面接の印象を分ける逆質問、一次・二次と最終での違いとは【質問例つき】

面接の印象を分ける逆質問、一次・二次と最終での違いとは【質問例つき】

2018/04/09

面接

関連キーワード:

面接の印象を分ける逆質問、一次・二次と最終での違いとは【質問例つき】2

二次面接で見られるポイント、聞くべき逆質問

個人面接のケースが一気に増える二次面接で見られるポイントと、聞くべき逆質問をご紹介していきます。大手企業の場合は、少し人数が減ったグループ面接の場合もあります。一次面接同様、複数質問を用意しておくと、その場で慌てずに済むでしょう。
二次の面接担当は人事マネージャー、あるいは配属可能性のある部門のマネージャーなどが出てくるケースが多いです。企業から組織へ、より深く入り込んだ質問をすると好印象を与えることができるでしょう。

見られるポイント

二次面接の場合は一次で基礎的な部分をクリアしているため、入社意志や企業・組織・業務の理解度も問われます。企業研究に改めて取り組み、一次面接の総論的な質問ではなく各論に踏み込んだ質問ができるかどうかが求められます。

・入社意志
一次面接よりも志望度合いが高まり、「なぜその会社に入りたいと思っているのか」が伺える質問が必要です。実際に働くことを想定することではじめて出てくる質問をすれば、入社意欲が高いことを伝えられます。

・担当する仕事の素養
担当する仕事に必要な素養を、長所としてもっているかどうかが見られます。逆質問しながら自己PRできるような質問を用意しましょう。

・業務理解度合い
一次面接は企業理解度合いを見られましたが、二次面接では業務を詳細まで理解できているかを問われます。この時点で「入社後のイメージができていない」と思われる可能性のある総論の質問をすると、選考通過が厳しくなる可能性が高いでしょう。

・部門とのマッチング度合い
特に現場マネージャーの場合、企業全体の風土よりもその組織にマッチする人材かどうかという色メガネで学生を見ています。よい人材であっても、結局マッチしていない人間は活躍することができません。そのようなミスマッチがないか、質問の中で読み取るようにしているはずです。

二次面接で聞くべき逆質問とは?

・部門理解を深める質問
部門の雰囲気、その部門が重視している指標などについての質問をすることで、志望部門・職種であることを伝えることができます。また、一次面接で聞いた社風や活躍人材について部門に絞って聞いてみるのもよいでしょう。

・業務理解を深める質問
企業ビジョンを反映した仕事を行う上で難しい点や、働き方で他部門と求められるものの違い、求められる能力などについて聞くのもおすすめです。部門担当の方であれば、その方の価値観や経験を聞くのも具体例としてイメージしやすいです。具体例を聞くと、自分の志望動機にプラスするなどして説得力を増すことができます。

二次面接の逆質問例

<二次面接の逆質問例1>
「◯◯(部門、職種など)を志望しておりますが、同じ職種を経験された◯◯様が『この仕事をやっていてよかったな』と感じた出来事を教えていただきたいです。」

<二次面接の逆質問例2>
「御社で働く上では◯◯が求められると思っているのですが、◯◯様が考える『御社で働く
ときに一番重要』だと思うことを教えていただけますか?」

<二次面接の逆質問例3>
「説明会で◯◯(部門、職種など)では◯◯という指標を重視されていると伺ったのですが、△△よりも◯◯を重視される理由を差し支えない範囲で教えていただけますか?」

次のページ最終面接ですべき逆質問とは?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ