テレビ局に就職するには? 志望動機の書き方をチェック

2017/03/28

志望動機例文集

テレビ局に就職するには? 志望動機の書き方をチェック

テレビ局に就職を希望する就活生は少なくないでしょう。テレビ局には「華やかに見えてけっこう大変」「平均給与は高い」といったイメージがありますね。テレビ局の人気と影響力は今でも大きなものです。
今回は、テレビ局への就職を志望する際の志望動機の書き方と例文をご紹介します。

▼志望動機がすぐ書ける! 志望動機作成シート入り


■テレビ局は狭き門! それだけに志望動機の書き方は大事

テレビ局の仕事は「実はけっこう大変」ということが知られてはいますが、現在でも多くの就活生がエントリーします。しかし、テレビ局はそもそも採用人数が少ないこともあって非常に狭き門です。競争倍率は例年高く、書類選考で落とされないようにするだけでも大変なのです。

ですから、まず人事担当者の目に留まるエントリーシート、履歴書でなければなりません。志望動機は特に重要です。そして人事担当者の目に留まる志望動機を書くには、まずその企業についての知識が必要です。

例えばそのテレビ局について、

・経営状態はどうなっているか
・関連会社にどのような企業があるか
・広告収入はどのように推移しているか
・広告クライアントはどのような会社か
・どんな番組を制作・放送しているのか
・誰が制作しているのか
・視聴率のいい人気番組にはどのようなものがあるか
・現在の番組編成はどのようなものか
・ライバル局はどこか
・ライバル番組はどのようなものか
・社風はどのようなものか
・社風が番組作りにも表れているか

といったことは最低限「企業研究」を行って知っておかなければなりません。採用人数も少ないですから、「なんとなく好き」「楽しそう」といった漠然とした志望動機ではなかなか内定を取ることはできません。その企業のことをよく理解し、その上で入社したいという気持ちをアピールできるようにしましょう。また、企業研究を行うことで、その企業が何を問題としているか、どんな人材を求めているかが理解できるものです。

テレビ局の志望動機の書き方は?■テレビ局への志望動機はどう書くべき?

上記のような企業の知識を下敷きに志望動機の文章を組み立てましょう。ただし、一番アピールすべきは「その企業に入って仕事をしたい」というあなたの情熱です。また「どんな仕事をしたいのか、入社してどんな貢献ができるのか」については具体的に書きましょう。例えば、テレビ局向けとして以下のような志望動機はいかがでしょうか。

【テレビ局志望者向け志望動機の例文】

私は、御社に入社してニュース情報番組を制作する仕事に就きたいと考えております。御社に入社したいのは、番組制作についての御社のセンス、取り組みが業界でもずば抜けていると思うからです。例えば『□□□』は老若男女を広く視聴者とする番組ですが、一方で『○○○』といった非常にとがった番組もあり、視野も広く、柔軟性に富んだ制作体制でいらっしゃいます。先輩方のご指導ご鞭撻(べんたつ)の下に、多くの視聴者に見てもらえるニュース情報番組制作にまい進できるなら、これに過ぎる喜びはありません。ニュース情報番組は難しいといわれることはもちろん承知しておりますが、一身をもってこれに取り込み、よりよい番組作りに貢献したいと考えて、御社を志望しました。

ポイントは、企業研究で得た知識を盛り込みながら、具体的に自分が何をやりたいか、何ができるのかを熱意を持って書くことです。とにかく多くの就活生からエントリーシートが来ますので、通り一遍の表現では人事担当者の目には留まりません。

テレビ局への就職を希望する人に向けて志望動機のかき方を例文つきでご紹介しました。テレビ局はメディアに携われるおもしろい仕事であることは確かです。これからのテレビ業界を背負って立つような気概と情熱を持って志望動機を書けば、人事担当者も「おっ!」と思うのではないでしょうか。テレビ局を目指す就活生のみなさんは、あなたの情熱をうまくアピールするようにしてください。

▼内定を獲得した先輩の志望動機例文集を見る
マスコミ業界に内定した先輩の志望動機例文集

(高橋モータース@dcp)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ