体力的に一番きついと感じた就活の選考段階ランキング! 2位「一次面接」

体力的に一番きついと感じた就活の選考段階ランキング! 2位「一次面接」

2017/06/25

面接

就活中は1日に何社も企業に訪問したり、授業に行った午後に面接を受けたりと体力的にきつい場面がいろいろがありますよね。そこで今回、学生時代に就活を経験した5年目までの社会人のみなさんに、就活で体力的に一番きついと感じた時期について答えてもらいました。

■就活のとき体力的に一番きついと感じたのは、選考のどの段階でしたか?

第1位「最終面接」48人(23.9%)
第2位「一次面接」43人(21.4%)
第3位「自己分析・企業分析」29人(14.4%)
第4位「グループディスカッション」23人(11.4%)
第5位「説明会」22人(11.0%)

やはり内定が出るかでないかの瀬戸際である最終面接が一番つらいとのこと。それでは、第1位~5位までのアンケートの結果を見ていきましょう。

●第1位「最終面接」

・最終まで行けたのに落ちたらどうしようと緊張した(女性/25歳/小売店)
・ここまで来て落ちたら…とプレッシャーだった番緊張したから(女性/27歳/団体・公益法人・官公庁)
・疲労がピークに達する段階(女性/26歳/建設・土木)
・就職できるかどうかが決まるから(男性/32歳/団体・公益法人・官公庁)

●第2位「一次面接」

・グループ面接だったため発言のタイミングが難しいと感じた(男性/38歳/金融・証券)
・面接は緊張して疲れるから(男性/28歳/小売店)
・一次面接は緊張するから(男性/24歳/金融・証券)
・かなり緊張してあがってしまった(男性/39歳/学校・教育関連)

次のページ自己分析・企業分析の時期がつらい理由は?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ