「自己PR」or「志望動機」 ESや履歴書で書くのが大変だったのはどっち?

「自己PR」or「志望動機」 ESや履歴書で書くのが大変だったのはどっち?

2017/04/22

就活hack

「自己PR」or「志望動機」 ESや履歴書で書くのが大変だったのはどっち?

エントリーシートや履歴書で必ずといっていいほど質問される項目といえば「自己PR」と「志望動機」の欄ですよね。自己PRは自分のことをしっかり分析して書かなくてはならず、志望動機は希望する会社を企業研究して、事業内容を理解した上で記入必要があります。では、いったいどちらのほうが書くのが大変だったのでしょう。就活を経験した社会人に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
ESの文字数制限は多いor少ないどっちが難しい? 就活経験者の6割は

■自己PRと志望動機、書くのが大変だったのはどちらですか?

自己PR 58人(34.7%)
志望動機 109 人(65.3%)

■そう思う理由を教えてください

<自己PRと答えた人>

●自己分析が苦手

・何を自己PRしたいのかに焦点が当てられなかったため。志望動機は調査してなんとかした(男性/24歳/大学院生)
・自分を知らないといけない(女性/24歳/大学院生)
・志望動機は素直に興味を持ったきっかけを書けばいいが、自己PRはうまく自分を客観視できずに苦労したから(女性/22歳/その他)
・どんどんブラッシュアップしていかないといけないから(男性/24歳/大学院生)

●長所を見つけるのが難しい

・自分のことを客観的に見てもなかなか長所を見出すのが難しいから(男性/23歳/大学4年生)
・長所がそんなになかった(男性/24歳/その他)
・自分のいいところがわからなかったから(女性/19歳/短大・専門学校生)
・自分のことを客観的にみるのが苦手だったし、長所が見つからなかったから(男性/22歳/その他)

次のページ志望動機のほうが大変だった理由は?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ