面接で好印象を残せる服装の基本マナーとは?

面接で好印象を残せる服装の基本マナーとは?

2017/02/21

就活の身だしなみ

就活マナー

面接

関連キーワード:

■かばんは大事な書類がしっかりと入るものを


就活での必需品であるかばんも、ふさわしいものをチョイスしないといけません。男性の場合は手提げタイプのビジネスバッグを選びましょう。その場合、説明会などで配布されるA4サイズの書類だけでなく、それよりも少し大きめのファイルなども入る、ゆったりとしたデザインのものがいいですね。

女性も、男性と同じように余裕を持って書類を入れられるサイズの肩掛けかばんがいいでしょう。色は男女共に黒色が基本です。また、就活の場ではかばんは床に置くことが多いので、置いても倒れないような底が広くなっているデザインのものを選ぶと助かります。

■清潔感と爽やかさがアピールできる髪形を

スーツや靴、かばんを吟味して選んでも、着る人の身だしなみが悪いと意味はありません。重要なのは「清潔感が感じられるか」ということ。髪形も伸びっ放しのボサボサ頭ではなく、清潔感が感じられるものにしましょう。男女それぞれで髪形で気を付けるべきことをまとめました。

●男性の髪形で注意する点
・髪の色は黒
・長髪はNG
・襟足は短くカット
・特に前髪は短くして顔の表情がしっかり見えるように

●女性の髪形で注意する点
・髪の色は黒
・顔の表情が見えやすいように髪をまとめる
・耳が髪の毛で隠れないように
・髪の毛が長い場合は髪をまとめる

男女共に重要なのが、やはり「顔の表情がしっかりと見えるような髪形」にすることです。はやりの髪形をしたいのはやまやまですが、就活でいいアピールができる「ふさわしい髪形」にすることが重要ですね。

■面接時の服装まとめ

・男性はシングルタイプのスーツ
・女性はスカートタイプとパンツタイプ問わずシンプルなタイプ
・色は男女共に黒・グレー・ダークグレー・紺が無難
・男性はひもの革靴。爪先はストレートチップが望ましい
・女性は装飾のないプレーンタイプ
・女性はヒールの高い革靴は避ける
・靴は男女共に黒
・かばんは男女共にA4書類が入るビジネスバッグ
・置きやすいような形状を
・色は黒
・髪形は表情が見えやすいようにしっかり整える
・男性は短髪、女性は髪をまとめる

就活の場では、こうしたことに気を付けて服装を整えましょう。面接官にアピールする場とはいえ、奇をてらう外見にする必要はありません。ふさわしい身だしなみで、しっかりと自分の思いをPRするのが一番です。

(中田ボンベ@dcp)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ