面接中「この選考はもらった!」と勝ちを確信した瞬間7選

面接中「この選考はもらった!」と勝ちを確信した瞬間7選

2017/04/04

就活hack

就活の面接の合否を決めるのは面接官。面接官の表情や受け答えの様子によっては、面接中に好感触が得られて「この面接は通るな!」と実感する瞬間もあるのではないでしょうか。そこで今回は、就活を既に終えた大学生のみなさんに、面接の勝ちを確信した瞬間について聞いてみました。

▼こちらもチェック!
長所・短所診断! 就活の自己PRに使えるアドバイスつき

■面接中「この面接はもらった!」と勝ちを確信した瞬間はどんなときでしたか?

●面接官にほめられた

・ことあるごとにほめてくれて、ダメそうな雰囲気を感じなかった(女性/23歳/大学4年生)
・「君、本当に他の会社の内定もらってないの?」と言われた(男性/22歳/大学4年生)
・実際に通ったから(女性/22歳/大学4年生)
・ほめ言葉はうれしいから(男性/22歳/大学4年生)

●面接官の反応や表情がよかった

・面接が盛り上がればまず落ちないから(女性/25歳/大学院生)
・ここまで笑っていて不合格だったら会社自体の性格を疑うレベルだったから(男性/22歳/大学4年生)
・おもしろい子だなと思ってもらえたと思うから(女性/19歳/短大・専門学校生)
・質問とは別のところで楽しく会話ができると脈ありだと聞いていたから(女性/22歳/大学4年生)

●ほしい・働きたいと言われた

・一次面接くらいで、一緒に働けることを楽しみにしていますと言われたのは好感を持ってもらっているということだと感じたから(女性/22歳/大学4年生)
・他ではなかなかそんなことを言われなかったため(女性/22歳/大学4年生)
・面接の途中にほしい人材だと相手から言ってくださった(男性/27歳/大学院生)

次のページここで手応えがあれば通ったも同然?……

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ