三菱重工の造船事業から「三菱造船株式会社」として新たにスタートした企業。
「三菱造船は、大きな海を舞台に環境の保全や次世代のエネルギー確保など、地球の将来にむけて発展していく企業です。私たちと一緒に世界を変えていきましょう。」

横河電機株式会社

1915年の創立以来、「計測・制御・情報」を技術ドメインとして、石油・化学・電力・ガス・鉄鋼・紙パルプ・薬品・食品など他業種のプラントに生産制御システムや現場測定機器を提供。主軸の制御事業では国内トップシェアで、グローバル市場でも高い評価を得る。
先進的な技術を用いた製品を自社で開発するという基本姿勢を貫き、先端技術を提供するソリューションサプライヤとしての地位を築くと同時に、くるみん・えるぼし取得、健康経営優良法人2017(ホワイト500)認定、充実した社員育成プログラムなど、社員が長く働ける環境づくりにも力を入れている。

前回の参加者の声

・社員の方と近い距離で話すことができ、不安点や疑問点など解消することができた(大学3年理系)

・時間が決まってなかったので企業ブースで自由に調整が出来て良かった(大学3年文系)

・細かいところ、具体的な話まで質問することができた(大学4年理系、大学院1年理系)

日時

2018年2月17日(日) 10時~16時(予定) ※入退場自由

場所

日本財団ビル
東京都港区赤坂1-2-2
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅3番出口徒歩7分

参加方法

直接会場までお越しください。

※公演や座談会に優先参加できる事前参加登録も受付中!

※事前登録なしでもご参加いただけますが、事前登録者を優先にご案内するため、座談会や講演会は席に余裕がある場合のみとなります。

\事前参加登録で講演や座談会に優先参加できる/
「学生メンバー」登録後、「学生ログイン」画面から参加登録ください。

学生メンバー登録はこちら

学生ログイン画面はこちら

参加費

無料

参加対象

理工学系の学部生、大学院生(全学年対象)

★海洋開発を専門としている学生はもちろん、これから海洋開発を勉強してみたいという学生も大歓迎!

持ち物

筆記用具

服装

自由、私服OK
※過度にラフな服装(ジーンズ、サンダル履き等)は不可

主催

日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアム

お問い合わせ

日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアム事務局
TEL:03-6229-2611
E-mail:ocean_innovator@ps.nippon-foundation.or.jp

当日のプログラム詳細を見る!

日本財団 オーシャンイノベーションコンソーシアム HP


提供:日本財団オーシャンイノベーションコンソーシアム

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ