就活経験者が実践! 面接官に入社の熱意を伝えるアプローチ方法8選

就活経験者が実践! 面接官に入社の熱意を伝えるアプローチ方法8選

2017/06/10

面接

就職活動では避けて通ることのできない面接。誰もが緊張してしまうと思いますが、そこで熱意を伝えられなければエントリーシートや筆記試験などの努力が無駄になってしまいます。面接ではできるだけ面接官に入社への熱い思いを伝えておきたいところ。そこで今回は、就職活動中に企業に熱意を伝えるためにしたことについて社会人の方に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
本命企業に志望度の高さをアピールするフレーズ8選! 「御社が第一志望です」以外は?

■「入社したい」という企業への熱意を伝えるためにしたことはなんですか?

●志望動機のアピール

・そのほうが好印象を与えられると思ったから(男性/32歳/建設・土木)
・アピールする箇所がないといけないので、履歴書とともにアピールした(女性/30歳/医療・福祉)
・入りたいという熱意が大事だから(男性/27歳/商社・卸)
・入社したい理由を伝えるのがシンプルでわかりやすいのでは(男性/25歳/医療・福祉)

●企業や業界に興味があることをアピール

・その会社が取り組んでいることやこれからの展望を調べ、自分が活躍していける項目を上げた(男性/38歳/金融・証券)
・その企業のなかなか知られていないことを話した(女性/28歳/運輸・倉庫)
・この会社の事業内容が好き、貢献したいなどポジティブな内容を伝えると相手もうれしいと思うから(女性/26歳/その他)
・興味のないそぶりを見せるのもどうかと思ったので(女性/25歳/小売店)

●入社したらやりたいことをアピール

・熱意が伝わるから(男性/30歳/医療・福祉)
・夢を現実にできることアピールしたかったので(男性/29歳/その他)
・最後に大きく夢を話すことで、就活生がいちばん伝えたいことは、このことだと面接官に伝わると感じたの(男性/26歳/自動車関連)
・譲りたくはなかったので(男性/28歳/情報・IT)

次のページこれも意欲をアピールできる!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ