面接の印象を分ける逆質問、一次・二次と最終での違いとは【質問例つき】

面接の印象を分ける逆質問、一次・二次と最終での違いとは【質問例つき】

2018/04/09

面接

関連キーワード:

面接の印象を分ける逆質問、一次・二次と最終での違いとは【質問例つき】3

最終面接で見られるポイント、聞くべき逆質問

最後の難関である最終面接で見られるポイントと、聞くべき逆質問をご紹介していきます。「最終面接は意志確認でしょ?」と勘違いする方も多いですが、実は半分以上が落とされることもある難易度の高い面接です。気を引き締めて臨むようにしましょう。
最終面接の場合、社長や役員クラスが出てくることも多くなります。緊張してしまうかもしれませんが、入社させる・させないの判断を下す面接のため、逆質問も工夫を凝らすことが求められます。厳選した質問をぶつけてみましょう。また、アピール不足だったと感じる場合は、自己PRを織り込んだ逆質問を行ってみてください。

見られるポイント

・入社意志の固さ
最終の場合は、入社意志の固さが重視されます。調子のよいことをいう学生ではなく、本当にやる気と熱意をもった人材を採用したいと企業側も考えているからです。

・社風と学生のマッチング度合い
能力が高くても、社風とマッチングしない人材はなじめずに辞めていってしまいます。お互いにとって不幸な就職にならないように、このポイントを重視している社長や役員は特に多いです。

・企業理解度合い
企業のことを本当に理解しているか、これは入社意志の固さにも通ずる部分のため非常に気にする面接官が多いです。

最終面接で聞くべき逆質問とは?

・足りない自己PRを埋める質問
最終面接では「次の面接」がありませんので、純粋な質問ではなく伝えきれなかった自分の強みなどを混ぜ込んでうまく質問していくことが重要です。

・入社意欲をアピールできる質問
入社した後のことをヒアリングすることで、「入社以降のことも考えて今から努力していく」という気概を見せることができます。実際これを聞いておくことで、社会人になる前の準備ができますので、ぜひ聞いて実践してみてください。入社するときには成長した状態で入社し、活躍する場面を広げることができますよ。

最終面接の逆質問例

<最終面接の逆質問例1>
「もし内定をいただけた場合、入社日までに◯◯を身につけようと考えておりますが、その他にやっておくべきことなどがあれば教えていただきたいです。」

<最終面接の逆質問例2>
「私の強みは◯◯なのですが、御社で働くにあたって鍛えたほうがよいと感じるポイントを教えていただけますか?」

<最終面接の逆質問例3>
「私は御社の『◯◯』(理念)に非常に共感しており、入社できた際にはぜひ体現できるような人材になりたいと思っているのですが、◯◯社長がこれまでの経験の中で、『理念を体現できた』と感じた出来事を差し支えない範囲で教えていただけますか?」

<最終面接の逆質問例4>
「御社がここまで成長されてきた理由としては何が決め手だったと考えていらっしゃるのか、差し支えない範囲で構いませんので教えていただけますか?」

前段にアピールをプラスすることや、会社を率いてきた社長にしか聞けない質問をすることで、自慢やただの質問だけではない逆質問が可能です。

まとめ

就活面接で頻繁に聞かれる逆質問。一次・二次・最終面接と面接の段階別に見られるポイント、質問すべき内容と質問例をご紹介しました。せっかくもらえる情報収集とアピールの機会を生かさずに、面接を終わってしまうのはもったいないでしょう。もしかすると、印象だけでなく合否を分ける可能性さえあります。うまく逆質問を活用して、内定に一歩でも近づく努力をしてみてください。

執筆:高下真美
新卒でインターンシップ紹介、人材派遣・人材紹介のベンチャー企業に入社。ベンチャー企業から大手IT・流通・情報・サービスなど多岐に渡る業種で営業・コーディネーターを担当。その後、大手採用コンサルティング系企業で8年の勤務を経て、夫の転勤を機に退職。現在は人材系コラムの記事執筆など、フリーライターとして活動中。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ