【例文あり】「企業選びの軸は?」の質問に答えるためのたった3つのコツ

【例文あり】「企業選びの軸は?」の質問に答えるためのたった3つのコツ

2017/12/21

企業研究

面接

企業選びの軸にはどんなものがある?

■「企業選びの軸」にはどんなものがあるか

企業選びの軸としては、企業に伝えるものと伝えないほうがよいもの、2つがあります。企業に伝えるものは、企業選びの軸として使い、伝えないほうがよいものについては、自分が内定先企業を比べるときに使いましょう。比較するための基準として活用することができるので覚えておきましょう。

◯企業に伝えるもの

企業選びの軸として使える内容を紹介していきます。

・社会貢献

企業選びの軸に使う1つ目の内容は、このビジネスに携わることで実現できる社会貢献です。何らかのサービスや製品を提供することで人や環境、経済などにどのような影響や価値が与えられると考えているのかを伝えましょう。

・業務内容

業務の中で元々自分が携わりたいと考えていた事業やプロジェクトなど、自分がやりたいことに携わることで自分の成長が叶い、夢や将来への道が開かれることを伝えましょう。夢や将来の道として、独立や転職を思わせる内容は避けるのが無難です。あくまでその企業において、成長した力を発揮して活躍するという道筋を作ってアピールしましょう。

また、その仕事やプロジェクトのどんなところに価値を感じているのか、なぜそれをやりたいと感じているのかの理由も忘れずに伝えてください。理由の内容によって入社したいという本気度をはかることができます。その後にその企業ならではの特徴を加えることで、説得力のある志望動機として使うこともできます。

◯企業選びの軸で伝えないほうがよいもの

企業選びの軸の中で伝えないほうがよい項目もあります。

・労働条件

残業が少ない、居心地がよい、安定性がある、勤務地が通いやすいなど、自分にとってメリットが大きい項目については面接で伝えるべきポイントではありません。なぜなら企業にメリットを与えられる可能性が少ない内容だからです。企業に伝えるべきはあなたが「採用した方がよい人物だ」と感じられる内容のみに絞っておくことが重要です。

・待遇

待遇についても同じで、給与が高い、手当が充実している、割引利用できる施設が多いなど、入った後に享受できるメリットは「それを目的として入ってくる」という風に見られてしまう可能性も高いので伝えないほうがよいです。

次のページ「企業選びの軸は?」と聞かれたときの例文

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ