得意だった面接が、急に通過しなくなった理由とは

得意だった面接が、急に通過しなくなった理由とは

2015/05/04

就活hack

ニュース&コラム

お役立ち情報

得意だった面接が、急に通過しなくなった理由とは

就活生の皆さんの疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「インターンの面接では何社も通過したのに、就活の面接はうまく行かない。なぜか?」という相談です。

<就活生からの質問>

理系の学生です。インターンの面接は周囲の学生に比べてかなり通過しました。ところが、現在では周囲の方がスムーズに志望企業に内定し、私は志望度の低い企業からしか内定がもらえません。最近では個人面接に通過しなくなってきました。私は暗い表情をしているわけでもなく、面接で褒められることもあるのに落ちてしまいます。原因が分かりません。インターンと就職では、これほどまでに求められることの違いが大きいのでしょうか?


<就活の真実 事務局からの回答>

人気企業の場合、もちろん倍率が高くなります。とはいえ、内定まで後一歩なのかもしれません


前提として、人気企業は倍率が高くなります。インターンは実際に雇用するわけではありませんし、人件費もあまりかかりません。しかし、新卒採用は雇用ですし、企業は人件費を支払うことになります。


質問者様はインターンの面接を通過した実績があり、内定も得ていますから基本的なコミュニケーションに問題はないと考えます。もし、人気企業を受けていた場合は他の学生との比較など、あと少しのところで落ちてしまったのかもしれません。ですから、根気強く就活を続けてみてください。


就活も後半に差しかかってくると採用数が減るため、間口が狭まってきます。今から新たな試みをするのであれば、志望企業についてより深く調べることです。また、質問者様は理系とのことですが、研究内容やその経験が企業でどのように生かせるのか、その企業で何に挑戦したいのかをもう少し深く考え、面接にぶつけてみてはいかがでしょうか。 頑張ってくださいね。あと少しだと思います。



コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」

「就活の真実2016」

「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ