就活におけるビジネスカジュアルとは? どんな服装が正解?【男女別に紹介】

就活におけるビジネスカジュアルとは? どんな服装が正解?【男女別に紹介】

2018/07/27

就活の身だしなみ

女性版ビジネスカジュアルにおすすめの服装

女性のビジネスカジュアルにもおすすめの服装があります。ぜひ参考にしてみてください。

ジャケット

女性のビジネスカジュアル

女性版のビジネスカジュアルもジャケットが必要になります。全体的な洋服のアイテムとして、男性よりも華やかな色合いのものが多いため、ジャケットで全体を引き締めることでオフィスにぴったりのビジネスカジュアルが完成します。カラーはブラック、ネイビー、ダークグレーなどの落ち着いたカラーを選んでください。
スーツのシワやひじ抜け(素材がやわらかく、ひじを曲げたときの跡が残ってしまうこと)があると途端にだらしない印象に見えてしまいますので、ジャケットはある程度しっかりした素材のものを選びましょう。

ブラウスなどのオフィスにも合うトップス

おすすめはホワイトカラーなどのブラウスです。トップスにはTシャツやスウェット素材などのカジュアルな素材、レースや花柄などの派手な印象を与えるものは避けましょう。
ブラウスなどであれば、とろみのある素材やさらっとした質感のものを選ぶと女性らしく見せてくれます。スカートやパンツにインしても、そこまでかさばらない状態でキレイに見せてくれますのでおすすめです。

淡い色合いにすると、顔色を明るく見せてくれ万人受けが狙えます。便利なカラーなので1つ持っておくと使いやすいですよ。

ひざ丈程度のスカートか長ズボン

ひざ丈程度で上品に見せられるスカートか、足首まで長さがあるズボンを選ぶのがおすすめです。女性の場合スカートの丈感で上品さが変わってきますので、必ず微調整をするようにしてください。
ボトムスの色はブラック、グレー、ネイビーなどの定番色を選び、上のジャケットと合わせたカラーにするのもおすすめです。

落ち着いた色味のパンプス

グレーやベージュ、ブラック、ネイビー、ダークブラウンなどの落ち着いた色味を選んでください。ヒールは3cmから5cm程度の低めのものにし、歩きやすさを重視するのがおすすめです。

A4サイズが入るバッグ(トートバッグなど)

女性の場合もビジネスに使える大きさのバッグをおすすめします。基本的にトートでないバッグの場合、資料が入りきらない可能性も。必ずA4サイズが入るトートバッグなどを選びましょう。女性の場合はバッグの種類も多いので、就活バッグでなくても大丈夫です。

まとめ

就活のポイントともいえるビジネスカジュアルの服装。正しく捉えてどんな場面でも失礼がないように振る舞えるよう、注意しましょう。これで私服OKという指定がきたときも安心して服装を選ぶことができますよ。ぜひ参考にして就活を乗り切ってくださいね。


執筆:高下真美
新卒でインターンシップ紹介、人材派遣・人材紹介のベンチャー企業に入社。ベンチャー企業から大手IT・流通・情報・サービスなど多岐に渡る業種で営業・コーディネーターを担当。その後、大手採用コンサルティング系企業で8年の勤務を経て、夫の転勤を機に退職。現在は人材系コラムの記事執筆など、フリーライターとして活動中。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ