面接での「自分を一言で表すと?」にはどう返す? あなたのキャッチコピーを見つけよう!

面接での「自分を一言で表すと?」にはどう返す? あなたのキャッチコピーを見つけよう!

2018/05/21

面接

「自分を一言で表すと?」に答えるための3ステップ

「自分を一言で表すと?」に答えるための3ステップ

「自分を一言で表すと?」にスムーズに答えるには、3つのステップが必要になります。

ステップ1:自分の長所を見つける

まず、ステップ1では自分の長所を見つけることが大切です。自分の長所は企業に合わせて変更する可能性もあるので、できる限りたくさん見つけておきましょう。下記2つの方法を参考にして行ってみてください。

<自己分析で見つける>
一般的な方法としては、自己分析で見つける方法があります。自分が過去経験したことや、他の人に褒められた出来事、成果を上げられたことなどをピックアップしていき、そのときに現れた自分の長所を見つけていきます。
自己分析を行ううちに、「あの人にこう言われたな」などを思い出していき、自分の気づいていなかった長所を発見することができるため、必ず行う必要があります。

<OBOGなどの先輩や周囲の友人に聞く>
他におすすめの方法として、OBOGなどの先輩や周囲の友人に聞くという方法があります。できれば就活を経験した先輩に聞けるのが一番ですが、難しい場合でもできるだけ多くの人に話を聞くことで自分も知らない自分の長所を発見することができます。
就活を経験した先輩に聞くことをおすすめする理由としては、仕事においての長所は普段の生活での長所とは少し異なる場合もあるためです。まだ働いたことがないあなたが知らなかった、新しい観点の長所を見つけてくれる可能性があります。

自分の長所が見つかったら、長所を分類しいくつかのカテゴリーに分けておきましょう。頑張り屋、負けず嫌い、コツコツ型、サポート上手など、挙がってきた長所を分けておくと、企業が求める長所に応じて使い分けをしやすくなります。

ステップ2:インパクトのある言葉に置き換える

次はその長所をインパクトのある言葉に置き換えていく作業を始めましょう。自分の長所を端的に表した、キャッチコピーを作成するのです。「◯◯な◯◯」など短い言葉で意味を想像できるようなもの、そして興味をそそられる言葉に置き換えるのがおすすめです。
例えば、「臆病な挑戦者」といえば、「いつも挑戦していたいタイプ。しかし、臆病なので綿密に準備をして物事に臨む」というような説明をすることができます。その他にも、「逆境に立ち向かう環境で過ごしても、へこたれない強さを持っている人」を置き換えたい場合はこのような言葉に置き換えてみてください。

「逆境で燃えるタイプ」
逆境に立たされたときに、その壁をどう乗り越えるかということを楽しめるタイプと説明できます。具体的なエピソードとしても、◯◯な逆境があった場合は◯◯を実行して克服したというエピソードを話せば、どんな状況でもへこたれないタフな人という印象をつけることができます。

同じように、自分の長所を変換して考えてみてください。

ステップ3:足りない情報をエピソードで補足!

「私は◯◯な人間です。」だけの一言だと具体性がなく、どういう意味でその言葉を使っているのか捉え違えてしまう可能性があります。そのため、一言でと言われても補足情報としてエピソードを加えるのが一般的です。そんな重要な役割を担っているエピソードを作るときに重要なのが、ここでご説明する3点です。

1.誰に対して
あなたが持っている長所が発揮されると、誰に対してよいことが起きるのかということを説明しましょう。対象者が不明確な場合、長所の魅力が十分に伝わらない可能性や求められる機会があるのかという疑問に意識が及んでしまい、話を聞いてもらえない可能性も出てきます。
面接官が集中して自分の話を聞ける環境を作るために、情報を補足してあなたがアピールする長所を十分理解してもらえるようにしましょう。

2.どんなメリットを与えられるのか
あなたが持っている長所を発揮した場合、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。長所の説明のときには自分が行ったことだけでなく、周りへの影響も含めて伝えていくことが大切です。
この1番と2番で、誰に対してどんなメリットがあるのかということを伝えることができるため、非常に説得力のある文章を作ることができます。

3.短所になりそうな部分を打ち消す
長所と短所が表裏一体と言われるように、長所を聞くと「でもこういうデメリットもあるんじゃないの?」と短所を思い浮かべられてしまうことも多いです。しかし、そのままにしていては、せっかくアピールした長所が十分相手に伝わりません。そうならないように、補足情報として伝えるエピソードに短所を打ち消すものを入れることが必要です。
一心不乱に物事に取り組むことをアピールすると、周囲が見えていないのではないか、協調性がないのではないかと思われてしまうので、周囲に目を配っている、あるいは協調性を取る行動を文章に入れることで短所を打ち消しましょう。

次のページ自分を一言であらわすのに使えるアイディア

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ